歯科衛生士のバイト・求人情報

歯科衛生士のバイト・アルバイト特集!仕事内容や職場環境、応募時のポイントなど仕事探しに役立つ情報満載です!

歯科衛生士でバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

応募のイロハ…電話・履歴書・職務経歴書・面接

  • 医療職ということを忘れずに、幅広い年齢層に好印象を与える服装を

    医療職のため、清潔感は必須事項。また、場合によっては受付業務をこなすこともあるため「その施設の看板になるかもしれない」という自覚も必要になってきます。仕事中の服装はユニフォームがあるため心配はないですが、化粧や装飾は自らの判断です。老若男女、数々の患者さんが来院する中での個性をアピールするものは求められていません。面接ではそういった点も見られています。服装以外にもあまり派手な化粧や装飾は避けるべきでしょう。

  • 医療に携わる仕事として、丁寧なやりとりを心がける

    医療職として、医療ミスだけは何としても避けたいといえます。一つの不注意が大きな事故につながる可能性を秘めています。そのため、常日頃から丁寧な対応を心がけ、相手に安心感や信頼感を持ってもらうことが大切です。それは面接でも同様で、面接官は「この人は患者さんや歯科医師にどういった対応をするだろうか」といった点に注意しています。細かい配慮や気配り、相手に合わせた会話のペース配分など、面接官とのやり取りにはいつも以上に注意して臨む必要があります。

  • 落ち着いた受け答えが、安心感を演出するポイント

    実際に働き出したとき、施設側として一番怖いのは医療ミスです。そのため、日頃から落ち着いて細かい配慮のできる人を施設は必要としています。面接ではなるべく早口は避け、多少ゆっくりになってもいいので落ち着いた対応を心がけましょう。一つ一つ質問の意味を確認しつつ進めていくのもよいでしょう。そのゆったりとしたペースや確認するという行為が、結果として安心感へとつながり、面接官にも好印象を与えることになるはずです。