メッセンジャーのバイト・求人情報

メッセンジャーのバイト・アルバイト特集!仕事内容や職場環境、応募時のポイントなど仕事探しに役立つ情報満載です!

メッセンジャーでバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

応募のイロハ…電話・履歴書・職務経歴書・面接

  • 相手からどう見られているのかを意識した身だしなみを

    メッセンジャーは直接依頼主とやり取りする職業です。そのため、仕事中はユニフォームが支給されるかもしれませんが、服装以外の身だしなみも気をつかう必要があるでしょう。「依頼主からどう見られるだろう?」ということを考えれば自ずとイメージは掴めてくるはずです。サンダルや過度なアクセサリーは控えましょう。面接官も「この人は人に見られる職業ということを分かっているのだろうか?」という視点からこちらを見ていることを忘れてはいけません。

  • 面接官が見ているのは「言われたことを確実に実行できるか」

    メッセンジャーを行う上で、荷物の遅配や送り間違いがあってはいけません。「迅速かつ確実に」依頼主の元へ届ける必要があるのです。司令塔の指示をしっかりと聞き、分からなければ無線でやりとりをして質問・確認をすることが求められます。面接においても「質問の意図をしっかりと理解し、それに沿ったことを答えているか」を面接官はチェックしているのです。相手の意図を想像し、確認の質問をし、理解した上で答える。こういったことができれば、面接官にも安心感をもってもらえるはずです。

  • 言葉遣いは丁寧かつ、早口にならないように

    一刻も早く依頼主の元へ荷物を届けるのがメッセンジャーの仕事ですが、慌てた結果事故をしたりクレームが来てしまっては意味がありません。この業界では「慌てずに急ぐ」が鉄則です。そのため面接では言葉遣いも丁寧に、かつ早口ではなく一定のペースで話す方が良いでしょう。そういった対応から、面接官はあなたのことを「慌てて事故をするようなことにはならなそうだな、依頼主にも丁寧に対応してくれそうだな」と思うはずです。