医療事務のバイト・求人情報

医療事務のバイト・アルバイト特集!仕事内容や職場環境、応募時のポイントなど仕事探しに役立つ情報満載です!

医療事務でバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

応募のイロハ…電話・履歴書・職務経歴書・面接

  • 病院の顔という意識をもち、過度な装飾は控ておく

    医療事務は事務作業以外にも受付などを任される施設が多いです。初めて来院された患者さんは、あなたの身だしなみや対応で施設の第一印象を判断します。そのため過度な化粧や派手な装飾はできるだけ避け、控え目かつ清潔感のある身だしなみを心がけましょう。病院には様々な年齢層の患者さんが来院されます。ある一定の世代にはウケがよくても、他の世代に敬遠されるような身だしなみは避けるべきなのです。面接官は「この人に病院の顔を任せられるのか」を見ています。下手に取り繕う必要はないのです。

  • 一つ一つの受け答えを、しっかりと確実にするように心がけましょう

    医療事務の業務に求められるのはコミュニケーション能力と正確性、そして専門知識です。専門知識に関しては、その場で筆記試験でもしない限り資格の有無で判断してもらう他ありません。しかし、その他の2つは面接でも十分にアピールすることが可能です。面接官の質問に対し焦って答えようとするのではなく、しっかりと考え一つ一つ確実に答えていきましょう。そうした姿勢は「真面目で正確な仕事をしてくれそうだ」という印象を抱かれやすいものです。

  • データの先にある患者さんの存在を忘れず、おもてなしの心を意識する

    病院とは患者さんの治療をするだけでなく、おもてなしをする場所でもあります。病気や怪我で来院された際、気の立っている人や気分の悪い状態の人も多いはず。そういった人たちの診療費やカルテといった重要なデータ入力を任されているのです。事務仕事とはいえ、データの先には患者さんがいることを忘れてはいけません。そうしたことを想像し、仕事をするのが医療事務です。面接でも相手の心境を想像し、理解するように心がけ、ときには真摯に傾聴する態度を示しましょう。そうすれば、面接官は「この人は他者に対する想像力がある人だ」と思うことでしょう。