イラストレーターのバイト・求人情報

イラストレーターのバイト・アルバイト特集!仕事内容や体験談など仕事探しに役立つ情報満載です!

イラストレーターでバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

イラストレーターの時給相場、平均賃金は?

デザイン事務所やオフィスなどでデザイン業務に携わる場合は雑用込みで時給1000円~が相場です。イラスト1点あたり3000円~10000円といったようにでき高制で支払われることもあります。
\平均時給(全国):1019円
※2015年9月1日現在の情報です

人間関係からトラブルまでイラストレーターの体験談

ここが楽!ここがキツい!
  • ここが楽!ここがキツい!
  • イラストレーターの仕事というのは、クライアントから依頼を受けて仕事が始まることが多いので、締め切りを守るというのが一番大変ですね。アイデアが出てこないときもあるので、追い詰められるとかなり焦りますね。(20代、男性)
  • カタログに掲載するイラストなどを制作する場合、たくさんの数を制作することを求められますが、統一感のある同じニュアンスのイラストで描くので意外とサクサク進めます。また、このような仕事を繰り返しているうちに、ある程度のクライアントが望むような無難なイラストの雰囲気もつかめるようになったと思います。(20代、男性)
  • 得意なジャンル、好きなジャンルの仕事の時は仕事とは思えないほど楽しみながら働けます。イメージをはっきり伝えてくれないクライアントが厄介で、雑誌の挿絵の発注で、あやふやな要望を何とか形にしたのに何度もダメ出しをされたときはさすがにキレそうになってしまいました。(20代、男性)
  • ちらしに掲載するイラストで担当者の希望通りのイラストを描きOKがでたのに、客先に持って行ったらこういうタッチは嫌だといわれて全て描き直し。担当者と客先の意向がまったく違うときは本当にガックリします。できれば客先の希望を先に聞いて欲しい。(20代、女性)
  • イラストを描くのが好きなのでWEB制作のバイトをしていましたが決して楽ではありませんでした。納期が近づくと社内の空気がピリピリしてきて、好きなことでも描き続けるのはとてもキツく体力がいると感じました。(20代、女性)
出会い・人間関係
  • 出会い・人間関係
  • ちらしやハガキなどのデザインをしていますが、イラストレーターはみんな絵を描くことが好きだったりイラストに関して興味があるという同じ趣味を持った人たちが集まります。話し合いのなかで仲が深まる人は多く、もちろん同じ職場のイラストレーター同士が付き合うケースも多いです。(20代、男性)
  • まだイラストレーターを始めたばかりで収入も安定していなくて駆け出しだった頃、なれないながらも、とにかく小さな挿絵からチラシ1枚まで一生懸命やってました。できがいい仕事をすると、見ている人は見ているもので、その一つの出会いをきっかけに色んなクライアントを紹介してもらい、仕事の幅が広がりましたね。(20代、男性)
  • 地図の挿絵をお願いされた仕事の際にディレクターの方などと絡む機会があって、その方の推薦で新しい働き先が見つかるということがありました。地味な仕事ほど、作業スピードや丁寧さをアピールするチャンスになることを感じました。(20代、男性)
  • 個人でやっているので部屋にこもって仕事をしているので、担当の方が納期終わりに食事に誘ってくれます。普段は1人で仕事をしているのですが、会社の飲み会に誘ってくれるのでこれだけの人が動いているのかと分かると、次回作もやる気がでてきます。(20代、男性)
  • 私の働いていた職場は社内の人は比較的おとなしめの人が多く、基本的には社内の人とのかかわり合いが中心でした。イラストレーターが社外に出て仕事をすることはあまりなかったので、「作品を通して人と出会う」ということをとても大切にしていました。(30代、女性)
トラブル・失敗談
  • トラブル・失敗談
  • 雑誌に掲載するイラストを描いた時、締め切り直前になって、こちらからデータを送ろうとしたところ、パソコンの立ち上がりが絶不調で、納期に間にあわなくて、とても迷惑をかけたことがありました。締め切りをしっかり守らないと、かなりのクレームになりますよ。信用も落ちます。(20代、男性)
  • WEBバナーの制作が随分進んだところで「やっぱり雰囲気を変えたいから修正して!」と急に言われることがありました。追加で作業時間がかかることを訴えても流され、先方の都合なのに修正にかかわる作業費は出せないと当たり前のように言われ、結果的に割にあわない仕事となることがありました。(20代、男性)
  • CGの仕上がりを見せてOKが出たのに土壇場になって描き直しを命じられた時はガックリ来ました。そんな些細なことに注文を付けるの、という場所にクレームが来ることもあり、ダメ出しや修正指示に耐えられる精神的タフさが無いと勤まらない仕事です。(20代、男性)
  • 仕事に慣れてきた頃にパンフレットの挿絵用に一度にたくさんのイラストを描くことを任せてもらいました。しかし時間通りに作業が進まずに失敗しました。納期に遅れないために残業が大変でした。(20代、女性)
  • 私はWEBサイトのデザイナーをしていましたが、トラブルとして多いのが、先方からの修正に関してです。納期の直前にもっとこうして欲しいという話をしてくるのは日常茶飯事ですが、こうしたことが起こると、確実に社内の空気が重くなります。(20代、女性)

応募のイロハ…電話・履歴書・職務経歴書・面接

  • 技術が最重要視される仕事なので作品を持参しましょう

    この仕事は何よりもイラストの技術が重要視される仕事です。他の面で多少見劣りしたとしても、イラストの技術が優れていれば問題なく採用されます。面接には自作のイラストを持参し、技術をしっかりとアピールしましょう。多種多様なタッチでイラストが描ける人材は重宝されます。得意なタッチだけでなく女性向けや子ども向けなどさまざまなテイストのイラストをサンプルとして描き上げておくと評価はより高まります。

  • 人の話を聞く力のある人でないと勤まらない

    コミュニケーションをとる機会の少ない仕事に思われがちですが、実際は依頼主の要望を形にするのが主な仕事なので、人の話をしっかりと聞いたうえで何を望んでいるのかが理解できる人でないと勤まらない仕事です。面接では相手の話をしっかり聞くことを心がけましょう。実力を見せるために面接の場で相手の要望を聞き取ってイラストを仕上げてみせるのも効果的です。要望を聞きながらその場で正していく能力もアピール材料になります。

  • 将来的な目標を持って働きたい人が歓迎される

    この仕事は拘束時間が長い割に給与も安く、イラストが好きというだけでは続かない仕事です。具体的な目標を持って働きたいという人が歓迎されるので、面接ではアルバイトを通して身につけたい技術、実現したい目標を話すと好印象を与えられます。一般企業だと独立の話をすると敬遠されることもありますが、クリエイティブな業種は、イラストの腕を磨いて将来的に独立したい、いろいろなイラストを描けるようになりたいなどアルバイトで修業を積みたいというアピールも意外と効果的です。徒弟制度の意識が色濃く残る業界なので、お金目的よりも修行目的のほうが歓迎されます。