髪型自由 茶髪・長髪可のバイト・求人情報

髪型自由(茶髪・長髪可)のバイト・アルバイト特集!髪型自由(茶髪・長髪可)で人気のお仕事や体験談など、仕事探しに役立つ情報満載です!

髪型自由(茶髪・長髪可)のバイトで気になること

髪型自由(茶髪・長髪可)のバイトとは

服装・髪型に規定を設けているバイト先は多いですが、髪型自由(茶髪・長髪可)のバイトもあります。ヘアスタイルにこだわりを持つ人にはピッタリです。工場・倉庫内での作業や、搬入搬出、工事現場でのハードワーク、また直接人と相対することの少ないコールセンターやテレフォンアポインター、パチンコ店のスタッフの求人などが髪型自由であることが多いです。食品製造など衛生関連作業や企業を相手にする営業などでは難しいことが多いですが、販売の仕事の場合は客層や経営者の考え方により髪型自由の求人もあります。

髪型自由(茶髪・長髪可)の時給相場、平均賃金は?

髪型自由だからといって高時給を諦めなければいけないわけではなく、コールセンターや居酒屋、仕分けの深夜勤務などの場合平均以上の高時給も期待できます。
\平均時給(全国):1033円
※2015年9月1日現在の情報です

髪型自由(茶髪・長髪可)のバイトの体験談

良かった体験談
良かった体験談
  • 学生時代に髪型自由のカフェでアルバイトをしていました。髪型が自由ということで、バイト先には同じ年代の人も多く、お客さんも若い人が多かったです。服装も自由だったので、オシャレに敏感な人が多く、おすすめのお店を教えてまもらったりしました。(20代、男性)
  • 引っ越し屋さんでアルバイトをしていた時に、かなり髪の毛がながかったのですが、髪型自由の職場で とても助かっていました。当時、僕はバンドをやっていて、バンドマンにとって髪型自由な仕事というのはとても たすかる仕事なのです。(20代、男性)
  • 女性向けの雑貨店で接客をしていました。髪型も自由で、私服で勤務できました。軽いエプロンをするだけだったので着替えたりする時間がなく、仕事が終わったらすぐに帰ることができました。自分の好きな雑貨を見て癒されながら仕事ができました。ディスプレイもやらせてもらったので、写真に収めて思い出にできました。(20代、女性)
  • ぼくが働いていた居酒屋は髪の毛の色を自由に染めてokでした。みんなそれぞれ好きなようにしていたのですが、年末のピーク時の時に、一体感を高めようという理由で全員で金髪にしたことがあります。髪型自由の職場ならではの一体感でした。(20代、男性)
悪かった体験談
悪かった体験談
  • パスタのデリバリースタッフとして勤務していました。茶髪、長髪ok!と求人には書いていて面接の時も当時の店長さんに「茶髪がにあってるね!」なんて言われて入社したのですが勤務しだして二ヶ月ほど経った頃には「髪の色が明るすぎない?」とか「接客業なんだから黒く染めたら?」と嫌味を言われる様になりました。(20代、男性)
  • 私は学生時代に飲食店でウェイターをしていたことがあります。まだ若かったこともあり、常におしゃれをしていたい年頃でした。髪型が自由の職場だったので、その条件にかなり甘えてしまい、やり過ぎてしまった時にお客様に注意を受けてしまいました。(20代、女性)
  • 学生なので自由な髪形でいたい!と思い、髪型自由のコンビニエンスストア店員をしていました。同僚の学生たちも、それをいいことにかなり自由にしていたら(赤髪やメッシュなど)、お客様と本部から来る営業マンにクレームを入れられてしまい、結局髪型に制限がついてしまいました。(20代、女性)
  • 僕はラーメン屋さんのカウンターでラーメンを作る仕事をしていたことがあります。髪の毛が結構長かったのですが髪型自由ということでやとっていただきました。しかしお客様の中には従業員の髪の長さは気にする方も多く注意を受けることもしばしばあり、結局は切ることにしました(20代、男性)

聞いてもOK? 面接で確認しておきたいこと

  • 「自分の今の髪型で大丈夫ですか」って聞いて良いの?

    これは聞いて確認しておくほうがいいでしょう。「髪型自由」とはいっても、細かい条件が実は存在するバイトもあります。茶髪はいいけど金髪はNGとか、スキンヘッドはNGとか、「自由」といえども「限度」がある場合があります。一番手っ取り早く確認できるのはこの質問です。自分の髪型が不安な場合は指示を仰ぎ、「もう少し髪は短くして欲しい」や、「髪の色をもう少し暗く」といった具体的なアドバイスをもらいましょう。それを聞いたうえで勤務までには直してきますと一言添えると採用される確率も上がります。

  • 「どこまでなら髪を伸ばしてもOKですか」って聞いて良いの?

    髪型に対しての規定は、採用前にきちんと聞いて確認しておいたほうが良いので、後々のトラブルを避けるためにもこういう質問をしてもいいと思います。ただし、髪型に対してあまりに強いこだわりを持っていると思われることは、採用担当の印象上マイナスになることはあってもプラスになることはありません。しつこく髪型の質問を繰り返すことは避け、業務の内容や自分の仕事に対する熱意を伝えることを織り交ぜましょう。

  • 「なぜ金髪じゃ採用されないんですか」って聞いて良いの?

    「服装自由」と言いながら実は規則があった求人先に対して、思わず出てしまいそうな一言ですが、これはNGです。規定を設けた理由は会社の考え方によりさまざまですが、バイト候補生の一言で規則が変わることはよほどでない限りありませんし、規則規定に対して反抗的な人をバイトに雇おうとする採用担当はいません。面接のときに確認した規則に自分の髪型などが合わない場合、規則に合わせるか、志望を取り下げるかしかないので、ここはグッとこらえましょう。