平日のみOKのバイト・求人情報

平日のみOKのバイト・アルバイト特集!平日のみOKで人気のお仕事や体験談など、仕事探しに役立つ情報満載です!

平日のみOKのバイトで気になること

平日のみOKのバイトとは

事情があって週末は働けないが平日はたくさん稼ぎたい、そんな方におすすめなのが平日のみOKのアルバイトです。毎週末に趣味の集まりがある方や、家庭の事情で土日の出勤が難しい方、家族と休みを合わせたい方などは平日のみOKの条件でバイト探しをしてみましょう。 土日・祝日が定休日の工場やオフィスなどは、平日のみOKのバイトを希望している方には嬉しい職場です。また、オフィス街の飲食店やサービス業などは、週末や祝日を定休日としている店舗が多い傾向があります。 その他に、常にたくさんの人員を確保しておきたい職場は、平日のみOK、週1からOKなど幅広い条件でバイトを募集しているところがありますので、週何日かだけ働きたいという場合はそのような職場を狙うと良いでしょう。

平日のみOKの時給相場、平均賃金は?

平日のみのバイトはオフィス系のアルバイトもしくはオフィス街での飲食店でのアルバイトが多いすが、どちらも時給は高めの傾向があります。
\平均時給(全国):1118円
※2015年9月1日現在の情報です

平日のみOKのバイトの体験談

良かった体験談
良かった体験談
  • 私は平日だけアルバイトをしていました。 土日はバレエをしていて、発表会などあり、週末はかなりいそがしかったのです。その条件を理解してもらい、平日だけレジ打ちをしていました。とても都合のいいアルバイトでした。(30代、女性)
  • 子どもがいるので、学校の休日に仕事がないのは、レジャーの計画などが立てやすかったのでとてもよかった。それと、土日祝日の仕事だと、家族の昼食の支度をしてから出勤するようになるので、出勤前の段取りが大変になるが、平日だと給食なのでゆとりをもって出勤できたのもよかった。(30代、女性)
  • いわゆる氷屋さんで働いていました。夏の暑い日は最高でした。はじめは、土日も働ける人という募集でしたが、3か月ほど働いてから平日のみにしてもらいました。大学生だったので、土日は飲み会やデートも大切です。助かりました。(20代、男性)
  • 私が働いていたスーパーは日曜日が定休日になっているスーパーで、土曜日だけシフトでお休みをいつも入れて頂いていました。 なので、週末はいつも予定が開いていて、友達と遊びに行くことができたので、しっかり稼ぎでしっかり遊ぶ学生生活を送りました。(20代、女性)
悪かった体験談
悪かった体験談
  • 中華料理店てホールスタッフをしていました。平日のみの募集と書かれていて当時の私にはぴったりだと思いすぐさま面接&即okをいただきました。そして勤務がはじまって三ヶ月くらいがすると土日に勤務していたパートさんが辞めてしまい、その穴埋めのために結局土日もフルで勤務するのが当たり前になってしまいました。(20代、男性)
  • 採用当初は平日のみでの勤務をしておりましたが、しばらく働いてみると明らかに週末や祝日の人員が足りないため、どうしても週末や祝日に勤務をしてほしい、と頼まれるようになりました。断りながら勤務をしておりましたが、居心地が悪くなったため最終的に辞めざるを得ませんでした。(20代、男性)
  • 学生の頃に働いていたコンビニエンスストアは、オフィスビルの中にあったので、土日は休みでした。最初はそれが気に入って入ったのですが、友人と休みが合わないことが多かったです。授業の関係で週2回しか出られなかったので、平日に休んで土日に出ることもできなかったので、半年ほどでやめてしまいました。(20代、男性)
  • バンドをやっていて、週末はライブがあるので平日だけ近所のコンビニエンスストアで働いていました。最初は平日のみでしたが、土日も働いて欲しいと店長から頼まれ、断ることもできましたが、次第に居心地が悪くなてきたので仕方なく止めることにしました。(20代、女性)

聞いてもOK? 面接で確認しておきたいこと

  • 休日に出勤することが可能か聞いて良いの?

    面接を受ける時点で平日だけしか働くことができない場合には、あまり聞かないほうが無難な質問でしょう。この質問をすると休日出勤も可能であるという意味にとられ、後にトラブルになりかねません。今は平日のみ働きたいが、可能になり次第休日出勤もしたいと希望する方もいるかもしれませんが、土日・祝日が休業の職場でなければ、一般的には休日もぜひ働いて欲しいという職場のほうが多いので、前もって時期を相談しておくか、可能になった時点で申し出るようにしましょう。

  • 年末年始やお盆などの出勤について聞いて良いの?

    年末年始やお盆などの長い期間が休日扱いになるのかどうかは、確認しておくといいでしょう。職種によっては職場自体が休みとなることもありますし、逆に繁忙期となり人手が不足しがちになることもあります。平日のみOKといってもこの時期は平日でも休日と同等の時給が支払われることもあります。帰省などでお休みをもらいたい方などは特に、どこまでが「平日」扱いになるのか、どれくらい出勤しなければいけないのかを早めに聞いておきましょう。

  • シフト変更が可能かどうかについて聞いて良いの?

    「急に用事が入った場合などは直前のシフトの変更が可能か?」、「シフト変更の連絡方法は?」などはあまり聞かないほうが良いでしょう。体調不良等でどうしても出勤できない事情が発生するのは仕方がないことですが、働く前からシフト変さらについて考えているというのは自己中心的な印象をあたえます。平日のみOKの条件の中で、急に休んだりすること無く精一杯働くつもりであるという姿勢を見せましょう。