フリーター歓迎のバイト・求人情報

フリーター歓迎のバイト・アルバイト特集!フリーター歓迎で人気のお仕事や体験談など、仕事探しに役立つ情報満載です!

フリーター歓迎でバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

フリーター歓迎の今どきバイト事情

フリーター歓迎という条件を出しているところは、長時間勤務でき、なるべくたくさんの日数シフトに入れる人を採用したいと考えている場合が多いです。 学生バイトは授業があるので出勤時間が限られてしまいますし、主婦バイトは土日や夜遅くの出勤が難しいことが多いので、お店の中核になって働ける人というのはとても貴重な存在です。フリーター歓迎のバイト募集はどの業界にも見られます。多くシフトに入るということはそのぶん成長も早く、社員やアルバイト仲間との信頼も築きやすいので、長期間安定して働きたい人に向いています。

フリーター歓迎の時給相場、平均賃金は?

フリーター歓迎のアルバイトは週5日程度の出勤を求められていると考えられるので、お給料も確保できます。時給は1000円程度が多いですが、仕事を習得するまでの期間が早いため昇給制度がある場合は比較的短期間で時給がアップします。
\平均時給(全国):1026円
※2015年9月1日現在の情報です

フリーター歓迎のバイトの出会い事情 体験談

良かった体験談
良かった体験談
  • 僕は居酒屋でほぼ毎日といっていいくらい、働いていた時期があります。学生より稼げたのはもちろん、毎日仕事をしていたので仕事も早く覚えることができました。仕事を覚えるとその分楽しくなってきて、ゆくゆくは自分の店を持ちたいと思うようになりました。(20代、男性)
  • ガソリンスタンドで、カード勧誘のアルバイトをしていました。フリーターの私にとっては、勤務日数を多くさせてもらえたこと、またクレジットカードの入会を獲得するとインセンティブが入ってくることが大変ありがたく、たくさん稼ぐことができました。特に土日には多くの車がガソリンの給油に来ますので、無駄がなく効率的に仕事ができました。(20代、男性)
  • 居酒屋でホール業務を中心に調理補助やレジ管理など店内業務全般をしていました。ホールとして採用されましたが、フリーターというのは伝えていたので、できるだけ多く働けるようにと調理の仕込みなどの業務も手伝わせていただき、勤務時間や勤務日数を増やしたりと配慮していただくことができました。(20代、女性)
  • 僕はカレー屋さんでフリーターをしていましたが、インド人の店長がやっている個人経営のお店でした。個人経営のお店なので、しっかりしたマニュアルがあるわけでもなく、自由にやっていました。フリーターということでほぼ毎日出勤していましたが、キャンペーンや新メニューの開発にも携わることができてとても楽しかったです。(20代、男性)
悪かった体験談
悪かった体験談
  • 清掃のアルバイトをしていた時にかなり忙しく猫の手も借りたいぐらいでした。新規募集して、フリーターの人が入ってきたのですが、あまり働いた経験が無かった人で、常識というのがない人でした。フリーターだからということではないかもしれないですが、仕事を辞める時にも連絡なしでいなくなってしまいました。(20代、男性)
  • ファミレスで接客のアルバイトをしばらくしていました。日中は主婦の人たちと、夕方からのシフトだと学生と仕事をすることが多かったです。主婦の人とは同じ社会人なのでそれほど慣れるのに時間はかかりませんでしたが、学生とは立場が違うので、話を合わせたりするのが結構大変でした。(30代、女性)
  • 次の仕事が見つかるまで、フリーターをしていた頃、いくつかバイトを掛け持ちしていました。しかしやっていたラーメン屋で、フリーターなんだから、という理由でかなりシフトの入れられ方が便利屋扱いになってきてしまい(しかも欠員が出るとすぐ呼ばれる)、他との掛け持ちが厳しくなってきてしまいました。(20代、女性)
  • チェーンのラーメン店のホールをやっていました。フリーターや学生が多く、明るい雰囲気で活気がありました。脂まみれの制服を洗うのが大変でしたが、まかないのラーメンは美味しかったです。接客に厳しかったのですが、体力と精神が鍛えられた気がします。(20代、女性)

聞いてもOK? 面接で確認しておきたいこと

  • シフトを多く入れてもOKな人は大歓迎される

    フリーター歓迎という条件は、「時間や時期にかかわらずたくさん仕事ができること」を期待して出していることが多いです。そのため、たとえフリーターではなかったとしてもたくさんシフトに入れる人、なるべく長時間働きたいと考えている人であれば歓迎されます。面接では積極的に働きたいと考えていることを伝え、たくさんシフトを入れても問題ないことをアピールしましょう。未経験だったとしても、長時間働ける人材というだけで評価は大きく上がります。

  • 保険や手当などの支給に関して必ず確認しておくこと

    アルバイトは正社員と違い社会保険や手当などの制度が適用されないことが多く、たとえ給与が高かったとしても自己負担が必要な分だけ出費もかさんでしまいます。フリーター歓迎のバイトの中には社会保険や手当などが正社員並みに適用されるケースもあるので、面接では福利厚生について確認しておくことを忘れないでください。交通費の支給に関しても職場によって待遇は異なります。無駄な出費を抑えるためにも、採用前に聞くべきことを聞いておきましょう。

  • 長期的な目標を志望動機に掲げておくと印象アップ

    アルバイトを通じて経験を積み将来的に独立したい、正社員への第一ステップとしてアルバイトから始めたいなど長期的な目標やビジョンがしっかりしていれば面接担当者に好印象を与えることができます。フリーターはたくさん働いてくれる反面、条件や仕事内容次第であっさりバイトを辞めてしまうというリスクも抱えた人材です。長期的な目標を持っていれば辞めるリスクが低く安定して働いてくれる可能性が高まりますから、雇用側も安心して雇いやすくなります。