“子連れで働きたいママ募集”に応募

妊娠前までは、化粧品店でフェイスエステのシゴトをしていて、エステの施術とお店の宣伝のための飛び込み営業やポスティングを行っていました。妊娠を機にシゴトを辞めましたが、子どもが幼稚園に入園するにあたり、少し自分の時間も増えるし、そろそろしっかりはたらきたいと思っていました。そんな折に、“子連れで働きたいママ募集”の求人広告を見つけ、すぐに連絡したのでした。

現在のシゴトは、不動産の営業担当者が使うレポート作成などですが、これまでオフィスではたらいた経験もなければ、『エクセル』も苦手で、どちらかと言うと避けてきた私です。何もかもが初めてに近い自分に、レポート作成業務ができるのだろうか、職場に馴染めるのだろうか、さらには子連れで電車通勤など可能なのだろうか……。はたらきたい!と思った割に、とにかくすべてにおいて不安だらけでした。

でも、「できないならやれるようにすればいい!頑張るのみ!母親業だって毎日が初めてに近いことなのにきちんとこなしているんだから大丈夫!」と自分に言い聞かせて一歩を踏み出したのです。正直なところ、不安のカタマリすぎて自己暗示しか解決策が思いつきませんでした。

今さらなんてない! いつからでも新しいシゴトを始められる!

たくさんの不安を抱えてスタートしたシゴトでしたが、今では毎日ワクワクしながらはたらいています。苦手だった『エクセル』もPC を使った業務も、日々学び自分のできることが増えていくことが楽しくて仕方ありません。

はたき始める前は、「今さらこんなことできないなんて、恥ずかしいし言えない」と自分に情けなさを感じたり、強がったりすることもあったのですが、そんな自分を受け入れ、はたらきだすと「今さらなんてない!」と思えるようになりました。わからないことやできないことはできるように学べば良いだけで、恥ずかしくもなければ、遅いことなんてないんだ、と気づいたのです。

職場のメンバーは全員ママで、基本的にはみんな子連れ出勤のため、決められたシゴトはもちろんきちんとしますが、オフィスに来ている子どもたちは全員自分の子どものような感じで、成長を見守りながらはたらいています。レポート作成業務というと、黙々と PC と向かい合って作業をするというイメージですが、隣の部屋から聞こえる子どもたちの声がBGM になっています。作業しながらも笑いが絶えなかったり、ランチタイムは子育てや夫についての「ママのあるあるネタ」で盛り上がったりと、本当に良い環境でシゴトができています。心配していたブランクを感じずにいられるのも、こうした職場のお陰です。

無理せず、楽しみながらシゴトと家庭を両立するために

久しぶりにシゴトに出るようになり、最初のころは家のこととの両立が課題でした。平日は夫の帰宅が遅いため、朝はお弁当をつくり、子どもと自分自身の支度、子連れで電車で通勤、昼間は不慣れな新社会人という状態でシゴトをし、帰宅後は夕食、お風呂、寝かしつけと、すべてにおいて1人でやらなくてはならなかったことで疲れを感じていました。

そんなある日の帰宅時、家の最寄り駅で「はぁ……これから夕飯の準備をしなくては」と疲れ果てた気持ちになっていたときに、息子に「お腹空いたからご飯食べて行こう!」と言われ、2人で外食することに。それまで息子と2人で外食をするという発想がなかった私ですが、その提案に救われたのです。張り過ぎていた気が楽になり、それ以来、週に1度は母子2人で外食をしても良し!という「ハッピーDAY」 を設けました。小さなことですが、頑張りすぎず、無理をしないことで、シゴトも家庭もうまくいくのではないでしょうか。

また、子連れで通勤する際は、なるべくラッシュの時間を避けたり、最寄り駅が地下鉄とJR とがあるので、地下鉄ではなくあえて地上を走る電車を使い、子どもと一緒に景色やほかの電車を見ながら楽しんで通勤したりするよう工夫しています。

ママが安心してシゴトができる環境をつくっていきたい

勤務体系がシフト制なので、スケジュールの調整は自分で行い、幼稚園などでの行事がある際は前もってシフトを組むことができます。でも、病気の際はやはりお休みせざるをえません。みんな子連れのため、ほかの子に病気をうつしてしまう可能性があれば、幼稚園や保育園同様、出社厳禁になります。

レポートの納期まで余裕がある場合は問題ありませんが、納期に間に合わない場合は、そのときに余裕のあるメンバーに未完成部分をお願いすることになります。みんな子どもがいるため、お互いがお互いをサポートできるよう、メンバーそれぞれが頑張っているのです。ママがはたらきやすい環境をつくっていくためには、それぞれが努力することが必要なんですね。

私はシゴトに復帰してまだ3ヶ月なので、今は自分に与えられたシゴトをきちんとこなしていきたいと思っていますが、はたらきたいママ、はたらきたいけれど子どものことで悩んでいるママのためにも、このような環境を増やす手伝いができたらと考えています。今後拠点が増えた暁に拠点長に任命してもらえるように、見本となるようなはたらきかたをしていきたいと思っています。

子どもがいるし、ブランクがあるし、と不安に思うこともありますが、はたらきたいと思っているのであれば臆さずぜひチャレンジしてみてください。ママ業を立派にこなしている皆さんにできないことなんてありません!大丈夫です!

動いてみないとわからないことはたくさんありますし、挑戦せずにいるよりも、挑戦して仮に失敗したとしてもそこから学んで次に活かせば良いだけです。シゴトに一生懸命な『ママの顔』以外の自分の姿を子どもに見せてあげましょう。

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 主婦がはたらくときに直面する悩み別解決策とは? >  未経験でも、ブランクがあっても、はたらける環境がある