すっぴんはOK?濃いメイクってどこまで?バイトメイクの規則があいまいなときの対処法

学生探偵がアルバイトにまつわる疑問を徹底調査!

バイトスクープ 調査File.53

すっぴんはOK?濃いメイクってどこまで?

バイトメイクの規則があいまいなときの対処法

今回の依頼内容

カフェでアルバイトをしています。先日、早朝のシフトに遅刻しそうになり、慌ててすっぴんで行ったらノーメイクは禁止と注意を受けました。バイト先はメイクに関する規則がないので納得いきません。みんなのバイトメイクに関する経験や考えを教えてください。

< 依頼者 > P.N.居酒屋のお通し冷や奴/(20)/大学生/神奈川県在住

今回の調査担当
  • 一ノ瀬ふみか法政大学法学部政治学科 3年生

依頼者と同じくカフェでバイトをしている一ノ瀬です。遅刻しそうになると家からバイト先までダッシュ!なんてこともあるので、時間がないときにすっぴんで行きたくなる気持ち、ものすごくわかります。さて、バイトメイクの規則があいまいなとき、学生はどのように判断しているのでしょうか。バイトメイクに関して気になることを大学生4人で座談会しました。

<INDEX>
1.初出勤はどんなメイクをすればいいの?
2.すっぴんでもいいの?
3.つけまつげ・カラコンはつけていいの?
4.香水をつけていいの?
5.濃いメイクの境界線はどこ?

(写真右から、ふみか、かほ、ももか、さや)

<参加者>
ふみか(『バイトスクープ』学生探偵)
バイト:カフェのホールスタッフ
メイクの規則は厳しめで、暗めな印象を与えるメイクとカラコンが禁止。

かほ
バイト:化粧品や携帯電話などを売る販売員
メイクの規則はないが、面接のときに客室乗務員をイメージしたメイクを推奨された。

ももか
バイト:ボウリング場の受付、居酒屋
ボウリング場は赤いリップや明るい色のカラコンなど派手なメイクが禁止。なぜかポーチの中にリップを2つ以上入れていることも禁止。好きなメイクができなかったため、ボウリング場のバイトを辞めて規則のない居酒屋でバイトを始めた。

さや(『バイトスクープ』学生探偵)
バイト:データ入力をする事務、ファッション系の動画制作
事務、動画制作のどちらもメイクの規則はなし。

—テーマ1— 初出勤はどんなメイクをすればいいの?

ふみか「初出勤はどんなメイクをしていましたか?」

ももか「ボウリング場バイトの初出勤は今日のようなメイクでした。面接のときは控えめなメイクにしていたから、何も言われなかったけど、このメイクだと赤いリップが規則に引っかかり指摘されました。結局、好きなメイクができないことが原因で辞めてしまったので、こだわりのメイクではたらきたい人は面接で聞いたほうがいいと思います」

ふみか「面接のときに、どんなメイクがいいのか店長に聞いたら「このままでいい」と言われたので、そのメイクで出勤しました。今日のメイクと同じですね。指摘がなければ面接のときのメイクで大丈夫だと思います」

さや「はたらいている人のメイクを事前に見ておくといいと思います。私は動画制作の面接を受けたときに確認しました」

<座談会から見えてきたポイント>
・こだわりのメイクがある人は、面接のときに質問するとよい
・面接で指摘がなければそのときのメイクで大丈夫なことが多い
・はたらいている人を事前に見ておく

—テーマ2— すっぴんでもいいの?

ふみか「すっぴんではたらくことはOKですか?」

かほ「客室乗務員のようなメイクを推奨しているぐらいなので、すっぴんではたらかないです。むしろほかのバイトスタッフに合わせて普段より濃いメイクをします」

さや「動画制作のバイトはモデルと一緒にシゴトをすることがあって、すっぴんは失礼だと思うからメイクをしています。すっぴんではたらいている人に社員が「○○ちゃん、今日メイク薄いね~」と言っていたことも」

ふみか「えーそんなこと、言っちゃうんですね」

さや「すっぴんはダメだと伝えたかったんだと思います。規則はないけどマナーとしてメイクはしてねって意味で。」

ふみか「すっぴんだと血色が悪く見えて、お客さまへの印象が良くないのでメイクは必ずします。遅刻しそうなときは、バタバタっと赤いリップだけ塗ります。明るい色のリップを塗るか塗らないかだけでも印象が大きく違うんです」

(比較してみました)

さや「事務のバイトは規則がないから、たまにすっぴんで行くことがあります。接客するわけじゃないからすっぴんでも私は大丈夫」

ふみか「接客かそうでないかは、一つの判断基準になるかもしれませんね」

<座談会から見えてきたポイント>
・メイクのイメージが決まっていたり、推奨されていたりする場合はすっぴんNG
・接客バイトではお客さまに与える印象が違うので時間がなくてもすっぴんは控えるべき

-テーマ3- カラコン・つけまつげはつけていいの?

ふみか「カラコン・つけまつげについてどう判断していましたか?」

かほ「カラコンもつけまつげもしないからわからないなぁ……」

ふみか「私のバイト先のカフェでは派手な色のカラコンが禁止だけど青色のカラコンをしている人もいましたよ。普段バイトでも黒のカラコンつけているけど、そもそもカラコンだと気づかれたことがありません」

さや「目の色は人それぞれだし、店長も指摘しづらいかも。まつげもたくさんつけている人は派手になるし、個人差があるからもお店の規則もあいまいになりがちです」

ふみか「どちらもバイト先の店長や社員の判断によることが多いですよね。だから普段のメイクから大きな変化があるカラコンやつけまつげをするときは事前に相談するといいと思います」

<座談会から見えてきたポイント>
・店長や社員の判断になっていることが多いので、印象が変わりやすいカラコンやつけまつげをつけるときは事前に相談すること

-テーマ4- 香水をつけてもいいの?

ふみか「香水の判断はどうしていましたか?」

さや「日常的に使っている香水で指摘されることはなさそう。判断に迷ったら、その香水の匂いがする店員がいたら、客として気になるか友だちに聞いてみるといいかもしれません」

かほ「私も指摘されている人を見たことない」

ふみか「バイト先は香水禁止と規則にあります。飲食店は、料理の匂いを損ねてしまうので、基本ダメだと聞いたことがあります」

かほ「確かに、料理より店員さんの香りが強いのは嫌ですね」

<座談会から見えてきたポイント>
・日常的に使っている香水であればOKなことが多い。判断に困ったら友だちに気になるか聞いてみる。
・飲食店は香水の匂いで料理の匂いを損ねてしまう可能性があるのでつけないこと

-テーマ5- 濃いメイクの境界線は?

ふみか「濃いメイクの境界線をどう判断していましたか?」

ももか「居酒屋では境界線がわからなかったので、今のようなメイクをしていました。メイクが派手だと注意されたことはないです。まじめにはたらいているし、シフトもたくさん入って、店長と仲良くできていることが要因かも⁉︎しれません」

さや「普段のはたらきかたで印象って違いますよね。似たようなメイクでも指摘される人とされない人がいたりします」  

かほ「事前に店長や社員に相談するのも一つの方法ですよね。相談してたら寛容な対応をしてくれることもありますよ」

<座談会から見えてきたポイント>
・濃いメイクをしたくなったら事前に店長や社員に相談すること

学生探偵による[調査報告] File.53

学生探偵 / 一ノ瀬ふみかによる報告

明るい印象を与える赤いリップが禁止の接客バイトがあることに驚きました。それだけメイクに関する規則はお店や業種によってバラバラなようです。メイクは予定によって変わるし、好きなメイク方法が変わることもありますよね。好きなメイクではたらきたい場合は、店長や社員にいつでも相談できる関係になることが重要だと感じました。

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトスクープ >  バイトメイクの規則があいまいなときの対処法