バイト仲間や店長とSNSは共有するべき? バイトで困らないSNSの使いかた!

学生探偵がアルバイトにまつわる疑問を徹底調査!

バイトスクープ 調査File.52

バイト仲間や店長とSNSは共有するべき?

バイトで困らないSNSの使いかた!

今回の依頼内容

春から大学生になります。新生活を機にアルバイトを始めたいのですが、コミュニケーションがうまくいくか不安です。友達とはSNSでコミュニケーションをとることが多いですが、バイト仲間や店長、社員など、バイト先ではどのぐらいSNSで繋がっているのでしょうか。SNSを共有することのいいところと悪いところを教えて欲しいです。

< 依頼者 > P.N.トッポん(18)/高校生/神奈川県在住

今回の調査担当
  • 榊原壮太(22)慶應義塾大学
    総合政策学部総合政策学科4年生

大学生バイターの約9割がバイト仲間と、約7割が店長や社員とSNSを共有している!

新しい環境で人間関係を築くのって難しいですよね。バイト先でうまく人間関係をつくる手段としてSNSを活用するのは有効な手段だと思います。しかしSNSといってもたくさん種類があって、どれを活用するべきか迷うのではないでしょうか。そこで、「普段大学生はどんなSNSを使っているのか」「バイト先の人と、どれくらいSNSで繋がっているのか」「SNSを共有することでどんなメリットとデメリットがあるのか」を学生87人にアンケート調査してみました!

大学生の多くはLINEをやっていて、バイト仲間とはLINEとInstagramを、店長や社員とはLINEを共有している人が多いことが判明!

バイト仲間とSNSを共有したときのメリットは「仲良くなる」「シフト交換の相談がしやすい」

(写真左から、かんた、みっしー、そうた、しまぺ、みはる)

バイト先でどのようなSNSの使いかたをしているのでしょうか。バイト仲間、店長、社員とSNSを共有したときのメリット、デメリットを大学生4人に聞きました。

<司会>
そうた 大学3年生
バイト仲間:×  店長や社員:LINE

バイト歴は派遣バイトで2年間。シゴト内容はイベント会場の設営や荷揚げなど。
使用SNS:Instagram、Facebook、LINE、Twitter

<参加者>
かんた 大学3年生
バイト先の仲間:×  店長や社員:×

バイト歴は塾講師を半年間しています。
使用SNS:Instagram、LINE、Twitter

みっしー 大学1年生
バイト先の仲間:×  店長や社員:LINE

バイト歴はブライダルとケーキ屋を半年間。ブライダルでは会場の運営やウェイターを、ケーキ屋では販売をしていました。
使用SNS:Instagram、LINE、Twitter

しまぺ 大学2年生
バイト先の仲間:LINE、Instagram  店長や社員:×

バイト歴はステーキ屋のホールで半年間やっていました。
使用SNS:Instagram、Facebook、LINE、Twitter

みはる 大学2年生
バイト先の仲間:LINE、Instagram  店長や社員:LINE

バイト歴はフグ屋のホールを1年間やっていました。
使SNS:Instagram、Facebook、LINE、Twitter

まず、バイト仲間とのSNSの使いかたについて聞きました。

―――バイト仲間と共有しているSNSを教えてください

しまぺ「バイト仲間とはInstagramとLINEを共有しています。シフト提出や業務連絡は基本的に店長と直接やりとりしますが、必要に応じて店長や社員が入っていないLINEグループで、シフト提出前にシフトの人数が偏らないように相談したり、備品の使いかたなどを共有したりするために使っていました。Instagramは仲良くなったバイト仲間からアカウント名を教えて欲しいと言われて共有しました」

みはる「友だちがバイトをしているフグ屋で私もバイトを始めたので、もともとLINEとInstagramは友だちと共有していました。その友だちが投稿した写真からInstagramをしていることがバイト仲間に伝わり、共有をすることになりました。LINEは店長と社員を含めてグループLINEで繋がっていて、シフトの交代や業務連絡で使用します」

―――バイト仲間とSNSを共有するメリットはなんですか?

みはる「Instagramを共有すると写真投稿やストーリーでバイト仲間の趣味や日常生活など、バイトではわからない一面を知れることです。意外な共通の友人がいたり、好きなものが一緒だとわかったり、バイト以外のことで頻繁に連絡をとる友だちもできました。バイトを辞めたあとに、一緒に写っている写真と感謝のメッセージを添えてInstagramで投稿してくれたときはうれしかったです」

しまぺ「バイト中の会話に困ったとき、バイト仲間のInstagramの写真投稿について詳細を聞いたりして会話のネタにできることです。SNSのおかげで遊んだことのない人としゃべるときも気軽に話せるので、心強いです

事前のアンケート調査では、

・SNSの共有はコメントや個人への連絡で遊びや飲みを誘いやすい
・LINEでシフト交代を聞きやすい
・LINEは学生同士での遅刻欠勤の確認や連絡がしやすい

など、SNSはバイト仲間とより親密になること、バイトでのやり取りが便利になることにメリットを感じている人が多いようです。

―――バイト仲間とSNSを共有するデメリットはなんですか?

みはる「気軽に連絡が取れてしまうことですかね。バイト先のグループLINEから個人LINEを「友だち追加」して連絡がくることがあります。バイトのシフト変更だけでなく、遊びや飲みの誘いが来ることも。断ったあとにバイトで会うのが気まずかったです」

しまぺ「バイト仲間とInstagramを共有すると、気軽にインスタ投稿できなくなったことです。『今日は人が足りてなかったから遊んでいる写真の投稿は控えよう』とか『バイト仲間にいじられそうな写真は投稿しない』などバイト先のことも一回、考えてから投稿するようになりました」

事前のアンケート調査では、

・バイト仲間に対しての愚痴を投稿したつもりはなかったのに誤解された
・頻繁にシフトを代わって欲しいと言われる
・バイトを辞めたあとでも繋がっているので気まずい

など、SNSで人間関係がこじれる場合や、バイト中でなくてもバイトのことを考える時間が増えることをデメリットに感じている人が多いようです。

―――バイト仲間とSNSを全く共有していない2人はこのメリット・デメリットに関してどう思いますか

みっしー「バイトとバイト以外の関係をきっちりわけたいので、SNSを教えてることに抵抗があります。バイトをしていない時間にバイト仲間からの連絡がくると気にしてしまいそうで。SNSを共有していなくてもバイト仲間とは良好な関係を築けていたので、共有するメリットよりもデメリットのほうが大きいと思いました」

かんた「塾講師のバイトはシゴト中にほかの講師と話す時間がないため、会話に困ることはなかったです。バイト仲間と仲良くなることは賛成ですが、遊ぶ友だちをつくりたいわけではないので、デメリットを考えるとメリットは魅力的ではなかったです」

店長、社員と共有したときのメリットは「連絡をとりやすい」「親近感がわく」

続いて、バイト先の店長や社員とのSNSの使いかたについて聞きました。共有している2人は業務連絡のためにLINEのみを店長と共有しているそうです。

―――バイト先の店長や社員とSNSを共有するメリットはなんですか?

みっしー「バイトのシフト変更が比較的に楽だったことです。シフト変更はバイト同士で行わず、店長に代わりの人を見つけてもらうことになっていたので、急用ができてしまったときはLINEで繋がっている店長に連絡をしていました」

みはる「店長や社員と気軽に連絡が取れたため、学校のテスト期間や急な予定でシフト変更をしたいときに相談しやすかったことです。忙しい時間帯だけのシフトが続くと、店長や社員とスケジュールのことを話す機会がないこともあり、お互いのタイミングでやりとりできるのはメリットだと思います」

事前のアンケート調査では、

・休日に店長や社員が何をしているのかを知れて、親近感が湧いた
・Facebookの投稿で社員のお店を良くしたい想いが知れて、お店で厳しい理由にも納得がいった
・電話だとお店が忙しい時間帯を考慮する必要があるが、SNSだといつでも連絡しやすい
・Instagramの写真投稿で仲が良いバイト仲間を知ってもらえ、シフトを考慮してくれることもある

などLINEの共有ではバイト先への連絡がしやすくなるということ、InstagramやFacebookの共有では親近感が湧くということをメリットに感じている人が多いようです。

―――バイト先の店長や社員とSNSを共有してデメリットはなんですか?

みはる「LINEでの業務連絡や指摘の文章がきつく感じることです。直接言われるときは、言いかたや前後の事情がわかって納得することが多いですが、文章で時間外に突然言われると戸惑うことがあります」

事前のアンケート調査では、

・遊びの投稿を続けていたらシフトに入ってとメッセージで書かれていた
・シフト交代をした理由が筒抜けになるので、恥ずかしい
・いつでも連絡が取れてしまうので、遊んでいるときでさえバイトのことを常に考えてしまう

などSNSを共有したことでバイトをしていないときでも店長、社員の目が気になることをデメリットに感じることが多いようです。

―――バイト先の店長や社員とSNSをまったく共有していない2人はこのメリット・デメリットに関してどう思いますか

かんた「生徒への指導や授業の組み立てかたについて相談したいので、気軽に連絡が取れることはメリットだと思いました」

しまぺ「SNSを一切共有していないので連絡はすべて電話でしています。忙しい時間帯を配慮するので気軽にかけられないこと、遊んでいるときに突然電話がかかると何かミスをしたんじゃないかと不安になるので、LINEを共有することはメリットに感じました。ただバイト先の店長や社員とSNSを共有するとバイト仲間以上に気を遣いそうなので共有しないです」

まとめ バイトでSNSを共有するかしないかのメリット、デメリットを感じるポイントは「人間関係」と「連絡のとりやすさ」の2つ。SNSを共有することによってバイト仲間や社員、店長と仲良くなれ、シフト変更の連絡も気軽で便利にできるメリットがある反面、SNSの投稿に気をつかったり、休みの日も連絡が頻繁に来たりとデメリットもある。

学生探偵による[調査報告] File.52

学生探偵 / 榊原壮太による報告

アンケート調査では、なんとなくSNSを共有した結果、バイト仲間と気まずくなったり、トラブルの原因になったりしている人もいました。SNSの使いかたは人それぞれですが、SNSの共有が原因でやりがいを感じていたバイトが楽しめない、居心地が悪い、となってしまうのはもったいないです。これからバイトを始める人や、バイト先でSNSの使いかたを悩んでいる人は、なんとなくSNSを共有するかどうか決めるのではなく、2つのポイント「人間関係」「連絡のとりやすさ」をどうしたいのか決めて判断しましょう。

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトスクープ >  バイトで困らないSNSの使いかた!!