「落ち着いた茶色」のボーダーラインはどこ?バイトの髪色事情を聞いてみた!

学生探偵がアルバイトにまつわる疑問を徹底調査!

バイトスクープ 調査File.31

「落ち着いた茶色」のボーダーラインはどこ?

バイトの髪色事情を聞いてみた!

今回の依頼内容

私は子どもが好きなので学習塾のアルバイトを考えています。実際探してみると「染髪不可」の塾が多いので、少し躊躇してしまいます。大学生になったのでいろいろな髪色にしてみたいからです。学習塾に限らず髪色の規則が厳しそうな職場でバイトをしている人はどうしているのでしょうか。知りたいです。

< 依頼者 > P.N. 犬を飼いたいさん(18)/大学生/埼玉県在住

今回の調査担当
  • 高野汐音(22)上智大学
    文学部哲学科4年生

髪色の規則が厳しそうな「塾講師」「受付」「ブライダル」のバイトスタッフで髪色座談会を開催!

バイトを始める時、時給と同じくらい気になるのは髪色・ネイル・ピアスなど外見に関する規則ですよね。今回は、髪色の規則が厳しそうなバイトをしている三人に集まってもらいました。

そのほか、身だしなみについての座談会『バイトの3大“気がかり”「髪色・髪型、ネイル、ピアス」はどこまでOKなのか?』もぜひ参照ください。

(写真向かって右から)
<司会>
しおん
バイト先:個人経営の喫茶店
今のバイト先は金髪・ピンク髪なんでもOKな喫茶店ですが、以前は厳しい規則があった学習塾やチェーンのカフェなどで四苦八苦してきたので、みなさんがどんな風に折り合いをつけてはたらいているのか気になります。

<参加者>
エリナ
バイト先:塾講師&歯科助手
個別指導の学習塾講師と歯科助手のバイトをしています。歯科助手は、歯科医のような口腔内の処置を行うといったことはなく、受付や器具の洗浄を担当しています。

あや
バイト先:塾講師
個別指導の学習塾の講師をしています。今のバイト先に決めた理由は「子どもが好きだから」と「駅から近かったから」です。

ありさん
バイト先:水族館での写真撮影
ホテルに併設されているアミューズメント施設内の記念写真撮影のバイトをしています。基本的に髪色や髪型はホテルの規則に準じています。ブライダル会場でバイトをしている友だちからも話を聞いてきました。

あいまいな髪色規則は、髪色のカラー番号「7」あたりが目安

しおん「それぞれのバイト先でどのような髪色の規則があるのか教えてください」

あや「私のバイト先の塾では髪色に関して特に規則はありません。研修のときに、『黒っぽい髪色』と言われたのですが、実際は染めている人もいるみたいです」

しおん「髪色の厳密な規則はないんですね。さすがに金髪は怒られますか」

当日座談会に居合わせた「バイトスクープ」探偵のねね

あや「ねねさんの髪色なら、ぎりぎりかな……。ただ、バイト先の上司に『これ以上は明るくしたらダメだよ~』とは言われるだろうなと思います」

エリナ「私の塾の髪色の規則は『派手でない色』ですね(笑)最初の研修でも厳密には指定されませんでした」

しおん「あやふやな規則ですね(笑)『落ち着いた茶色』は染めていてもOKな感じありますよね。暗黙の了解みたいな」

ありさん「暗黙の了解ラインありますね。ブライダル会場でホールのバイトをしている友だちは、髪色のカラー番号(※)は7番までと言われていました。7番は黒~こげ茶ぐらいですね。それ以外はダメだそうです」

※『日本ヘアカラー協会(JHCA)』基準

髪色カラー番号(参考)

しおん「『落ち着いた茶色』が、髪色カラー番号7番かもしれないですね。ここが、暗黙の了解かな」

一同「そうかも」

エリナ「塾バイトの金髪の先輩は、注意されていました」

しおん「カラー番号でいう14番ですね。規則の『派手でない色』で金髪はさすがにNGなんですね」

エリナ「私のバイト先の歯科助手のかたは、7番よりも明るい茶髪が多いように思います。青色のメッシュを入れていた先輩もいました(笑)」

しおん「規則が厳しそうな職場なのに青色のメッシュは意外ですね。もし、エリナさんも青色のメッシュをやりたくなったら、やってみちゃいますか?」

エリナ「いきなり青色を入れるのはハードル高いですね。もし、染めるとしたらもっと社員さんと仲良くなってからにします」

髪色カラー番号左から あり:9番 エリカ:11番 あや:6番

ありさん「ブライダルバイトの友人に聞いた話では、明るい髪色の人はバイト直前に“黒スプレー”をしてるそう」

しおん「“黒スプレー”!一時的に髪色を黒くできるスプレーですね。そんな手もあるんですね」

ありさん「ブライダルバイトは、週に1日勤務の人が多いそうで、黒スプレーで対処することが多いみたいですよ」

髪色変更あとのバイト初日が勝負!

しおん「バイトを始めるとき、『塾講師のバイトを始めたら、髪色を明るくできなくなっちゃうかもしれない……』のような葛藤はありませんでしたか?」

あや「なかったですね。もともと地毛が明るくて、明るい髪色に対する憧れはありませんでした」

エリナ「私は地毛が真っ黒で、ちょっと明るくしただけでもかなり印象が変わったので、カラー番号の5番ぐらいのこげ茶で満足しちゃいました(笑)これ以上明るくしたいという気持ちもなくて、髪色の規則が厳しい職場でもいいかなと思っています」

しおん「私は金色のメッシュにしたので、染めた初日はドキドキだったなぁ……」

あや「髪色を変えたあとのバイトの初日は上司の顔色をうかがいますね(笑)1日目に何も言われなければ『大丈夫なんだ!』と判断しちゃってます」

ありさん「1日目が肝心なんですね(笑)」

エリナ「私はバイト先の上司に髪色について指摘される前に、自分から『この髪色どうですか?』と聞いちゃいますね。変にドキドキして過ごすのも嫌なんで(笑)」

しおん「先に自分から、確認するほうがいいかもしれないですね」

注意されたときはすぐに髪を染め直すことが鉄則

しおん「みなさん髪色について上司から注意された経験はないとのことだったのですが、周りのバイト仲間で注意されている人を見たことありますか?」

あや「そうですね……、私がバイトしている塾の先輩で赤色のメッシュを髪の内側に入れてきた人がいて、バイト先の上司に『(その髪色は)ダメでしょ』と言われていました。すぐに『ですよね~』と言って染め直していましたね」

しおん「注意されたら、染め直してるんですね。せっかく染めたのにもったいない気がしちゃうな……」

あや「普段からライブなどのイベントに合わせて、一日だけ派手な色に染めている人が多いので、すぐに髪色を戻すことに対して抵抗はないみたいです」

ありさん「バイト先の上司に注意されたあと、雰囲気が悪くなることはないんですか?」

もえ「ありませんでしたね」

エリナ「私のバイト先の塾で金髪にしてきた先輩が注意されていましたが、言われてすぐ染め直したので、雰囲気は悪くなってなかったですね。その先輩が社員さんからの信頼も厚く、ベテランだったというのも雰囲気が悪くならなかった理由かもしれません」

しおん「染め直す覚悟をした上で染めてみるのはありってことかも(笑)」

学生探偵による[調査報告] File.31

学生探偵 / 高野汐音による報告

今回の「髪色座談会」で出た答えは、バイト先によって規則は異なるので髪色の規則があるかどうかをバイト先に確認すること!明確に定められている場合はその規則に従い、(『黒スプレー』も有効!)あいまいな場合は『落ち着いた茶色』の髪色カラー番号7番あたりであれば良さそうということでした。サービス業であればお客さまへの配慮も必要ですから、事前にバイト先の上司に確認するのもひとつの手です!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトスクープ >  バイトの髪色事情を聞いてみた!