実際何してるかわかりにくい!効率よく稼げる登録制バイト

学生探偵がアルバイトにまつわる疑問を徹底調査!

バイトスクープ 調査File.28

実際何してるかわかりにくい!

効率よく稼げる登録制バイト

今回の依頼内容

4月から大学生になります。僕は今までバイトをしたことがなくお金がありません。そこで入学式までの短期間にお金を稼ぎたいです。「登録制バイト」は短期でたくさん稼げると聞きました。でも、いろんな場所に派遣されて知らない人とはたらくイメージで少し心配です。本当にそうなんでしょうか?また、どれくらい稼げるのでしょうか?

< 依頼者 > P.N.牛タン塩ネギ大盛りさん(18)/高校生/神奈川県在住

今回の調査担当
  • 榊原壮太(21)慶應義塾大学
    総合政策学部総合政策学科3年生

登録制バイトで、1ヶ月で18万円ほど稼ぎました

どうも、学生探偵のそうたです。実は僕、登録制バイト暦2年なんです。春休みや夏休みといった長い休みのときは、特に効率的にはたらくことができ1ヶ月のうち21日、120時間はたらいて18万円ほど稼げました。これが実際の僕のスケジュール帳です。

そこで今回、僕が登録制バイターを代表して、意外と知られていない登録制バイトの効率的なはたらきかたや登録制バイトの実態を紹介したいと思います。

登録制バイトの一番の良さは「時間」にあった!

1ヶ月で21日勤務。達成感が半端ないです。僕が登録している会社は与えられた業務内容が終わればシゴト完了です。ですので、はたらく時間が事前に提示された時間よりも短いことがあります。たとえば、頑張った結果、6時間のシフトで1時間半早くシゴトが完了したら、そのぶん早く帰ることができます。すると給料は契約時の時間分支払われますので、時給1450円の1時間半分で、約2000円ぐらい得した気分になります。

今回21日間で160時間ほどはたらくことになっていましたが、実際にはたらいた時間は120時間程度でした。40時間分もはたらかずにお給料がもらえた!といってもいいかもしれません。もちろん、日によっては、事前に提示された時間にシゴトが終わらないことも。その場合は残業を頼まれることもありますが、任意ですから強制というわけではありません。また必ず残業代も支給されるので安心です。

勤務場所が決まっていないことも登録制バイトの良いところ!登録制バイトの派遣先は各所にあるため、毎回いろんな場所に行くことができるので新鮮です。シゴトのあとで観光名所をぶらぶら散歩したりすることもできます。この1ヶ月間で新宿、お台場、『東京タワー』、浅草、川越など有名観光地でもシゴトを行いました。シゴトが早く終われば、僕は必ずその地域をぶらぶらして観光気分も味わっています。

登録制バイトを始めるまでの流れ

登録制バイトを始めるにあたって、まず初めにシゴトを紹介してもらう会社に登録をする必要があります。登録方法はいくつかありますが、僕は家の最寄駅に近い場所で登録説明会を開催する会社を選びました。僕が登録した会社では面接があったので緊張しましたが、はたらいている社員さんが優しかったのでそこに決めました。その会社が紹介するシゴト内容の詳細を面接で聞いて、雰囲気と合わないと思ったときは、登録会社を変えるのが手でしょう。ちなみに、登録制バイトは用事がない限り、登録先の会社に行く必要はありません。ですので、会社が学校や家から多少遠いところになっても差し支えはないと思います。

自分に合ったスタイルが選べる登録制バイト

会社によって異なりますが、僕が登録しているところは1週間ごとにシフトを提出します。しかも「午前中だけOK」や「15時〜22時まで」などの希望時間が1時間単位から、申請することができます。これがすごくメリットがあるんです。学校生活が始まると当日直前に飲み会の誘いやサークルのメンバーで遊びに行こうなんてことが多く、1ヶ月先のスケジュールをバイトの予定で埋めてしまうのは調整が多くて大変だと思います。

シフト提出後、具体的にシゴトが決まるのは前日です。もし希望の時間帯で、登録先にシゴトがない場合は、希望に近い時間帯のシゴトを提示してくれます。自分のスケジュールに合わせやすいのでありがたいです。前日になると業務内容、場所、時間が詳しく書かれたメールが届きます。僕は、学校がある時期は休日と学校が終わってからの時間帯限定でシフト希望を出して、長期休暇になったら一気に希望時間帯を広げます。また、登録制バイトはいろいろな時間帯のシゴトがあるので、「朝バイト」や「夜バイト」など、そのときの気分で好きな時間にはたらくことができます。
学業と両立して稼ぐには、朝バイトと夜バイトはどっちが得か?

登録制バイトのシゴト内容は?

登録制バイトのシゴト内容って実際にはたらいてみないとわからないですよね。そこで僕が1ヶ月で18万円稼いだときのシゴト内容を伝えたいと思います。登録先の会社はいろいろありますが、僕の会社はパワフルワークがメインです。

初日は午前中に工事現場の地鎮祭を行う会場設営を、午後は資格試験会場の設営をしました。午前を会場設営のためにテントを2張立てました。最初はまったくやりかたがわからなかったのですが、先輩や社員さんが親切に教えてくれたので心配はいらないです。また回数を重ねると、同じ作業に対して時間を短縮してできるようになり上達を実感できモチベーションになります。

午後の試験会場の設営ではひたすら椅子とテーブルを並べました。体力は使いますがみんなで力を合わせた結果、予定より1時間半早く設営することができました。ちなみに予定より早く終わっても予定していたぶんのお給料がもらえました。気分的にはとてもラッキーです。

2日目は『東京ドーム』で行われるイベント会場に備品を搬入するシゴトでした。多様な椅子や大小さまざまなテーブル、棚といった膨大な数の備品を決められた場所に運び込むことが業務です。手わけして順番にやっていき終わった達成感はなんともいえないものがあります。

本当にいろいろなシゴトを任される登録制バイト。そのほか3日から9日目もそれはそれはいろんなバイトをして、10日目には、工事現場で重さ20キロぐらいの給湯器を階段で4階に運ぶシゴトもありました。バイト中、筋トレをしている気分でしたね。

登録制バイトでの人間関係は意外にもアットホーム

登録制バイトと聞くと毎回知らない人とはたらいて、冷たい雰囲気のイメージがありませんか。しかし実際のところそんなことはありません。登録制バイトではベテランスタッフが多くいらっしゃります。そういったかたはさまざまな現場で経験を積んでいる熟練者です。登録先の会社は、実際はたらく現場のシゴト内容を考慮した人材選びをしてくれます。そのため慣れるまでは初心者と熟練者はセットでシゴトを行うことになります。熟練者のかたは初心者のかたと組むことに慣れているため優しく教えてくれることが多いです。シゴトを教えてもらうことで親しくなっていくので雰囲気は温かいです。

長期休みは学生のバイトが多く、出会いも増えて仲良くなることもあります。僕は2年間、登録制バイトをしているので、通常のバイトのように固定のメンバーではなく、幅広い年代の人と出会い、仲良くなることができるため、とても刺激があります。自分の世界を広げるのにもいいかもしれないです。

学生探偵による[調査報告] File.28

学生探偵 / 榊原壮太による報告

登録制バイトは効率的にお金を稼ぐことができるし、スケジュールも組みやすいので、バイトをやりながら自分のやりたいことの時間をつくりたい人にはかなりオススメです!登録先の会社によってさまざまな業務内容があるので、力作業が苦手でも調べてみてください。でも僕はパワフルワークに結構はまっちゃってます。体を動かしてはたらくのって楽しいですよ。

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトスクープ >  効率よく稼げる登録制バイト