学生探偵がアルバイトにまつわる疑問を徹底調査!

バイトスクープ 調査File.06

あれはいったいなんと言っている⁉

バイトも使う!意味のわからない呪文!?
接客業でのバイト隠語とは?

今回の依頼内容

居酒屋やファミレスなどに行くと、商品をつくるときやお会計のときに、飲み物の名前を略したり、呪文のように唱えているのを耳にします。そういえば、飲食店だけでなく、そのバイト・シゴトならではの用語やコールがいろいろあるのだと思います。それらが、何を意味しているのか、なんて言っているのか知りたいです。調査してください。

< 依頼者 > P.N.かえるっちちゃん/大学生/東京都新宿区在住

今回の調査担当
  • 稲垣佳乃子(23)同志社大学法学部政治学科4回生

あなたはいくつ答えられますか?
クイズ!『接客業でのバイトの呪文』

ということで、調べました。私の友人、さらに友人のツテもフル活用して東京・大阪・京都の男女問わず学生の声を集めました。なるほど〜と思うものもあれば「?」なものも。たくさんあるので、抜粋してクイズ形式で紹介します。バイトの呪文(隠語<いんご>といいます)に隠された意味、みなさんも一緒に考えてみてください!
※隠語とは、ある特定の仲間内だけで通じる言葉や言い回しのこと

では「バイト隠語クイズ」第1問!

スタッフ間で使われる
接客業のバイト隠語

最初の3問は、勤務中のスタッフ同士の会話で聞かれる隠語です。

[第1問]
 ○○様のご予約Cです! (京都割烹料理屋)

[第2問]
 53(ごじゅうさん)お願いしまーす (おしゃれカフェチェーン店)

[第3問]
 お戻りさんです〜 (アパレル)

正解は、いずれもお客さまに不快感を
与えないための隠語です

[第1問の答え]
 ○○様のご予約キャンセルです!

[第2問の答え]
 ゴミ捨てお願いします

[第3問の答え]
 「ちょっと考えます」と言って一度お店を出たお客さまが帰ってきました。
 対応お願いします~

文字の省略や、言い換えパターンの隠語は、結構わかりやすいですね。

独自性の強い
接客業のバイト隠語

次は難易度が上がります。接客業の独自性が強い3問です!

[第1問]
 コマーシャル (カレーチェーン店)
 ※ヒント:テレビの合間のコマーシャルと意味が似ている

[第2問]
 けろっぴーさん (大型居酒屋チェーン店)
 ※ヒント:お客さまが、とある状態にあります

[第3問]
 アニキ、おとうと (博多系ラーメン店)
 ※ヒント:この『でき』が味を決めます

正解はこちら!

[第1問の答え]
 休憩時間

[第2問の答え]
 吐いた人(がいるので対応をお願いします)

[第3問の答え]
 先に仕込んだもの=あにき
 後に仕込んだもの=おとうと

接客業での隠語は、お客さまに聞かれたくない言葉や、意味を知られたくない内容を伝え合うために使うことが多いようです。私がよく利用している飲食チェーン店にも、隠語があることを知りました。お客さまを気遣う言葉があることを知ると、より一層お店に好感が持てます!業界によっては定番の隠語もあるようですが、「先輩から最初に教えられた」「店長が急に発案した」などの意見が多く、より良くはたらこうと考える中で生み出されていくものが多いようです。

トイレにまつわる隠語

調査中、特に多かったのは、トイレに行くときの隠語でした。3番サンサン4番K-1など、数字を使って表すことが多いようです。どれも「トイレに行ってきます」という意味です。また「お客さまがトイレに行っているからまだ商品を出さないこと」を指す、とまりK-1など、トイレの隠語からの発展形もありました。

ちなみにカレーチェーン店ではたらくバイトスタッフに「スタッフがトイレに行くときの隠語はない?」と尋ねると「普通に、社員さんや仲間のスタッフに、トイレ行っていいですか?って小声で聞いている。でも、忙しいときは行く暇がない」という回答でした。すべての飲食店にバイトスタッフがトイレに行く際に使うトイレ用隠語が存在するわけでもないようです。

テーマパークのバイトスタッフも
バイト隠語を使っている!?

調査を進める中で、私が一番気になったのは、テーマパーク内での隠語でした。テーマパークではたらくバイトスタッフもトイレには行くはず。夢の世界だけに、お客さまを気遣う隠語がないわけないだろう!と思って尋ねてみたのですが、大阪のテーマパークではたらくクルーは、施設への忠誠心が高く、最初はまったく教えてくれませんでした。

しかし、粘って聞き続けていると、テーマパーク内の機械の調子を確かめ合うための隠語が多いと教えてくれました。テーマパーク内に放送で流す隠語もあるようです。さすがにそれはお客さまに意味を知られてしまうのは良くないということで「教えるのはNG」でした。残念!でも、隠語はたくさん存在するそうですよ。

隠語を使ってコミュニケーションするのも、バイトの密かな楽しみかもしれません。皆さんがこれから出会うバイト先には、どんなバイト隠語があるでしょうね?

学生探偵による【調査報告】 File.06

学生探偵 / 稲垣佳乃子による報告

バイト隠語には、番号で内容を表すタイプのものも多いのですが、特定の番号が定番で何かを指すわけではなさそうでした。あるとき、土木関係ではたらく友人にバイト隠語はないかと尋ねると「朝の確認が終わったあと、全員で『ご安全に!』って毎回叫ぶけど、これって隠語かな?」と言われました。多分それは、隠語でないと思います。

バイトスクープ調査履歴 Back number

今までにお引き受けした調査内容がお読みいただけます。

バイトスクープ探偵File Detective file

調査をお引き受けする学生探偵をご紹介いたします。

  • 学生探偵 No.01

    調査担当者

    藤井愛乃(21)

    早稲田大学政治経済学部3年生

    子どものころの夢はスーパーのレジ打ち。レジのお金はすべてレジ打ちのおばさんのものになると思っていた。大学では公共経済を学んでいるが数字が苦手。食べることが大好きなので将来はなんらかの形で食に携わりたいと考えている。

    調査担当
  • 学生探偵 No.02

    調査担当者

    中村史(21)

    早稲田大学政治経済学部3年生

    和歌山県出身。趣味はランニング。この前は富士山マラソンを無事完走!しかしその後、全身筋肉痛になりおばあちゃん生活を余儀なくされる。よく「ランニングの何が楽しいの?」と聞かれるが本人もよくわかっていない。

    調査担当
  • 学生探偵 No.03

    調査担当者

    永田紗也(22)

    法政大学キャリアデザイン学部3年生

    大学生になって、おみくじデビュー。それまで引いたことがなかった。のちに引いた、人生二回目のおみくじが一回目とまったく同じもの。運がいいのか悪いのか。大学では人生設計について学んでいるが、最近の一番の悩みは本人自身の人生設計について。答えが見つからない場合は、おみくじで決める予定。

  • 学生探偵 No.04

    調査担当者

    高野汐音(21)

    上智大学文学部哲学科3年生

    高校時代、何かに目覚め哲学科に進学したが、当時何に目覚めたのかは今になってはわからない。趣味は映画とお笑いで、同じ映画を9回観たり、好きな芸人の単独ライブのために1人で遠征したりするので、まわりの友人たちが若干ひいている。

  • 学生探偵 No.05

    調査担当者

    稲垣佳乃子(23)

    同志社大学法学部政治学科4回生

    好きな食べ物は、お味噌汁。好きなことは、読書と散歩。超猫背なのも作用して「おばあちゃんみたいだね」とよく言われてしまう。睡眠は平均8時間。それでも、毎日眠くてたまらないので、眠気が押し寄せる病気ではないか?と内心、心配している。

  • 学生探偵 No.06

    調査担当者

    笠ちふみ(20)

    早稲田大学政治経済学部政治学科3年

    なぜか昔から、ものを収集することが好き。鉛筆などの文房具から始まり、今はなんとなく猫グッズを集めている。ちなみに本人は犬派だが、顔はどちらかというと猫に似ているらしい。

    調査担当
  • 学生探偵 No.07

    調査担当者

    葛祐実(20)

    慶應義塾大学総合政策学部3年

    4人兄妹の3番目、次女。兄と姉のいいとこ取りをしてきた人生を歩んでいる。熱しにくく冷めにくい性格で、趣味は多くないが一度好きになるとそれに夢中になって周りが見えなくなることもしばしば。最近は妹の影響でプロ野球の結果にそわそわする。

    調査担当
  • 学生探偵 No.08

    調査担当者

    藤井初芽(20)

    法政大学文学部地理学科3年

    徳島県出身。愛称は「はじめちゃん」。地理を専門的に学ぶ大学生。K-POPが大好きでアイドルを追い国内・国外問わず、さまざまな土地を旅している。好きな液体は豆乳紅茶、固体部門では白玉と母自家製のミートソース。

    調査担当
  • 学生探偵 No.09

    調査担当者

    川島遼太郎(21)

    法政大学キャリアデザイン学部3年生

    好きな言葉は「一日一善」。いつか必ず積み上げた善がかえってくると本気で思っているが、ピンチになるとすぐ善を使おうとするので、積み上がっているのかは不明。ロックバンドが大好きで、ライブに行くといつも頭を振っているが、次の日には必ず腰痛になる。

    調査担当
  • 学生探偵 No.10

    調査担当者

    山中泰宏(21)

    國學院大學文学部史学科3年生

    日本文化が大好きな大学生。中学生のころから剣術や居合術などの古武術をマイペースに続け、大学では日本史を学んでいる。生まれる時代を間違えたように見えて、実は流行にはそこそこ敏感。結局のところ、なんやかんやで現代っ子。

    調査担当

おすすめコンテンツ

トップ > バイト・シゴトのなんでもガイド > バイトスクープ > 意味のわからない呪文!?接客業でのバイト隠語とは?