熱唱中の室内。カラオケ店のバイトは、部屋に入るときに躊躇するのか?

学生探偵がアルバイトにまつわる疑問を徹底調査!

バイトスクープ 調査File.04

気まずい空気はできれば避けたい⁉

熱唱中の室内。カラオケ店のアルバイトは、 部屋に入るとき躊躇するのか?

今回の依頼内容

私はカラオケが好きでよく利用するのですが、スタッフがドリンクやフードを持って部屋に入ってくると、恥ずかしくて歌うのをやめてしまいます。もしかして、カラオケバイトのスタッフのかたも大熱唱する私を見て部屋に入るのを躊躇したり悩んだりしているのでしょうか?

< 依頼者 > P.N. たくみんさん(21)/大学生/千葉県在住

今回の調査担当
  • 永田紗也(21)法政大学
    キャリアデザイン学部2年生

実際に、探偵仲間とカラオケに行ってみた。

訪ねたのは、『JOYSOUND品川港南口店』。品川駅から徒歩5分ほどの場所にあります。探偵仲間のよしのちゃんを強引に誘い、2人で一般のお客さまと同じように入店しました。早速、ドリンクを頼んで、2人で曲選び。バラードや落ち着いた曲は避け、できるだけ熱唱系を選びました。流れてきた楽曲に合わせ、2人で大熱唱。ドリンクを持ってきたアルバイトスタッフ(以下、スタッフ)が引くほどの大声を張り上げます。

ほどなく、カラオケ店の部屋のガラス越しに人のケハイが!

来ました。男性のスタッフのようです。私たちはさらに力を込めて熱唱します。喉を潤したいので、ドリンクを持って入ってきてほしいのですが、「入れてなるものか!」という気持ちにもなり、なんだか複雑な心境です。しかし、そんな私たちの複雑な心境を気にすることもなく、ドアノックが店内に響き、ひと呼吸おいてスタッフは悩むことなく入ってきました。

スタッフ「失礼いたします。こちら柚子蜜サワーとジンジャエールでございます」

―――すみません、今、私たち大熱唱していたと思うのですが、入るとき躊躇されませんでしたか?

スタッフえ?躊躇?しないです、躊躇なんかしないですよ。僕もカラオケが大好きなので、気持ちよく歌っていらっしゃるお客さまを見るとうれしくなることはありますが、熱唱されていても入室を悩んだり、緊張したりすることはありません」

どうやらまったく躊躇も悩みもしていない様子です。でも、たまたま度胸のあるスタッフに当たっただけかもしれません。そこで、カラオケバイトの調査目的を打ち明けて、次の注文のデリバリーはほかの人になるように手配をお願いし、その上で「枝豆」と「砂肝」「男気たこ焼き」を注文しました。注文したメニューから推察できるかもしれませんが、手伝いに来てくれたはずのよしのちゃんが、柚子蜜サワーで酔っ払い始めています。

しばらくして、トレーを片手にやってきたのは先ほどとは違う女性のスタッフ。しかし、私たちの大熱唱にも構わず、同じように何の躊躇も悩みもなくドアノックのあとに入室してきました。まだまだ声が小さいということでしょうか。

スタッフ「失礼いたします。こちらが枝豆でございます。そしてこちらが…」

―――あのー、今、入ってこられたとき、躊躇されましたか?

スタッフい、いいえ、まったく

―――私たち、スタッフさんが入室をとまどうくらいの大熱唱をしていたつもりなのですが……

スタッフ大熱唱されていても、まったく気にはなりません。私たちスタッフは、お客さまが歌っていても、歌っていなくても、悩まずに入ります。カラオケバイトは、それがシゴトですから!

ということで、スタッフの2人とも、まったく躊躇はないようでした。依頼者のたくみんさん、心配は無用です。今後も思い切りシャウトしてください!

カラオケバイトのスタッフはどんな研修や教育を受けるのか?社員さんに話を聞いてみた

どうやらスタッフは誰も入室に躊躇しない、悩まないということはわかったのですが、そういう指導を受けるのでしょうか?カラオケバイトの真相を突き止めるべく、『JOYSOUND品川港南口店』を運営する株式会社スタンダードの広報担当である野原朝哉さんにお話をうかがいました。

―――カラオケバイトのスタッフのかたは誰も躊躇せず、悩まずに入室するものなのでしょうか?

「私どもとしては、躊躇わず入室するよう指導しています。カラオケ店の部屋には、条例で決められているため、ガラス窓が必ず設置してあります。そこからお客さまの様子を見て、ノックして「失礼いたします」と声をかけ、少し間をおいて入室する、これがルールです。お客さまの熱唱を止めてしまうことも確かにあるのですが、温かいものを温かいうちに、冷たいものを冷たいうちに、というサービスの基本を優先しています。曲の合間や間奏を待つと、オペレーション上、遅れが発生してしまうのも理由のひとつです。遅れが発生すると次のお客さま、また次のお客さまをお待たせしてしまうことになるため、忙しい時間帯は特に素早い対応が求められます」

―――おいしいものをおいしいうちに提供するのも大切なサービスということですね。

「そうですね。あと、最近のお客さまは、スタッフの入室をそれほど気にされないかたが多いです。最近のカラオケは、歌う様子を撮影できる機能などもあるのですが、その撮影中など、入室してほしくないタイミングの場合、そもそも注文をされません。お客さま自身がタイミングを見計らってくださる場合も多いのです。さらに、昔に比べて皆さん歌が上手ですから、恥ずかしがるかたも以前と比べて減っているように感じますよ

―――カラオケバイトを新しくはじめるスタッフは何から教わるのでしょうか?

「まず新人スタッフはサービスの基本として、ドリンクやフードの提供、そして室内外の掃除から指導を行います。その後、慣れてくればドリンクのつくりかたや調理など、キッチンのシゴトを覚えます。カラオケ店は、飲食店と違いキッチンとホールが別れていない場合が多く、ベテランスタッフは両方のシゴトをすることが多いです。そして最終的には受付を任されます。受付スタッフは、接客はもちろん、すべての業務を理解して、ほかのスタッフに的確な指示をすることが求められます。また、受付は店の顔でもありますので熟練スタッフが任されます。みなさんが店に来て1番はじめに顔を合わせる受付スタッフが、実はお店の顔といえる大ベテランなんですよ」

学生探偵による[調査報告] File.04

学生探偵 / 永田紗也による報告

カラオケバイトのスタッフはお客さまが熱唱中であっても入室するとき、まったくといっていいほど躊躇しないことがわかりました。私もどちらかというと歌を中断してしまうタイプだったのですが、お客さんとして遊びに行ったときは、気にせず楽しんだほうがいいなと改めて感じました!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトスクープ >  カラオケ店のバイトは、熱唱中の室内に入るときに躊躇する?