※写真はイメージです

学生探偵がアルバイトにまつわる疑問を徹底調査!

バイトスクープ 調査File.03

朝夕のラッシュ時は大活躍だが――

駅のホームで乗客を整理する
“駅員バイト”が
乗客を車内に押しこむ際に
痴漢に勘違いされることはないのか?

今回の依頼内容

電車が好きで駅でのアルバイトをやってみたいと思っています。そこでふと思ったのですが、朝の通勤ラッシュ時に乗客を車内に押しこむときに、「体を触ってきた、痴漢された!」と言う人がいないのか心配です。駅員バイトは痴漢に間違われたりしないのでしょうか。心配しすぎかもしれないのですが、痴漢に間違われたりするのはイヤなので……。

< 依頼者 > P.N. ときおさん(19)/大学生/東京都新宿区在住

今回の調査担当
  • 永田紗也(21) 法政大学キャリアデザイン学部2年生

まずは依頼者本人に会い、駅員バイトについて不安な胸のうちを聞いてみました!

――― そもそもなぜ駅員バイトをしたいと思ったのですか?。

ときお「電車が好きなのが大きな理由です。あとは将来、鉄道関連のシゴトにつきたいと考えていて、将来のためにもバイトをしたいと思いました。できれば最寄り駅で、朝の時間を活かしてはたらきたいと思っています」

――― 痴漢に間違われないか不安ということですが?

ときお「満員電車では、人に触れたりぶつかることが当たり前のようにあります。そのとき、立つ場所が悪いと痴漢に間違われないかとヒヤヒヤしたりします。ちょっと触れるだけでも不安なのに、朝のラッシュ時に乗客を押しこむ駅員バイトは、直に乗客の体に触れたりすると痴漢に間違われてしまうのではないかと不安になるのです」

鉄道会社に電話で、駅員バイトについて聞いてみることにしました

単刀直入に鉄道会社A社に聞いてみると、こんな回答が返ってきました。

A社担当者「駅員バイトさんが、痴漢に間違われる?おっしゃっている意味がよくわかりませんが、具体的に、どのようなタイミングで、でしょうか?」

――― 朝の通勤ラッシュ時、乗客を車内に押しこむときに間違われるケースがあるのではないか、と心配をする読者がいまして。

「そもそも最近は電車自体がそれほど混み合わないですからね、弊社の場合。質問の意図がよくわからないので、コメントすることはありません」

確かに、鉄道会社によって混み合うことが少ない場合もありそうです。そこで、気を取り直して、私自身が通学などでよく使う鉄道会社B社に電話をしてみることにしました。

B社担当者「なるほど、質問の意図はわかりました。そもそもですね“お客さまを押しこむ”などということはしていないのです。私たちは、あくまでも乗降のお手伝いをしているに過ぎません。電車の乗り降りに必要なお手伝いはしますが“押す”といった行為はしていません」

なるほど、両社の共通見解として“押してはいない”と考えていることがわかってきました。依頼者のときおさんが感じる、ホームで駅員バイトが乗客を“押す”行為は“乗車のお手伝い”であって“押しているのではない”という見解のようです。

しかしながら、お手伝いであっても、お客さまに触れ合う行為には違いありません。この回答では、ときおさんの心配は晴れないでしょう。そこでさらに別の鉄道会社C社に電話してみました。

すると、こちらは駅に直接問い合わせてよいとのこと。これまでは本社の広報部に電話していたので、これまでと違う展開です。そこで、混みあうことで有名なとある駅にかけてみることにしました。

ここで鉄道会社から、駅員バイトについて有力な証言が!

C社駅員「駅員バイトが痴漢に間違われることですか?ないない!ありませんよ!」

とても気さくで威勢のいい駅員さんが、以下のことを教えてくれました。

C社駅員「そもそも“乗客を押している”のは間違いで、車いすの方々に対してお手伝いさせていただいているのと同じように、一般のお客さまの乗降の補助をしているにすぎません。そしてお客さまのお体に直接手を触れることも基本的にありません。近年は混雑緩和のため電車の本数を増やす、路線を増やすなどの解決策を行っているため、(ときおさんが心配するような)乗客をぐいぐい車内に押しこめるということが、そもそも起こりにくくなっています。万が一、そのような“お手伝い”をせざるを得ない状況が起きたとしても、“お体に触れてよろしいですか?”などの確認をしてから“お手伝い”をするように指導しますし、それが当たり前になっています。ですから痴漢に間違われることは起こりえないし、これまでそのような話は聞いたことがないですよ!」

なるほど、有力な情報を得ることができました。「万が一の場合も、声をかけてから触れるから大丈夫」だそうです。ちなみに、駅員バイトは特殊な職種のため、研修がしっかりとあるそうです。これでずいぶんと調査結果は見えてきましたが、果たして駅員バイトとはどういうものなのか?最後に、調査過程で出会うことができた元駅員さん(正社員)にお話を聞いてみました。

元駅員「私は10年前に退職しましたが、10年前でも乗客を車内に押すということはありませんでしたよ。お客さまも、そこまで無理して乗るようなことはほとんどありません。なので、やはり痴漢に間違われるなんてことは、起こりえないと思います」

――― 駅員バイトとして大事なことは何でしょうか?

元駅員「社員が遂行する業務の妨げをしないことです。あまり知られていませんが、電車は運転手や車掌の判断ではなく、駅にいる社員の合図で初めて発車ができます。それを妨げたり、紛らわしい動きをしないように注意することが大事です。研修では、電車を運行する上での規則などもバイトさんに勉強してもらうはずですよ」

――― 駅員バイトの応募者は、やはり電車に興味のある人が多いのでしょうか?

元駅員「半分半分といったところでした。半分は電車が好きな人。もう半分は、家が近いとか、勤務時間の都合がいいとかでした。もちろん、まったく興味がないという人は少ないですね。大学生だと、1時限目には間に合いませんが、2時限目や3時限目からの授業には間に合うし、時給もいいからですかね」

――― やはり電車や駅に興味がないとシゴトをするのは難しいでしょうか?

元駅員「予備知識があろうとなかろうと、電車が好きだろうと好きじゃなかろうと、駅員バイトをする上ではあまり関係ないと思います。研修ではすべてのことをイチから教えるので、皆さんシゴトはちゃんとできるようになります。むしろ電車に思い入れがありすぎる人は、コミュニケーションを取るのが難しい場合がありました」

――― それは意外でした。実際、駅員バイトの人気はどうなのでしょうか?

元駅員「私がいたころは、倍率は3倍くらいでした。駅としては、ひとりでもバイトがほしいときはポスターを貼るのですが、応募がひとりということはないですからね。ちなみに、2月から4月の間は、大学生が就職などでバイトを辞めるタイミングなので募集をかけることが多いと思いますよ」

――― 最後に駅員バイトだからこそのエピソードがあれば教えてください。

元駅員「そうですね。あまりおもしろいエピソードはないのですが、しいて言えばほかのバイトと違って、社員とバイトでできる業務の差がしっかりとあることでしょうか。上下関係がしっかりしていることも大きな特徴かもしれません。お客さまの命を預かるシゴトですから、飲食店などに比べると、より真面目で“きっちり”を求められるシゴトなのかもしれないですね」

――― ありがとうございました。

大学生探偵による[調査報告] File.03

学生探偵 / 永田紗也による報告

駅員バイトが痴漢に間違われることはまずないようです。そもそも乗客を車内に“押す”という行為がないことは意外でした。個人的には、ときどき押されている気もするのですが、テレビドラマやニュース映像でイメージがすりこまれている部分もあるのかもしれません。駅員バイトに求められるのは、電車の知識などではなくコミュニケーション能力や社員のかたの業務をいかにうまくサポートするかなどのようなので、気負いすることなく気軽に応募することができそうです

バイトスクープ調査履歴 Back number

今までにお引き受けした調査内容がお読みいただけます。

バイトスクープ探偵File Detective file

調査をお引き受けする学生探偵をご紹介いたします。

  • 学生探偵 No.01

    調査担当者

    藤井愛乃(21)

    早稲田大学政治経済学部3年生

    子どものころの夢はスーパーのレジ打ち。レジのお金はすべてレジ打ちのおばさんのものになると思っていた。大学では公共経済を学んでいるが数字が苦手。食べることが大好きなので将来はなんらかの形で食に携わりたいと考えている。

    調査担当
  • 学生探偵 No.02

    調査担当者

    中村史(21)

    早稲田大学政治経済学部3年生

    和歌山県出身。趣味はランニング。この前は富士山マラソンを無事完走!しかしその後、全身筋肉痛になりおばあちゃん生活を余儀なくされる。よく「ランニングの何が楽しいの?」と聞かれるが本人もよくわかっていない。

    調査担当
  • 学生探偵 No.03

    調査担当者

    永田紗也(22)

    法政大学キャリアデザイン学部3年生

    大学生になって、おみくじデビュー。それまで引いたことがなかった。のちに引いた、人生二回目のおみくじが一回目とまったく同じもの。運がいいのか悪いのか。大学では人生設計について学んでいるが、最近の一番の悩みは本人自身の人生設計について。答えが見つからない場合は、おみくじで決める予定。

  • 学生探偵 No.04

    調査担当者

    高野汐音(21)

    上智大学文学部哲学科3年生

    高校時代、何かに目覚め哲学科に進学したが、当時何に目覚めたのかは今になってはわからない。趣味は映画とお笑いで、同じ映画を9回観たり、好きな芸人の単独ライブのために1人で遠征したりするので、まわりの友人たちが若干ひいている。

  • 学生探偵 No.05

    調査担当者

    稲垣佳乃子(23)

    同志社大学法学部政治学科4回生

    好きな食べ物は、お味噌汁。好きなことは、読書と散歩。超猫背なのも作用して「おばあちゃんみたいだね」とよく言われてしまう。睡眠は平均8時間。それでも、毎日眠くてたまらないので、眠気が押し寄せる病気ではないか?と内心、心配している。

  • 学生探偵 No.06

    調査担当者

    笠ちふみ(20)

    早稲田大学政治経済学部政治学科3年

    なぜか昔から、ものを収集することが好き。鉛筆などの文房具から始まり、今はなんとなく猫グッズを集めている。ちなみに本人は犬派だが、顔はどちらかというと猫に似ているらしい。

    調査担当
  • 学生探偵 No.07

    調査担当者

    葛祐実(20)

    慶應義塾大学総合政策学部3年

    4人兄妹の3番目、次女。兄と姉のいいとこ取りをしてきた人生を歩んでいる。熱しにくく冷めにくい性格で、趣味は多くないが一度好きになるとそれに夢中になって周りが見えなくなることもしばしば。最近は妹の影響でプロ野球の結果にそわそわする。

    調査担当
  • 学生探偵 No.08

    調査担当者

    藤井初芽(20)

    法政大学文学部地理学科3年

    徳島県出身。愛称は「はじめちゃん」。地理を専門的に学ぶ大学生。K-POPが大好きでアイドルを追い国内・国外問わず、さまざまな土地を旅している。好きな液体は豆乳紅茶、固体部門では白玉と母自家製のミートソース。

    調査担当

おすすめコンテンツ

トップ > バイト・シゴトのなんでもガイド > バイトスクープ > ラッシュ時に乗客を車内に押しこむ駅員バイトは、痴漢に間違われる?