職種

お客さまの気持ちを第一に考える!若手看板スタッフが考える接客の基本をひも解く

バイトスタッフの失敗を成長につなげてくれる。スタッフにお客さまをおもてなしする裁量がある。若手看板スタッフが考える接客の基本を「大衆居酒屋 日本海」「和楽」「てまりのおうち」「湘南ビストロゆるり。」のルーキーさんたちに聞きました。

大衆酒蔵 日本海

畠山 亮太さん(22)
なごめる店づくりが意志の強さを鍛えた

接客をしていてうれしいのは、お客さまが僕のすすめたメニューを選んでくれたときです。自信を持っているメニューですし、板長が「お客さまを喜ばせたい!」と朝早くから一生懸命に仕込んでいるのを知っているので、おいしい料理を味わって気に入ってもらえたら……という思いは強いです。今でこそお客さまと店のために全力を注いでいますが、はたらき始めた高校生のころは「稼げたらいいかな」なんて(笑)そんなときに大失敗をしました。社長からは「誰だって(失敗は)ある。そこから勉強して、繰り返さなければいいんだよ」と言われ、優しさが胸にしみました。モチベーションも、自分自身も変わりました。お客さまとスタッフでつくりだしている「アットホームで居心地のいい雰囲気」を守るため、忙しいときこそ「冷静に!」と自分に言い聞かせています。このバイトで、気遣い・粘り強さが身につきました。学んだ人間力は、社会に出てからも活かせると確信しています!

アルバイト:職歴5年

東京都出身。体を動かすのが好きで、草野球や水泳、筋トレに励んでいる。「地域活動にも参加しています。祭りでは神輿を担いでいますよ!」とのこと。来年春からは社会人に。

シゴト風景

「いい魚が入荷していますよ!」と、おすすめが書かれたボードを活用しながらメニューをご案内。調理場からの情報や自分の感想を交えてアピール


作業効率と提供順序を考えながらつくるのが、ドリンクを素早くお届けするコツ。そそぐときには、グラスがきれいに磨かれているかも再チェック

大衆酒蔵 日本海 両国店

本まぐろは天然のみ! 毎日、築地から仕入れる鮮魚と厳選の地酒が自慢。お財布にやさしい価格帯も人気だ。板長が手掛けるメニューには、手づくりさつま揚げなど、自家製和食も豊富。カウンター、テーブル席のほか、最大70名が座れる座敷がある。

創彩ダイニング 和楽

吉田 拓也さん(26)
肩ひじをはらない接客でお客さまを楽しませる

当店の素材は、『金華豚』や山形・平田牧場の『三元豚』などのブランド豚を使用していて、厨房を仕切る料理長の腕は長年のフレンチ畑仕込みですから、味もメニューも保証済みです。となれば、自分にできることは、お客さまに最大限に楽しんでいただくことしかないのでは!? と考えました。私自身、おひとりで来られたお客さまとカウンター越しに世間話をするのも楽しいですし、団体のお客さまにちょっとしたネタで笑いをとるのも楽しいんです。たとえば、「灰皿持って来て」と言われたら、ド真面目(そう)に灰皿を20個も持っていってみせるとか(笑) かなりウケます。以前の職場は、接客ルールがカッチリ決められていて、機転を利かせたことができなかったのですが、今は堅苦しくなく、自由なアイディアで「素の自分」でお客さまに接することができるところがいいですね。自分自身が楽しくはたらくことが、お客さまの楽しい時間につながると思っています。

正社員:職歴1年4ヶ月

カラオケ店や飲食店での接客・調理経験を評価され、現職の経営者から誘われて今に至る。学生時代は陸上部所属。体育会系出身を活かし、威勢のいい声を響かせて今日も接客中!

シゴト風景

ホールでの接客のほかに、ドリンクや厨房の切り場も担当。前職の調理経験を生かして、手際のよい動きで冷菜やサラダなどもつくる


とにかく常連客が多いのが特長。常連さんのお気に入りメニューは把握しているので、オーダーされる前に料理を出すこともあるんだとか!

創彩ダイニング 和楽WARAKU

駅チカの好立地ながら、隠れ家的な雰囲気が魅力。幻の豚肉・「金華豚」や、毎朝市場で仕入れる新鮮な魚介類など、質の高い食材を使ったオリジナル料理がリーズナブルな価格でいただける創作居酒屋だ。

Cat Cafe てまりのおうち

佐藤 敬子さん(25)
ひとりひとりの意識が「楽しい!」を生む

店に入る前のワクワク感。この気持ちを帰る瞬間まで感じていてほしいというのが、私たちの願いです。そのためのアイディアをアルバイトと社員が一緒になって話し合い、店づくりをしています。正社員を目指して、さまざまな提案をしてくれるバイトスタッフもいます。挑戦ができる職場ですね。この過程で私が学んだのは指導力でした。後輩に明確な指示をすることで、よりコンセプトにマッチした企画が出し合えるようになりました。接客は通常のカフェとは異なり、食事の提供やレジ以外でもお客さまへ積極的にお声がけします。お客さまとネコが仲良くなるためのお手伝いです。ネコを抱っこしてお客さまの近くへ連れてきたり、性格や品種をご説明したり、スタッフだからこそできることはたくさん! はじめは緊張しますが、「自分がお客さまだったら、どうしてもらえたら楽しいか」と考えて行動しています。私自身もときめきを忘れずに、みんなで店を盛り上げたいです。

正社員:職歴1年

趣味はカフェ巡り。かわいいメニューやインテリアを見ると、プランが浮かんでくるのだとか。お客さんとして『てまりのおうち』を訪れ「推しネコ」と遊ぶのが癒しの時間

シゴト風景

メニューは80種類以上。手際のよさ、盛りつけの美しさがポイント。いずれも手づくりのため、休憩時間を利用してメニューを覚えることも

森に迷い込んだと感じてもらえるよう「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちは」とごあいさつ。ネコたちの印象を残すため、特徴を説明

Cat Cafe てまりのおうち

URL:http://www.temarinoouchi.com/

コンセプトは『不思議なネコの森でティータイム♪』。森をイメージした店内に入れば、絵本の中に迷い込んだような気分に。本格的なカフェメニューを味わいながら、17匹の個性豊かなネコたちと過ごせる。入場料制のため延長料金はナシ。時間を気にせずくつろごう。

湘南びすとろ ゆるり。

青木 望さん(20)
お客さまのための努力が実を結んだ!

「毎日がお客さまとの記念日」が、店で掲げるおもてなしのテーマです。フロントでのご案内、食事の提供と片づけ、ドリンクづくりといったホール業務では、お客さまの気持ちを第一に考えた接客オペレーションもあるんです。たとえば、ワインは目の前で注ぐ、肉をテーブルでカットするなど10項目以上。お客さまの表情からも、何が求められているかをキャッチし、心を配り行動しています。喜んでいただく工夫をしてきたことで、キャストリーダーを任されるまでに成長しました。後輩にも自分で考ながら接客できるようになって欲しいと思い、過剰な指示は出しません。リーダーの立場に甘えて、自分は動かない……なんてことも絶対にしたくないのでシゴトを率先して、見て学んでもらっています。自分でもシゴトの合間に接客を特訓。全店が合同で接客力を競うコンテストでは、3期連続優勝することができました。「練習したら、それだけ結果がついてくる」という教訓を、身を持って感じています!

アルバイト:職歴1年1ヶ月

神奈川県出身。「お客さまとお話しするのが楽しくて、つい、いっぱいバイトを入れちゃうんです」。オフは江の島に遊びに出かけたり、家族との時間をのんびり過ごしているそう。

シゴト風景

席までお通しした後は「ご来店ははじめてですか?」とうかがい、お店について説明。本日のおすすめを紹介し、時間が必要な鍋メニューについてアナウンス


ドリンク、料理の向きに注意して、見栄えよく提供。「お客さまの耳に響いてしまうから、音をたてないように置くのもポイントです!」

湘南びすとろ ゆるり。藤沢店

URL:http://www.yururi-y.com/

大人の和風空間で目を引くのは、樽型の半個室。藤沢最大級という最大40名が入れる掘りごたつ式個室もあり、ゲストそれぞれの時間が過ごせる。フロアのイケスには地元の湾より毎日入荷するイカ、ハギなどの魚たち。地産の野菜、日本酒やワインも厳選品が並ぶ。

看板スタッフによる接客の基本まとめ

今回は大衆酒蔵、ダイニング、猫カフェ、ビストロとさまざまなジャンルの飲食店スタッフに、接客する上での大切なことを聞きました。みなさんに共通していたのは、お客さまに喜んでもらうためにどうしたらいいのかを、第一に考えているということでした。ホールでの接客の主なシゴトは、お客さまからオーダーを取って料理をサーブすること。簡単に思える業務の中でも、気遣いは十分に発揮できます。その気遣いこそが、お客さまの信頼を勝ち取ることにつながります。まずは自分がお店を訪れる立場だったら、どうしてほしいか考えてみませんか。日常生活でもシゴトでも、まず相手の立場に立つことが細やかな気遣いの第一歩になります。この細やかな心配りは、ワンランク上の接客の大切な要素に違いありません。

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトレポート >  お客さまの気持ちを第一に考える!若手看板スタッフが考える接客の基本をひも解く