職種

楽しい?きつい?つらい?今が旬の引越バイト

4月から新生活を始める人が多く、今、引越バイトが稼ぎどき! でも、「やってみたいけど、引越バイトって大変そう」と興味があっもてもなかなか踏み出せないでいるアナタ。そんなアナタのために、引越バイトを現役でがんばっているスタッフにホントのトコロを聞いてきちゃいました!! 引越バイトのお金以外のメリットやうれしかったエピソードなど、情報盛りだくさんですよ、要チェック!

今回取材を受けたのはボクです!

名前:遊木 乙地郎(ゆうき おとじろう)さん

年齢:19歳 引越スタッフ歴:1ヶ月半
僕は学生時代にも引越バイトをしていました。そのときの経験がすごく楽しかったので、今の会社に応募したんです。今は毎日いろんな場所に行き、たくさんのお客さまの引越を手伝っています。では、僕の1日のシゴト内容をさっそくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

出会い&充実感がいっぱいの、引越バイト大解剖!
遊木さんの引越バイト1日スケジュール
7:00~8:00事務所に到着し、朝礼、掃除と本日の業務確認~お客さま宅へ出発
■5つ道具を持って、いざお客さま宅へ!

まずはスケジュール表でその日の予定を確認し、事務所と駐車場の掃除をします。そしていよいよ出発の準備。当日一緒にシゴトをするドライバースタッフと、引越の5つ道具をトラックに積みます。ハンガーボックス、毛布やパットという梱包材、電化製品などを守るプチプチ、大きな物を固定するベルト、これらは毎回用意するんですよ。朝礼があるときは「今日は雪の予報なので運転は慎重に」など、連絡事項が言い渡されます。

8:30~9:00お客さま宅に到着、ごあいさつと打ち合わせをし、引越作業スタート
■小さい物からサクサク運ぶのが鉄則

現場に着いたらまず、お客さまに「本日はよろしくお願いします!」とごあいさつ。さっそく壁やコーナーに保護資材をセットしながら、家の中の状態をチェックして回ります。依頼主とスタッフで軽く打ち合わせをして、ダンボールなど小さなものから運び出しスタート! 家の中から荷物を運び出す係と、トラックに積み込む係にわかれてサクサク作業します。最後にみんなで協力して冷蔵庫やソファーなど大きな物を運ぶんですよ。

9:30~10:00トラックへの荷物詰め込み完了。新居へ移動
■スタッフだからわかる家具の最適位置!

荷物の運搬以外に食器や雑貨まで、すべて梱包をするプランもあるんです。こまごました物の梱包は、女性スタッフが担当します。新居での家電のセッティングも含まれるパックなら、テレビや電話などの配線も僕たちがやります! そうそう、新居に運び込むときに、お部屋に合わせて家具の配置をアドバイスをすることもあります。いろいろな部屋を見ているので、どういう家具の置きかたをすれば、部屋が広く使えるかとかわかるんですよ。なので、お客さまによくアドバイスします!

10:30~引越先に到着。荷おろしして新居へ運び込む
■お客さまとの触れ合い、笑顔が支え☆

毎日違う街に行って、いろんな人と出会えることが楽しいです! 遠方への引越は泊りがけになることもあり、そんなときはちょっとした旅行気分が味わえてイイですよ(笑)
また、半日~1日中お客さまと一緒にいることが多いので、仲良くなれます。中には「オトちゃん」ってあだ名で僕のことを呼んでくれたり、お寿司など豪華な差し入れをしてくれる人もいますよ。最後にはみなさん「今日は本当にありがとう!」と笑顔でうれしそうに言ってくれるので、「やっててヨカッタなぁ~」って心から思えるんです!

13:00~13:30引越完了!次の現場までトラックで移動し、お昼休憩
14:00~2件めの引越作業スタート!1件めと同じ手順で進める
■生活で使えるうれしいワザが身につく!

このシゴトをはじめてからたいがいの電化製品やちょっとした家具なら、1人で持てるようになりました。洗濯機も1人で簡単に運ぶことができますよ! 大きい物でもラクに運ぶポイントを知っているので、友だちの引越のときには「ちょっと仕切ってくれる?」なんて言われ、頼られています。梱包を担当するスタッフは、食器や衣類などを限られたスペースにキッチリ・たくさん収納するワザが身についているので、このシゴトは私生活でも本当に役に立ちますよ!

17:00~18:00事務所帰社。処分品の片づけ翌日の出勤時間を確認し終了
■重い物がラクラク持てるコツを伝授!

どうしても1人で持てない大きくて重い荷物は、一緒に運ぶ仲間と「こっち、バンザイ(荷物を持ち上げること)しまーす!」とか、声をかけ合って荷物を傾けたり、回転したりすれば、狭い階段もあまり重さを感じず、スイスイと運ぶことができるんですよ。スムーズに引越を進めるためには、スタッフやお客さまと息を合わせることが大事です。作業の手を止めずにお客さまと会話をしたり、仲間と確認し合ったりするので、コミュニケーション能力もUPしますよ!

毎日変化がほしい!人と接することが好きな人は、ぜひ☆

引越バイトの流れ、わかってもらえましたか? 人並み以上の体力や特別な技術がなくても、できるシゴトなんですよ! 毎回、現場も違うので気転が利く人や、お客さまと話すことが好きな人に向いていると思います。僕も学生のときやっていたけど、週1日からの短期もOKだったり、日払いもあるので、気軽にはじめてみてください。

引越バイトのシゴト内容

引越バイトは、お客さまの引越時に、家具を運んで新居に家具を設置するシゴトです。まずお客さまの家に到着したら大きな家具や電化製品の梱包をします。梱包方法は会社によってさまざまですが、柔らかいクッション素材のもので荷物を傷つけないように包みます。梱包が終了したら、部屋から荷物を運び出しトラックへ積む搬出作業です。バケツリレー形式で効率よく荷物を運んでいきます。荷物を積み終えたらトラックで新居に移動し、荷おろし、搬入作業を進めます。家具などの荷ほどきまで行って業務終了です。繁忙期には、1日で複数の物件を回ることもあります。

引越バイトを始めるときには引越会社に直接応募するケースがほとんど(派遣会社などへの登録して行う場合もあります)。引越バイトでは、現場ごとにメンバーが変わることも多く、最初は緊張してしまうかもしれませんが、大きな荷物をチームワークで運んだり、長時間一緒にはたらくことで、バイト仲間との信頼関係が築きやすい職場としても人気が高いバイトです。

引越バイトのメリット・デメリット

引越バイトのメリットで、最初に挙げられるのが高時給です。引越バイトは塾講師や看護師といった専門職にひけをとらない高額時給です。『anレポート』2017年8月号によれば、全国平均時給は1,317円。週1日からシフトを組めるというのも「空いた時間にガッツリ稼ぎたい」人にはうれしいです。第二に、体を鍛えるのにぴったりなシゴトであること。引越のシゴトをしていると、大きい荷物や重たい荷物を運ぶため、全身運動をしているのと同じような負荷がかかります。カロリーも消費するため、ジムなどと同様のトレーニング効果が得られそうです。第三に、コミュニケーション能力が身につくことです。引越作業は1人でできるものではありません。作業を安全かつスピーディに行うためにはコミュニケーションが不可欠です。相手にどのように動いてほしいか、端的に伝える力が身につきます。引越バイトを経験すると、チームプレイの大切さに気づくはずです。

デメリットは、体が鍛えられるとはいえ、普段運動をしていない人や体力に自信のない人には、肉体的にハードな面もありそうです。エレベータが使えない場合や、玄関ではなく窓から荷物を搬入する場合などに頼りになるのはマンパワーです。屋外での作業も多いため、日焼けや暑さ寒さも避けられません。繁忙期は1日に何件も請け負うため、早朝から夜遅くまでの勤務になることもあります。また繁忙期は土日・祝日や連休などと重なるため、自分自身のお休みはバイト……ということになります。荷物を運ぶだけではなく、お客さまとの会話・対応は最初のうちは緊張するかもしれませんが、お客さまから直接「ありがとう」の声が聞けるのは、シゴトの疲れも吹き飛ぶようです。

参照:https://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/heikin/

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトレポート >  楽しい?きつい?つらい?今が旬の引越バイト