職種

イメージ一変!やって実感 おすすめしたい軽作業バイトの“想定外”な魅力

軽作業バイトは短期で高収入、基本的に未経験者歓迎の好条件バイトです! でも、ずーっと同じことを繰り返す単調なシゴトだからおもしろくなさそう…というイメージ、もっていません? そんなアナタのために、やってみないと味わえないおもしろさを、先輩軽作業バイター達に聞いてきました♪

座談会メンバーはこの先輩たち!
水野 正さん

水野 正さん(36歳)

現在の職場ではたらき始めて丸2年。以前はとび職をしていた。

桧 昇さん

桧 昇さん(30歳)

現在のシゴトを始めて1年半。以前は自動車のブレーキ工場に勤務。

渡辺 大智さん

渡辺 大智さん(23歳)

このシゴトは3ヵ月前から。それまでは液晶テレビの組み立てをしていた。

魅力って?軽作業ワークに引き込まれた先輩に、
その”おもしろさ”を教えてもらいました!

日常生活ではこんな体験できないよ! 温度差50度超のワンダーランド

桧さん(以下、H):「シゴトは冷凍倉庫での品物の搬出と搬入。品物は主に食品。野菜から肉類などいろいろあって、ちょっと美味しそうだなぁと、思ったりしたり(笑)あっ、もちろん食べませんよ! 実際カチカチだし」

水野さん(以下、M):「ボクもシゴトは桧クンと同じ。冷凍庫の中は大体マイナス25度くらいだから、夏だと外気と50度以上違う。1日になん回もこんな温度差体感できるなんて、このシゴトしかないんじゃないかなぁ」

渡辺さん(以下、W):「ボクはおふたりとは違って、冷凍庫から搬出された商品を、その日に届け先に品物と品数をあわせる、ピックアップ担当です。だから冷凍倉庫には入らないんですが、やっぱり寒いじゃなんですか?」

:「寒いに決まってるって!(笑) 防寒具は着てるけどさー」

:「寒さを感じないコツはありますよ。作業の合間に他の仲間と冗談を言いあう。孤独や沈黙は寒さを倍増させるのでね」

:「なんだか人生みたいですね(笑)」

:「そうか? それとテンションだな。“シゴトやるぞ!”って燃えると、マイナス25度も不思議と寒くないんだよね」

どんな世界にもスゴ技はある! 極寒の中で競いあう、美しき商品の山

:「倉庫内での作業で発見のようなものは、ありますか?」

:「品物を積み上げるときの形って、その人間の性格が出るんだよね。几帳面だと、荷物も角もピシっとしててズレてないし、きれいにまっすぐ積み上がっている。いい加減だと、今にも崩れそう。桧クンなんか、ピシっとしてる典型。見てわかるんだよね」

:「ありがとうございます! 確かに、性格細かいです(笑)」

:「ただ、最初は下手でもきれいに積み上げようと意識してやっていれば、だんだん腕は上がる。そこにちょっとしたプロ意識というか、喜びは感じるね。今日はアイツよりオレの方がきれいに積み上がってるぜ、みたいな。フッフッフッ」

:「マイナス25度の中で、そんなこと競ってるんですか!(笑)」

ハードなシゴトのときこそ燃える! 自分の段取りでこなす達成感、あり

:「寒さと無関係の渡辺クンはどうなの、シゴトの喜びみたいなものは?」

:「仕わけですから単純作業と思うでしょうが、段取りみたいのがやはりあって、無駄な動きをしないとか。今日は時間内に全部こなすのも厳しいかも、って日もありますよね。すっごく荷物が多くて。でも、自分なりにペース考えてできたりすると、達成感はありますよ。以前は液晶テレビの組み立てのシゴトをしていたんですが、そのときもジブンの中で、“今日はこうやったらいつもより速くできるかも”とか考えて、工夫しながらこなしていたので、楽しかったですよ」

:「それはどんなシゴトでも同じなんだろうなぁ」

:「ピックアップのシゴトは普段から黙々とやるの?」

:「いや、先輩の人たちと会話しながら、楽しくやらせてもらっています。そこは極寒の倉庫の皆さんと同じですよ(笑)それと、いろんな食品を扱っているので、食品には詳しくなります。どこでどんな食品を出したとか、こんな野菜がこんな国から輸入されているんだとか。あと、卸値も大体わかるので、たとえばスーパーでその商品を見つけると、結構値引きしてるとかしてないとか、そんな生活のミニ知識もつきました!」

:「へぇ~。それすごいじゃん!」 

まだまだある!先輩バイターたちのおもしろ&得した軽作業体験談♪

「ひたすらダンボールをたたみまくりました」

初めてのバイト先でこう言われました。「今日はずーっとこの山積みのダンボールをひたすらたたんでください」。えっ……、そんな単純なシゴト? ところが、これがなかなか奥が深い。ダンボールのどこに切り目を入れるとつぶれやすくなるとか、意外なコツもあって。日給も高くて結構いいバイトでした。 (まあこ)

「有名ゆるキャラ人形の“目”担当でした(笑)」

私がやったシゴトは有名なゆるキャラ人形の“目つけ”。目の角度を間違えると怒り顔になったり、変顔になったりするので、いやぁ、神経を使いました(笑)ほかにも口担当とか、金具担当とかもいました。モノづくりの裏側が見られて、得した気分になれたし、店頭で同じ人形が置いてあるのを見たときは、テンションあがりました!!(M.T)

「モノがピカピカになるってこんなに感動なのね!」

 やすりでひたすら「謎の金属」をこすってピカピカにする、そんなシゴトを体験しました! 正直地味です(笑)でも、おもしろかったですね。“黒かった金属が、こんなにピッカピカになった!”っていうときの達成感。単純作業の中で知った最高の瞬間でした!(ちゃこ)

「お金をもらいながらダイエット続行中」

 以前のシゴトは1日中フォークリフトに乗りっぱなし。動かすのはシフトレバーとハンドルくらい。だから、太ったねぇ(笑)気がついたら145kgだもん。それで今のシゴトに変わったら、見事に体重減! 同じ軽作業なんだけど、体使っての商品の出し入れだからね。半年で20kgも減ったよ。(T.H)

「カラオケに行くと触らずにはいられない」

 以前、ラインでカラオケの機械の組み立てをしていたので、必然的に機械には詳しくなった。おかげで、実際にカラオケに行くと、歌う前にまず機械の調整から(笑)大体、どこの店も、チューニングがズレてるんだよね~。これを標準にあわせると歌いやすい! 仲間にも重宝がられてます。(今)

軽作業バイトを始める流れ(『an』で探す、出勤報告、バイト開始、退勤報告、給与の支払い方法について)

上記で見てきたように魅力の多い軽作業バイト。軽作業バイトを始めるには、まず何をすればよいのでしょうか?

軽作業バイトの探しかたは、求人情報がたくさん載っている『an』で探せます。『an』で「職種」を検索すると「製造・軽作業」の細かい職種がたくさん出てきますよ。自分の条件にあった求人広告があったら、直接連絡を取るのか、登録制のバイトなのかを確認します。登録制のバイトの場合、登録会などに出向いて、自分の連絡先や希望の職種などを登録して、シゴトの説明を受ける必要があります。登録が終わると、希望条件にあったシゴトがあると、連絡が来るという流れです。登録制のバイトの場合、一般のバイトと違って出勤の際に「出勤報告」「退勤報告」などの義務が生じます。

給与の受取方法は、ほかのバイトと同様「日払い」「週払い」「月払い」の3種類があります。それぞれ、給与の締めが「日」「週」「月」ごとに行われる仕組みです。日払いのシゴトで注意したいのが、必ずしもはたらいたその日に給与が支払われるわけではないということ。気になる人は、シゴトを始めるときに確認しておくことをおすすめします。

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトレポート >  イメージ一変!やって実感 おすすめしたい軽作業バイトの“想定外”な魅力