春からキャンパスライフを送る新入生のみなさんの中には、新生活をきっかけにアルバイトを始める人も多いのではないでしょうか。初めてのバイトに不安を感じてはいませんか?

そこで、新入生のみなさんに向けて、先輩たちからのバイトにまつわる応援メッセージを集めました。バイトをして良かったことや得たものを参考にして、初めてのバイトにチャレンジしてみてください!

■接客の難しさとチームワークの大切さを学び自身がついた!

「学生時代、レストランのバイトでホールを担当していました。忙しくて大変なときもありましたが、チームワークを意識する大切さや、接客のノウハウを学べました。就職して大変なときも、バイトしていた2年半の経験と自信で乗り越えられました。

具体的には、お客さまを怒らせてしまったときにも「相手が何に怒っているのか」「こちらに何をしてほしいのか」を把握し、お客さまの要望に応えるために、チームで協力しスムーズに解決できました。

飲食店やサービス業は立ちっぱなしで大変ですが、そのぶん、身につくものも多いのでおすすめです」(20代/男性)

接客のシゴトは、マニュアル通りにいかずに戸惑うこともありますが、それを手際よく対処できるようになるには経験を積むのが大事です。

サービス業に限らず、どのようなバイトでも、得たことが社会人になってから活かせることがあります。学生のうちにバイトで経験しておくと強みになりますよ。

■お客さまと全力で向き合うことでシゴトのやりがいを感じられた!

「塾講師とスポーツクラブでインストラクターのバイトをしていました。生徒やお客さまと対面で指導をするので、感謝の言葉を直接かけてもらったり成績が良くなっていくなど、結果が目に見えて向上するなど非常にやりがいがありました。

バイトを始めるまでは、将来はたらくことに漠然としたイメージしかなかったけれど、バイトをすることで、責任の重さとシゴトの楽しさが実感でき、就職活動もやる気がわきました。

バイトを始めると決めたら、シゴトやお客さまに一生懸命向き合って頑張ってほしいです!」(20代/女性)

将来、どんなシゴトをしようかまだわからない人も多いかもしれませんが、バイトは学生のうちから社会を知る絶好の機会です。

ときにはプレッシャーを感じてしまったり、失敗して落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、責任があるからこそ達成感や喜びが得られます。バイトによってシゴトのやりがいや楽しさを見出し、自分に磨きをかけましょう。

■敬語が身につき、社会の仕組みを知って視野が広がった!

バイトは社会の仕組みを知ることができ、敬語や接客マナーを身につけられます。

私は飲食店やコールセンターの長期バイトに加え、イベントスタッフや選挙の投票受付といった短期バイトなど、いろいろなバイトを経験しました。

飲食店やコールセンターのバイトではが敬語が身につきました。選挙の投票受付バイトでは、受付以外にも世論調査や開票、出口調査、データ入力など幅広いシゴトがあることを知り、視野が広がったと思います。気になるバイトがあればどんどん挑戦してみてください!」(20代/男性)

長期バイトはもちろんのこと、短期バイトでも、知識が身につき視野が広がるといったメリットがあります。初めてのバイトを長期でするのが不安であれば、まずは短期バイトをすることで少しずつ慣れていくのもいいかもしれません。

■まとめ

今回は先輩から新入生に贈るバイト応援メッセージをまとめました。

バイトをすることで、自身がついたり、はたらく実感がわいたり、さまざまな知識・能力が身につくなど、良いことがあるとわかったのではないでしょうか。お金をもらえるだけでなく、自分に磨きがかけられるのは非常に魅力的ですね。

在学中のバイト経験は社会人になってからも役立つものが多いので、いろいろなバイトに挑戦して素敵なキャンパスライフを送ってくださいね!

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!