アルバイトをすると耳にすることのある「103万円の壁」とはいったいなんなのでしょう?

親や夫婦どちらかの扶養に入っている人は、年収103万円を超えると、扶養から外れて自分で税金を支払います。

今回は、年収103万円以内ではたらきたい人がその額を超えてしまったときのエピソードを紹介します。

■そもそも「103万円の壁」って何?

簡単に説明すると、年収が103万円を超えると自分の扶養者(=親や配偶者)の扶養から外れてしまい、自分の収入分の所得税を自分で支払う必要が出てきます。

年収が103万円以下、月収8万8,000円未満だと、所得税がかかりません。所得税がかかるようになってしまう年間の収入の「境界線」のことを、「103万円の壁」と呼んでいます。

親や配偶者などの「扶養家族」になっていることで、バイトで稼いだお金(収入)に対して「扶養されている人だから、お金を稼いでも103万円を超えなければ、この収入に対しては所得税をかけないよ」とされています。

扶養者も、扶養家族がいることで控除されている税金などがあり、扶養家族が103万円以上の収入を得ることで、受けられなくなる控除も出てきます。

月に8万8000円以上、年収103万円以上稼ぎたい場合は、親や配偶者の扶養を外れ、自分自身で税金を支払うことになります。もともと年収103万円以上を稼ぐつもりでバイトをしていれば、バイト先で所得税を「みなし」で支払ってくれ、年末にあなたの所得税を再計算して「年末調整」を行ってくれることが多いと思います。

所得に対して税金を払うことは、法律で決まっていることです。ただ「103万円」を少しだけオーバーしてしまい、扶養から外れてしまい、想定していなかった税金を払うことになる、という事態は避けたいものです。

このように税金がかかってくる、扶養から外れたりする年収の境界について「103万円、106万円、130万円の壁って!?」で詳しく解説しています。

ほかにも、年末調整や源泉徴収など、バイトとお金にまつわる知っておくべき知識「バイトの税金・年金・健康保険まとめ」も参照してみてください。

以下では、「年収を103万円以内に収めるつもりが超えてしまった」人のエピソードを紹介します。

(1)合計給料額を計算しないままシフトを増やした

ドラッグストアでバイトをしていた短大生のAさん(女性)は、週に2〜3日のシフトではたらいていたそうですが、なぜ103万を超えてしまったのでしょうか?

「バイト先はシフト制で、私は週に2〜3日、授業終わりの4〜5時間だけという勤務形態でした。

「103万円の壁」という言葉は聞いたことはありましたが、週に15時間程度はらたいて時給が1,000円なら関係ないと思い込んでいました。

ドラッグストアのバイトは楽しく、うっかりシフトを増やしちゃったんです。シフトに入ったぶんだけお給料は当然増え、気がつけば月に10万円は稼ぐようになっていました。

当時は親の扶養家族で、親から「バイトの年収が103万円を超えちゃうんじゃないの!?」と聞かれて今までの給与明細を確認してみると、まだ秋なのに合計額が90万円を超えていた状態でした。慌ててシフトを減らそうとしましたが、人手不足もあってなんだかんだと出勤してしまい、結局その年は年収が103万円を大幅に超えてしまい、親の扶養から外れることとなりました」(短大生・女性)

楽しいからと計画もなしにシフトを入れると、所得税を支払うことになり、同時に確定申告をする必要が出てきます。

Aさんの場合、自分の勤務時間や日数など予定を大幅に変更することがわかった時点で、まず月の収入予測を立て、年収をシミュレートし直すことが大切です。

(2)103万円には収まったけど、ちょっと後悔

「103万円の壁」を超えないようにセーブしてはたらいていた居酒屋で勤務をしている大学生・Yさん(男性)は、なんとか年収を103万円を超えないようにすることができたものの、ちょっとした後悔も残ってしまったそうです。

「毎月、交通費や深夜手当など含めて月9万円ほど稼いでいたところ、11月ごろに親から、年収103万円は超えていないか?と聞かれました。

そこで初めて、合計の給料額が103万円を少し超えるくらいだと親の扶養控除から外れて、自分で所得税を支払わないといけないということを知りました。

11月のシフトは既に確定していたので、このままだと11月終了時点の給料額が合計100万円を超えてしまいそうでした。

慌てて「年末は忙しくて……」と12月のシフトを大幅に減らし、なんとか年収103万円に抑えることができ、ほっと一安心しました。でもそのあとで、給与明細をよく見ていたら、交通費は所得税の課税対象とはならないということを知ったんです。

最初から知っていれば、12月も普段通りはたらけたかもな、と少し後悔しています」(大学生・男性)

Yさんは、年間の収入計画を最初から立てていなかったことと、交通費が所得税の課税対象外ということを知らなかったことで、後悔してしまったようです。

今回は「103万円の壁」を途中で意識してなんとか調整ができたようですが、意外と知られていないのが「給与明細に交通費の項目が明示されていれば、その額は所得税の課税対象に含まれない」ということ。

一方で、交通費を時給に含めるというかたちで時給が高めに設定されているケースでは、所得税の課税対象となります。この機会に自分がどういった形式で交通費をもらっているのか見直してください。

(3)時給を計算してバッチリ!……のはずが



コンビニで勤務経験がある大学生・Nさん(男性)は、バイトを始めたころから年収が103万円を超えないように気をつけていたそうですが、思わぬ落とし穴があったようです。

「バイトを始めたころから親からは年収が103万円を超えないように言われていたので、毎月シフトを組むときは綿密に計算していました。

いつも朝6時からシフトに入ることが多かったんですが、社員さんから「冬休みは人手が足りない深夜帯に入ってほしい」と相談されたんです。

そのときは、はたらく時間が増えなければ問題ないだろうと考え、12月に3日間ほど深夜のシフトに入りました。

それまでと同じように、103万円をオーバーしないようにしっかり計算し、12月は給料額が9万円になるようシフトに入ってバッチリなはずだったんです。

ところが、1月に入って給与明細を確認すると、給料は9万3千円。3千円もオーバーしていました。

慌てて店長に確認したところ、22時~5時の間に時給が25%増しになる深夜手当の存在を完全に見落としていました……」(大学生・男性)

ぬかりなく計算していたはずが、時給計算のなかに「深夜手当」を入れ忘れていたNさん。

お店が忙しいと残業を頼まれたり、Nさんのように深夜の時間帯や休日出勤などシフトの変更を頼まれる場合があると、割増賃金が支払われることになり、収入がアップします。

深夜労働や休日出勤の時給について詳しくは「深夜のバイト代はなぜ高い?」を参照ください。

最初から103万円ギリギリを狙うのではなく、少し余裕を持った金額設定にするといいかもしれません。

■まとめ

年収が103万円を超えると親や配偶者の扶養から外れ、所得税を払ったり確定申告をする必要がでてきます。

「年収を103万円以内に収めてはたらきたい!」という人は自分の収入を見直すとともに、今回紹介した先輩たちの経験談を参考にしてみてください。

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!