免許とりたて&未経験OK!

夕方狙いめデリバリーバイト

新しい環境で心機一転アルバイト!と思う人も多いと思います。勤務初日って不安や緊張がありますよね?今回は、新しい環境にドキドキしがちなアナタのために、初バイトや未経験でも不安なくはたらきだせる「デリバリーバイト」に注目!! 初バイトや未経験でも安心できる理由はなんでしょうか、その真相に迫ります。

デリバリーバイト
“初めての人”でも大丈夫です!
  • 未経験でも
    大丈夫
    なのかな

  • 希望のシフトに
    入れて
    くれるかな

  • 私でも作業に
    ついて
    いけるかな

初バイトの時ってこんな不安ありますよね〜
デリバリーバイトが初バイトの人でも大丈夫だと、
伊藤さんが考えるワケ
  • 夕方シフトが
    重宝される
  • 運転初心者でも
    即戦力になれる
  • 配達ルートは
    自分で選べる
取材協力

名前:伊藤勇磨さん
勤務歴:5年
職業:大学4年生

なぜ初バイトでも大丈夫だと思ったのか、
聞いてみました

「希望のシフトに入れてくれるかな」
なんて不安ナシ

夕方以降が注文のピーク学校帰りの学生がシフトに入りやすい!

デリバリーバイトは
夕方シフトが狙い目だった

注文が集中するのはお昼と夕方。デリバリースタッフもその時間帯に合わせてシフトに入ります。とくに忙しい夕方以降は、学校が終わってから入れる学生スタッフが中心です。また、年末年始やゴールデンウィークは年間でもっとも忙しい時期。こういう時期はちょうど学生も休みなので、お昼前からシフトを組む人が多くなります。平日は学校に合わせてはたらける時だけ、休みの日に用事がなければタップリ稼ぐ。そんな自分の都合を優先する使いわけが可能なのが、デリバリーバイトの大きなメリットです。

学校が終わってからバイトに入るまで、
自分の時間がつくれるのがいい

平日は学校があるので週1、2回というペースで入っています、17:00〜22:00というシフトが基本ですね。僕の場合、大学の授業を3限目くらいで終わるようにしていて、家に戻って軽く食べたり、学校帰りに友だちとどこかに寄ったりすることもできるようにしています。夕方からだと、学校から慌ててバイト先に直行するという、余裕のないスケジュールではなくて、遊んだりひと息ついた後でシフトに入れるのがいいですね。

「バイクの運転初めてだし、大丈夫かな」
なんて不安ナシ

免許とりたてでも大丈夫スタッフの大半が未経験スタートだった!

デリバリー用のバイクは
実はとっても乗りやすい

デリバリーバイトの特徴は、なんといっても独特のバイクです。原付免許で運転ができますが、一般の原付バイクとはちょっと勝手が違います。特徴は重い、車幅が広い、ルーフがある、後輪がふたつで、それぞれの1文字目を取って「おしるこ」と言います。これだけ聞くと「なんだか難しそう」と思うかもしれませんが、全然心配いりません。重さや車幅は走行に安定感を生みますし、ふたつある後輪のおかげでカーブも曲がりやすいんです。しかもルーフは雨風を防ぎますし、慣れると、こんなに乗りやすい原付はありません。このバイトを始める人のほとんどが未経験者で、女の子も少なくないんですよ。

寒さも雨も平気 
小さなクルマに乗っている感覚

高校2年のときに取った原付免許を活かせるバイトをと思い、デリバリーを選びました。ただ、最初は不安もあったんです。バイト自体初めてだったし、免許も取ったばかり。でも、運転は数日で慣れました。普通の原付バイクより、安全で快適だと思います。よく友達に「寒くない?」「雨の日は大変だよね?」って聞かれるけど、ルーフのおかげで雨の日も走行中はあまり濡れませんし、寒さも結構平気なんですよ。たとえると、窓全開で車を運転しているような感じです。

「道に迷ったらどうしよう」
なんて不安ナシ

無理のないルートで配達道は少しずつ覚えていけば大丈夫だった!

初バイトの人でも、
道に迷わない方法があった

デリバリーのシゴトでもっとも大切なことは、注文の品を、間違いなく時間内に届けること。そのために、まず地図で届け先を確認し、自分でルートを決めていきます。この「ルートを自分で決める」というのが難しいんです。でも最初は先輩スタッフと一緒に配達に出ますし、道に迷わないように、わき道や小道を使わず、大きな通りを使って配達をしていきますので安心だと思います。経験をしていくうちに道は自然と覚えますし、一度に3カ所、4カ所のデリバリーも平気でこなせるようになります。さらに、予定どおり配達できたときの達成感や、届け先のお客さんから「うわあ、おいしそうだね」と喜ばれたりと、配達ならでの楽しさもあるんです。

自分なりのルート開拓で時間短縮 
運転の楽しさも味わえる

僕もそうですけど、このバイトは長く続けている人が多いんです。たぶん、デリバリーそのものが楽しいからだと思います。たとえば途中赤信号になったら別のルートで行くとか工夫して、届けるタイムが縮まる。これがうれしいんです。新しい道の発見も楽しいですね。それと、天気のいい昼間とか、バイト中なのに、のどかな気分になって(笑)バイクに乗ること自体も楽しくなる、そんなバイトなんです。

編集後記

取材する前は、道に迷ったり大変なのかなと思っていました。しかし、わき道を極力使わず、大きな通りを使って配達するなど道に迷わないように工夫をしながらスタートをするんですね。特に、デリバリーバイトは長く続ける人が多いのが特徴で、取材したお店でも4年目・5年目など長く続けている人がたくさんいました。はたらき出したらアナタもハマるかもしれませんよ!

取材・文:清水京武 撮影:田口大輔 取材協力:宅配寿司 銀のさら/茅ヶ崎寒川店
※2010年4月12日現在の情報です。※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。

ほかの「バイトレポート」を見る

関連記事

おすすめコンテンツ