職種

はたらいて実感! 食品販売バイト“やりがい”エピソード

デパ地下などで惣菜やパン、ケーキなどを販売するお仕事“食品販売”。商品が陳列されているショーケースの前での接客が中心の仕事内容ですが、カフェなどの飲食やアパレルなどの販売バイトと、同じ接客でも“食品販売”のやりがいはちょっと違うんです。そこで今回は実際に働くスタッフの方に、そのならではの仕事のやりがいについて聞いてきました!

おいしい節約体験談はコチラ!おいしい節約体験談はコチラ!
飲食やアパレルと同じ接客のお仕事だと思っていました

このお仕事をする前は、ファストフードやアパレルのショップ店員でバイトをしていました。このお店のお菓子が大好きだったということと接客という仕事が好きだったのでこのお店に応募したんです。接客は過去のバイトで経験しているので働く不安はあまりなかったですね。仕事内容が同じ接客なので、「やりがいも同じだろうしいいな」と思っていました。でも実際働いてみると異なるやりがいがあることに気がつきました。

老若男女、お客様の層が幅広い

実際働くと、お客様の層が違うことにすぐ気がつきました。今までのバイトはどちらかというと若者、学生さんが多かったんですが、ここでは老若男女、幅広いお客様がいらっしゃいます。だから、接客マナーをより丁寧にすることを心がけました。また、お客様が購入される商品の用途も、自分用、家族用、お客様用などさまざま。しかも、実際にお食べになる方の年齢もさまざまですから、それぞれのお客様の要望に対して的確な商品の提案が求められる難しさがありました。でもだからこそ、自分の提案を気に入っていただいたときに感じるやりがいは大きいです。私を指名して購入してくださるお客様もいらっしゃって、うれしいですね。

ただ食べていただくのではない“試食”というアプローチ

アパレルや飲食店とは違って、購入意欲があって来られる方ばかりじゃないのがこの仕事特有なんじゃないでしょうか。そんな“たまたま通りかかったお客様”にお店の商品の興味をもってもらうのも大事な仕事のひとつ。その方法として“試食”というアプローチがあります。オススメしたい商品を試しにお客様に味わってもらうのですが、これが難しい。ただ、食べていただくのではなく、いかにこの商品に興味をもっていただくかが問題なんです。私の場合、「プレゼントに」や「勤務中のおやつに」など商品の用途や情報をお伝えするようにしています。たとえば「あら、おいしい」「お子様に人気なんですよ」「そうね孫がよろこびそうね。これいただくわ」となると、自分が作ったお菓子のようにうれしくなっちゃいますね。

食べないとわからない味をいかにお客様にお伝えするか

すべての商品が試食できるわけはないので、実際に食べなくても、お客様と味の共有ができたときにもやりがいを感じます。服の場合は、試着ができなくても、鏡を見ながら服を体にあてて似あうかどうか確認できますけど、食べ物の場合はそうはいかないですよね。だから、「チョコのコーティングの中にはチョコのムースとバナナが入っていて…」など商品の情報を細かくお伝えします。でも、ただお伝えするのではなくて手振りを交え、感情を込めてお伝えするようにしています。そのほうが伝わりやすいんじゃないかと思っています。実際、購入されるお客様も多くいらっしゃるので、商品のおいしさが私を通して伝わっていると感じられてとてもうれしいです。

食品販売ってこんなにやりがいに感じることが多いとは思わなかった

扱っている商品が“食品”であるからこそ、その扱い方に慎重さと丁寧さが求められます。すこしの衝撃でくずれて商品にならなくなりますから、箱詰め作業とかかなり慎重ですよ(笑)。うまく箱詰めできたときもうれしいですね。あといかに商品をおいしそうに見せるかも大事なポイントでもあるんです。ケーキの場合、一番美しいという角度があるんです。ケースにならべるときとお客様にお見せするときは気をつけています。食品販売ってこんなにやりがいに感じることが多いとは思いませんでした。ただ人と触れあうだけではないお仕事。これからもこのお仕事を続けていきたいと思っています。

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトレポート >  はたらいて実感! 食品販売バイト“やりがい”エピソード