職種

一流の接客スキルが身につく ホテルフロントの仕事

レベルの高い接客が身につくというホテルバイト。でも、実際にどんな接客スキルが身につくか、わからないですよね。そこで今回はホテルのなかでもとくに接客スキルが身につきやすい、フロントの仕事に注目!どういう仕事をすると一流の接客スキルが身につくのか実際に働く現役バイターの体験をとおして接客のプロに解説してもらいました!!

今回ご協力いただいたのはコチラ!

現役バイター 田村 友紀さん接客のプロ 佐野 由美子さん
ホテルフロントで身につくスキルはこの3つ!
お客様の様子・行動に気を配ることで、敬意をもって接する一流の礼儀作法をGET!

チェックインのときはルームキーのご説明やレストランなどホテル内の施設のご案内など、お客様にご説明をすることが多いので、マニュアルどおりの話し方で流れ作業になってしまいがち。でも、それではお客様に対し失礼にあたるので、お客様がちゃんと説明したことを理解しているか、宿泊台帳への記入が完了しているか、常に気を配ることでお客様に対し“敬意をもって接する”ことにつながり、お客様にも満足していただけるようになりました。

フロントは対応してくれる人の接客態度で、そのホテルの印象が決まってしまう、というくらい大切なポジションです。どんな状況、どんなお客様に対しても“敬意をもって接する”ことが第一条件です。プロらしい身だしなみ、笑顔、 会話、気配り、気転、温かい態度で誠実に接する姿がお客様に好感と信頼をあたえます。

混雑していてもお客様ひとりひとりに丁寧かつ臨機応変に接することで、一流の対応力をGET!

チェックアウトの時間帯はそのお客様のほかに、預けた荷物を引き取りにきたお客様などさまざまなお客様がいらっしゃるのでフロントが混雑します。そのため、最初はどう対処していいのか混乱しましたが、たとえば荷物の預かりタグをもっているお客様は荷物を引き取りにきている方なので、先に対応した方がお待たせしないで済むことがわかり、次第に臨機応変な対応ができるようになりました。またご対応する際は、丁寧に接することを心がけることでお客様に不快な思いさせないようにすることも自然に身につきましたね。

基本的にお客様をお待たせしないことが一番ですが、状況によってはお待たせをしてしまうことがあります。そのときにお客様ひとりひとりに誠実に接することが大事です。また、どんなお客様がお待ちになっているか状況を見て行動することで、お待たせする時間を少しでも短くできるように動くことができれば、プロの対応力と言えるでしょう。

お客様の求めていることに対して自分のできる範囲のご提案をすることで、一流の提案力をGET!

ホテルの場所から海外のお客様も多いので、ホテル内のご質問やご要望以外にも、お金の換金のことや荷物のおすすめの観光スポットに関することなど、さまざまなご質問・ご要望があります。最初は戸惑うことが多かったのですが、お客様がなにを望んでいるのかを考えてから、自分のできる範囲でお答え・ご提案することで、結果的にお客様に満足していただくことができるようになりました。

ホテルではすべてのお客様のご要望に「NO」と言わない信念をもって応対することが大事です。そのためには接客のプロとして、お客様の期待以上の 答えやサポートを提供できる「提案力」が必要です。日ごろからの広い情報収集やよきネットワーク作りを、活用できるようになれば、一流の接客と言えるでしょう。

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトレポート >  一流の接客スキルが身につく ホテルフロントの仕事