白幡いちほインタビュー

人気のYouTuberにインタビュー

悔いのない人生!と言い切れる生き方を

白幡いちほ

宅配ピザ『ピザハット』でバイト体験をしたYouTuberの白幡いちほさん。YouTuberというシゴトについて語っていただきました!

Q. YouTuberになったきっかけは?

小学5年生のときに芸能の世界に入り、モデル、芸人などを経て3年前からアイドル活動をしています。YouTubeをはじめたきっかけは、私が無類のゲーム好きだと知る放送作家さんが「ゲーム実況動画を一緒につくらない?」と誘ってくださったこと。テレビの番組制作をしている人たちとチームを組み、私が表に立ってゲーム実況をし、ほかのメンバーが編集する役割分担のもと、YouTuberデビューをしました。

実況したのは、トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』などで、これがもう楽しくて、見事にはまっちゃったんですよね。そのチャンネルは残念ながら1年弱でクローズしてしまったのですが、これで辞めるわけにはいかない!心機一転、自分のチャンネルを立ち上げて再出発することにしました。

機械音痴の私がどこまでできるか不安はありましたが、『MacBook』に入っている『iMovie』や、動画編集アプリ『完璧なビデオ』を使えば、意外と簡単に編集できることが判明。現在は、個人のチャンネルと、リーダーを務めるアイドルユニット『劇場版ゴキゲン帝国』チャンネルの両方を運営しています。

Q. 動画制作の魅力はなんですか?

YouTubeの魅力は、普段アイドル活動をしているだけでは出会えない人々と交流できることです。たとえば、彼らは「白幡いちほ」ではなく、ゲーム実況に興味がある人たち。コメント欄を通して彼らとゲームにまつわる情報を交換するのはすごく楽しいです。それと、映像を通して自分を客観視できるのも動画制作の魅力です。自分の口癖やトーク力を見直す良い機会になっています。

また、動画の世界はトレンドに敏感で拡散力も絶大です。たとえば今年2016年は『ポケモンGO』に夢中になっていた視聴者が、いつのまにか『PPAP』にハマって、次は「恋ダンス」が流行る、というように、世間の関心をリアルタイムで認識することで、自分たちの表現も少しずつ変わっています。

最近つくった動画でヒットしたのは、『劇場版ゴキゲン帝国』のメンバーが、細く捻じったティッシュペーパーを鼻に突っ込んでくしゃみをする 動画(笑)。シンプルすぎてテレビではやらないことを、視聴者は喜んで見てくれることに驚きました。YouTubeのコアなファンは、何かに爆笑したくて動画を見るというより、寝る前などのリラックスタイムに、頭を使わず楽しめる何かを探しているんですよね。つくり手である私も、なるべく肩肘張らず、ゆる~い空気感でカメラの前に立つよう心がけています。

Q. YouTuber以外にどんなシゴトをしていますか?

私は事務所に所属しないフリーランスのアイドルです。楽曲や衣装づくり、ライブのブッキングなど、すべてセルフプロモーションで行なっています。2016年の8月までは個人レーベルにお世話になっていたのですが、フリーになったほうがやりたいことをスピーディに、しかもストレートに表現できると思い、現在のはたらき方を選びました。

私がリーダーとして活動している『劇場版ゴキゲン帝国』は「ストレス社会と戦う」がモットーです。私たちがファンのかたがたの気持ちを代弁してライブで一緒に盛り上がり、「明日また頑張って生きていこう!」と思ってもらえることが一番うれしい。もしかしたら、レーベルに所属しているほうが、売れる手法に沿った効果的なプロモーションをしてもらえるかもしれませんが、大切なのはやりたいことを自分の力で実現すること。今の環境が気に入っています。

Q. これまでにどんなバイトをしましたか?

ファミレス、居酒屋、ボーリング場、ファストフード、ゲームセンター、引越スタッフ、カフェなど、さまざまなバイトを経験しました。中でもおもしろかったのは、アニソン専門のカラオケバーです。コスプレをして、お客さまが歌っている隣でタンバリンを叩いて盛り上げる役だから、コスプレとアニメ好きの私にとっては趣味の延長線上のようなバイトでした(笑)。

また、幼いころから芸能活動をしていたせいか、人前に立つことが平気なんです。ボーリング場でバイトをしていたとき、ブラックライトに照らされたレーンでストライクを狙うイベントのマイクパフォーマンスをしたことも。楽しかったなあ~。それで気がついたんですけど、私は大勢のお客さまを相手にMC役を務めるのが好きなんですよね。今のアイドル活動に通じるところがあるということは、バイト時代から覚醒がはじまっていたのかもしれません。

Q. 今後やっていきたいことは?

私が大好きな漫画『最遊記』に、「人生なんざ元々死ぬまでの悪あがきだろ」という名台詞があります。この言葉に出会ったときに、せっかく生まれてきたからには後悔したくない、楽しいと思えることをして生きていくんだ!と決意しました。フリーランスになったのも、そんな想いがあったからです。

私の目下の課題は『劇場版ゴキゲン帝国』のオリジナル楽曲のミュージックビデオをつくってバズらせること。直近で撮影したのは楽曲「大切なお知らせ」で、渋谷に102名のアイドルファンに集まってもらい撮影したこと。「 大切なお知らせ」という言葉は、アイドルの卒業をブログでお知らせするときのお決まりのタイトルです。全国に約3000組いるといわれているアイドルの中で、特にライブを中心に活動する「地下アイドル」は、わずか半年で顔ぶれがガラッと変わる実情があり、「推しメン」が卒業したりグループが解散したりする度にファンは悲しい思いをしている。その気持ちを歌詞にしました。

集まってもらったアイドルファンの人たちに、思いの丈をスケッチブックに綴ってもらいスライドショーで流す動画は、かなり見応えのある作品となりました。「周りのオタク仲間がすごく優しくなる」「元気な子どもを産んでね」「戻ってくるまで待ってて…で、いつまで?」などなど。みなさんのユニークなコメントに助けられました!アイドルファンを主体にしているミュージックビデオは唯一無二だと思うし、ほかにもこんな奇想天外な構想がたくさんあるんですよ(笑)。

おもしろいことをしていると、周りのかたも快く協力してくれます。そんな協力してくれるかたやファンのかたに、どう恩返しをしていくか……。まずは、自分たちが楽しいと思えることを、一つひとつカタチにしてみなさんにお届けしたいと思っています。

Tips You Tuberのマストアイテム!!

「ユニーク柄の帽子」

6時間×4回ブリーチしてようやく手に入れた水色ヘアを隠すための必須アイテム。帽子をかぶらないと目立ちすぎて外を歩けない(笑)。大胆かつユニークな柄が大好きで、『CA4LA(カシラ)』の商品を良く買っています。

白幡いちほ
白幡いちほ

白幡いちほ

東京都出身。“元お笑い芸人”という異色の経歴の持ち主。2013年3月より、4人組アイドルユニット『劇場版ゴキゲン帝国』のリーダー。ゲーム実況や、愛する爬虫類を観察する動画が人気。

白幡いちほさんが宅配ピザ『ピザハット』でバイト体験!

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイト×動画 >  白幡いちほインタビュー