履歴書

履歴書を入れる封筒の書き方は、履歴書と同じく「略さず」「ていねいに」がマナー

履歴書を入れる封筒の書き方は、履歴書と同じく「略さず」「ていねいに」がマナー

履歴書を入れる封筒の書き方は、履歴書と同じく「略さず」「ていねいに」がマナーです。バイト以外にも就活や転職活動にも役立つ、履歴書を郵送する際の封筒の宛名の書き方と注意点を図解します。受け取った人の印象を良くする、採用に一歩近づく封筒が作れます。ポストに投函する時は切手の添付も忘れずに!

履歴書封筒マニュアル

面接までに履歴書を郵送する場合は、封筒の書き方にも注意します。
封筒に書かれた文字は、採用担当者がイチバン最初に目にします。自分に送られてきた郵便物の住所や名前が、雑に書かれていたり、間違っていたりすると、イヤな気持ちになりますよね。履歴書も同じ。受け取る相手のことを考えて封筒を作成します。「ウマイ・ヘタ」ではなく「丁寧に」が大切です。

封筒の表

①封筒
白や茶色の封筒を使うのが一般的。履歴書が3つ折り程度で入るものを使います。何度も折りたたんでしわになった履歴書を提出するのは非常識です。
履歴書は大切な個人情報が詰まっている書類。透けないような厚手の封筒か、二重になっているものを用意します。
購入した履歴書に封筒がついていれば、それを使います。

②切手
料金不足にならないよう注意。不足すると期限までに届かない恐れがあります。投函時には郵便局に行き、重量を量ってもらって切手を買えば間違いがありません。

③住所
都道府県や番地などを省略するのはNG。ビル名や階数までしっかり書きます。郵便番号も忘れずに。

④宛名
企業名、担当者名は住所より大きい文字で書きます。
企業名は(株)などを用いて省略しないように。
宛名が
人事部など部署名の場合は「御中
担当者名の場合は「
をつけます。
特に指定されていない場合は「採用ご担当者様」にします。

⑤「履歴書在中」
応募書類であることを示すために、「履歴書在中」「応募書類在中」と、封筒の左端に赤字で書きます。

封筒の裏

⑥封をしたら
中央に「〆」と密封マークを入れます。

⑦差出人名
自分の住所も省略せず、丁寧に書きます。

提出前の最終チェック

封筒に履歴書を入れる前に、最終チェックです!
記入もれ、誤字・脱字がないか、いま一度徹底的にチェック!
あいまいな箇所は辞書で確認を。間違いを見つけたら、二重線や修正液で消したりせず、新しく書き直します。シミや汚れを付けてしまった場合も同じです。
中身を読んでもらう前にマイナスイメージや不快感を与えてしまうことのないよう、十分に注意します。

18歳未満の人は「保護者の許可」がないと断られる場合があります。応募条件に「保護者の許可が必要」とある場合は、必ず記入してもらうようにします。

面接時に履歴書に書いた内容と違う話をしないように、また面接までに質問と答えのイメージトレーニングができるように、提出する履歴書はコピーをして手元に持っておいてください。

まとめ

履歴書を郵送する時の注意事項は、「略さず」「ていねいに」がポイントでした。封書で郵便を出す機会があまりなかったという人も多いと思いますが、ここで紹介した内容はビジネスマナーですから少し堅苦しい内容に思えるかもしれませんが、このあと就活・転職活動を控えている人や、社会人になっても必要とされる内容です。いい機会ととらえて、覚えてしまうといいですね。履歴書と同様、封筒の両面もコピーを取っておくことをおすすめします。

「履歴書」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 履歴書 >  履歴書を入れる封筒の書き方は、履歴書と同じく「略さず」「ていねいに」がマナー