?

履歴書

志望動機~学生編

志望動機の書き方例/学生

どんな志望動機であれ、前向きで「はたらきたい!」という気持ちが伝わってくるものならOK!学校で勉強していること、趣味や特技を活かしたいというのも◎です。

通いやすい

通学路にバイト先があったり、家が近かったりというのは、継続してはたらける大きな理由のひとつ。通勤・退勤がしやすく、安全だというのはバイト先にとっても安心できるポイント。他のポイントと合わせて書くとより効果的です。

例)
通学路の途中にあるので、休日も通いやすく、定期券も使えると思い応募しました。何度か友人と利用したことがあり、お店の雰囲気や接客に「自分もはたらきたい」と思っています。

稼ぎたい

「目的のためにお金を稼ぎたい!」というのは大きなアピールポイント。「一生懸命がんばってくれるだろう」と思ってもらえるはず。期限や目標金額などを明記するとなお良いです。

例)
1年後の夏休みに短期留学をしたく、それまでに▲万円を貯金するのが目標です。

例)
大学入学を機にひとり暮らしを始め、生活費をできる限り自分で稼ごうと思い、長く続けられるアルバイトを探しています。

好きなシゴトです!

将来就きたいシゴトに近いバイト、自分の夢を叶えられるバイトだからはたらきたいというのは、意欲や熱意が伝わりやすいもの。具体的に書くほどGOOD!

例)
料理をするのが大好きで、将来は料理の専門学校に通おうと思っています。それまでに少しでも経験を積みたく応募しました。

経験を活かしたい

はたらいた経験はないけれど、今までにしてきたクラブ活動や学校での活動の経験が活かせるというのは、バイト先にとっても信頼度が増します。

例)
高校時代は英会話クラブに所属しており、短期留学も経験したので、英語は得意です。家庭教師ならこの経験が活かせると思い応募しました。

短期バイトをしたい

長期休暇がある、学生ならではの時間の使い方ができるのが短期バイト。しっかりシフトに入れることをアピールすれば採用に近づきます。

例)
普段は学校があるため、なかなか時間が作れないのですが、こちらの年末年始のアルバイトであれば全日程はたらくことができます。

特殊なシフトだからこそやってみたい!

進路が決まって卒業を待つだけの期間なら、たくさん短期集中でしっかりバイトできますよね。定期テストやクラブの試合などを考慮しなくていいのは、バイト先でも安心です。

例)
夏に部活を引退しました。勤務時間が、これまで朝練で学校に通っていた時間と同じなので、問題なく通えると思い応募しました。すでに進路も決まっているので、卒業までしっかりはたらきたいと思っています。

将来のために役立てたい

どんな志望理由にも、この内容をあわせて加えておくと、さらにGOODです。しっかりと将来を考えているという好印象にもつながります。

例)
サークルで大学新聞を発行しています。将来は新聞記者になるのが目標です。「記事の校正や簡単な取材」という業務内容に興味を持ちました。出版の現場に関わり、将来に活かせる経験をしたいと考えています。

バイトノウハウTOPへ

おすすめ

記事ラインナップ

もっと見る

タグ

おすすめコンテンツ

トップ > バイト・シゴトのなんでもガイド > バイトノウハウ > 履歴書 > 志望動機~学生編