履歴書

バイト応募のための履歴書を書くのに必要なものは4つ、チェックポイントは3つ

バイト応募のための履歴書を書くのに必要なものは4つ、チェックポイントは3つ

履歴書は初対面の採用担当者に自分を知ってもらえるアイテムです。履歴書を書く前には履歴書、筆記用具、証明写真、印鑑等を準備します。各項目に記入する内容の確認も必要です。手書・PCどちらでもOKです。丁寧に読みやすさをこころがけて作成します。

履歴書ってなんで必要なの?

バイトに応募する際、ほとんどの職場から提出を求められる必要書類が「履歴書」です。では、どうして履歴書が必要なのでしょうか?
履歴書とは、自分のことを紹介するオフィシャルな書類です。採用担当者にとって、応募をしてきたあなたやその他大勢の応募者は、初めて会う人ばかり。その多くの人の中から、職場にとって必要な人材を見極め、採用しなければならないのです。そのための判断材料となるのが、面接や履歴書です。面と向かって話をする面接と違い、履歴書は文章だけで構成されているため、そこに書かれた自己紹介の内容を読めば、主観を交えず客観的に応募者を判断できるというメリットがあります。
また、どの書式を使っていても、ほとんど記載されている項目は同じなのが履歴書の特徴。採用担当者にとっては、効率よく、また応募者を客観的に比較しながら選考することができるのです。
逆に、応募する側の立場から考えれば、履歴書は初対面である採用担当者に自分を知ってもらえるアイテムです。コツを押さえて上手に書くことができれば、採用担当者への効果的なアピールが可能です。
応募する側、採用を決める担当者、どちらにとっても履歴書には大切な情報が詰まっています。そのため、多くの応募で履歴書を必要としているのです。『an』でも最近「履歴書不要」という求人広告を見かけるようになってきました。「ん?履歴書不要ってなんだ!?まさか怪しいバイトじゃないよね?」、大丈夫です、怪しくありません!WEB募集の場合、応募フォームに記入した内容が履歴書の代わりになる場合があります。面接の当日に専用フォームに入力したり、面接時に簡易的な履歴書類などに記入する場合もあります。応募・面接の際に必要な最小限の情報でOKで、書式が「履歴書」と違うだけということですね。「バイトの応募方法はWEB・電話・メールの3パターン。ポイントとメリット・デメリットは?」も参考にしてください。

履歴書を書く前の準備

自分をPRできる重要なアイテムである履歴書。ちゃんと準備をしないでいきなり書き始めても、効果的な履歴書は作成できません。では、書く前にどんな準備をすればいいのでしょうか?

準備するもの

履歴書
求人情報の応募要項に指定の書式があればそれを使用します。履歴書はコンビニや文房具店、書店で購入できます。「履歴書」として売られているものならどれを使っても構いません。履歴書は大きくわけて3種類ありますが、アルバイトやパートの求人募集の提出用には「バイト・パート用の履歴書」を選ぶのがベストです。

<履歴書の種類と特徴>

・ JIS規格の履歴書
万能型。就職・転職・バイト・パート、どの応募にも使えます。学歴・職歴など、経歴欄が多いのが特徴です

・ バイト・パート用の履歴書
はたらける曜日や時間を記入する欄があるのが特徴です。シンプルなので記入しやすいメリットがあります。就職・転職には向かないので注意

・ 転職者用の履歴書
「職務経歴書」がセットになっていることも多いのがこのタイプです。転職理由の記入欄や取得資格やスキルについての記載欄が豊富に設けられています。詳細に自己PRしたいときにはバイト用に使うのもアリですね。

購入しなくても履歴書を入手する方法があります。『an』でも無料で履歴書をダウンロードできます(「履歴書図解マニュアル」 )。求人広告をよく読んで、応募先の条件(例:履歴書のサイズや記入すべき項目があるかどうか)が合致しているかをチェックして活用してください。バイトの場合、就職や転職の際には必須の「職務経歴書(職歴書)」を提出することを求められることはほとんどありません。バイトをたくさんしていて、職歴欄が足りないようなときは別添で職歴書を用意しても問題ありませんが、履歴書の職歴欄や資格・スキル欄などを活用して、1枚の履歴書に自分の経歴をまとめられると「たくさんの職歴を上手にまとめているなあ。こういう人なら、シゴトの効率も良さそうだな」と採用担当者の印象アップが狙えます。

履歴書が手元にない場合は、市販のものを購入するか『an』でダウンロードするという選択肢を紹介しましたが、卒業した大学オリジナルの履歴書が残っていたら、あなたならどうしますか、使いますか?すでに大学を卒業しているのであれば、採用担当者には「余っているから使ったんだな」と思われることは避けられません。あなたのバイトに対する熱意や誠意が伝わりにくい・伝わらないことが考えられます。塾講師や研究職のような学歴を重視するようなシゴトの場合、まれに大学の履歴書を指定することがあるようです。こういったレアケース以外は、卒業後は市販の履歴書か『an』のダウンロードサービスを利用して、自作の履歴書を活用してください。
筆記用具
履履歴書は直筆が原則。清書は黒インクのサインペンか水性ボールペン、万年筆で行います。にじまないよう注意。
証明写真
過去3ヶ月以内に撮影したものを貼付。スナップ写真の切り抜きやプリクラはNG。
詳しくは「履歴書の証明写真」ページへ
印鑑
履歴書に押印が必要な場合は用意します。

書く前の準備

日付のチェック
履歴書を郵送する場合は、締切や応募期間を要チェック。締切から逆算して、余裕をもって郵送できるように作成します。
卒業年月日など、自分の情報をチェック
履歴書の学歴・職歴を記入する欄は重要項目。自分の卒業年月日など、西暦と年号を間違えないように、早見表などを活用してチェックしておきます。「学歴って、バイトに何が関係あるの?」。バイト先に学歴を提出することの意味は、なんだと思いますか?学歴で採用・不採用が決められることは、一般的にはありません。塾講師や専門職などでは最終学歴を重視する場合もあるようですが、その場合は募集条件に必ず明記されています。履歴書に学歴を書く理由は、義務ではなく、あなた自身の自己アピールのためだと考えてください。「理系・文系」「専攻」「留学経験」などのあなたが経験してきている履歴が、シゴトに直結し役立つことがあります。そこをアピールすれば、採用により一層近づきます。→詳しい履歴書の書き方については「バイト履歴書の学歴・職歴欄の書き方と様式は就職・転職にも活用できる!」のページを参考にしてください。
詳しくは「入学・卒業早見表」ページへ
履歴書の各項目をチェック
各項目をしっかりと確認し、記載する内容を考えます。PCやスマホを利用して作成しておけば、編集も簡単ですし、今後も応用して使えるので便利です。応募先の職場がどんな人材を求めているか、どんな応募者なら採用したいと思われるかを自分なりにイメージして考えます。応募の情報や、応募先のWebページなどを参考にするのも有効です。
詳しくは「履歴書の書き方」ページへ

手書きの履歴書とPCで作成した履歴書、どっちが受かりやすい!?

履歴書は、郵送する以外にも、最近では専用サイトで履歴書を作成して応募できる場合や、インターネット上で履歴書を作成できるサービスも多くあります。また、PCやスマホで履歴書が作成できるサービスやテンプレートも多く配布されています。
では、手書きの履歴書とPCで作成した履歴書、どちらの方が採用されやすいでしょうか?答えは「どちらも同じ」です。もちろん、「手書きで」「PCで作成」と指定がある場合はそちらで作成しなければなりません。履歴書で大切なのは「この人にはたらいて欲しい」と採用担当者に思ってもらうこと。そのために「いかに効果的に自己PRができているか」が重要なのです。その点は手書きでもPCでも変わりありません。
ただ、手書きの場合は「ウマイ・ヘタではなく丁寧に」書くことが大切。同じように、PCで作成する場合は、フォントを統一する、読みやすい大きさを心がけるといったことが重要です。どちらも「自分のことをしっかりと相手に伝える」のが目的。読む相手をイメージして作成するのが重要です。

応募した履歴書のその後

バイト先に提出したあなたの履歴書は、その後、どうなるのでしょうか。応募書類の取り扱いについては、バイト先ごとにルールがあります。 「不採用の場合は返却」「不採用の場合は、シュレッダーにて処分」「採用者の書類は名簿化、履歴書など応募書類は返却」「採用者の書類は退職後3年間まで保管」といった具合です。採用された場合は、そのままお店や会社に保管されているのが一般的です。上記のように個人情報の取り扱いは、バイト先によってさまざまです(法令などで厳密に決められていません)。採用後・退職後にどのように保管されているのか気になる人は、バイト先の人に確認しても問題ありません。最近は特に、個人情報の取り扱いに関して厳しくなっていることを受け、面接が終わるとその場で全員に返却するスタイルも増えているようです。就職・転職と同様に、不採用だった場合は不採用通知と一緒に履歴書が返却されてくることもあります。いずれも面接時などに採用担当者から説明があります。履歴書の取り扱いについて何も説明がない場合や、応募書類の返却をしてほしい場合は、応募時や面接時に確認してもOKです。「応募書類を返却していただきたいのですが、可能でしょうか」と依頼します。ただし、返却された履歴書や証明写真などを流用するのはNGですよ。

就活・転職活動にも役立つ履歴書の書き方

履歴書を書くのに必要な4つの準備と、3つのチェックポイントを紹介しました。履歴書はあなた自身のことをまとめて紹介するオフィシャルな書類です。すべて自分のことですから、悩んだりすることは少ないはずなのに、いざ履歴書を前にすると「あれ?」となって、制作の手が止まってしまうことがあります。集中して仕上げるためには準備を整えておくと、ストレスなく書き進めることができますよ。「バイトノウハウ」には完璧な履歴書をつくる情報がすべてつまっています。しっかりチェックしてください(履歴書の書き方まとめ)。

「履歴書」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 履歴書 >  バイト応募のための履歴書を書くのに必要なものは4つ、チェックポイントは3つ