?

履歴書

大学生履歴書の書き方~年次・学部別

年次・文理別、大学生用の履歴書記入例

バイトだけでなく就職活動でも、履歴書の記入ではポイントをしっかりおさえておくことが大切。ポイントは、写真や学歴・職歴よりも志望動機や自己PRの内容にあります。応募先のシゴト内容や業界に焦点を合わせた動機や「やる気」、自分のアピールが書けていれば、履歴書は合格です。資格や学歴は「そのポイントの内容を補完し、より充実させる」ことを目指して整理して書けばOK。

今回は大学在学中の応募者用に、年次ごと、さらに文系・文理系・理系に分けて履歴書の書き方の見本を紹介します。

下記参考にアレンジを加えれば、自分らしさと「やる気」が伝わる履歴書が完成です。

証明写真の条件や撮影時の服装のコツなどはこちら→「履歴書の証明写真
細かい注意点はこちらを参考に→「履歴書の書き方
→「学歴・職歴の書き方」もあわせてチェック
→「入学・卒業早見表」もあわせてチェック!

年次・学部で共通すること

年次・学部にかかわらず、下記部分の書き方・注意事項は誰でも共通です。

学歴・職歴

→書き方は「学歴・職歴の書き方」もあわせてチェック!

免許・資格

取得している免許・資格がある場合は、正式名称で記入。国家資格や有名な資格でない場合も、シゴトに関連する・自己PRに使えるような資格は書いておきます。

本人希望記入欄

本人希望記入欄には、はたらける時間帯、はたらける曜日、休みが欲しい時期等、あらかじめ決まっている場合は、急に休むことになって迷惑がかからないよう書いておきます。併せて理由も書いておくようにします。

保護者欄

未成年の場合は必ず「保護者欄」に保護者のサインをもらいます。成人している場合は、空欄のままでOKです。

履歴書のダウンロードはコチラ

※志望動機・自己PRの欄が個別にない履歴書もあります。その際は「志望動機/」「趣味/」と箇条書きにしてもOK。志望動機と自己PRの内容をつなげて書いてもOKです。

大学1~2年生/文系の履歴書の書き方例

(庵野梨花/19歳)

学歴・職歴欄の書き方は「学歴・職歴の書き方」、入学や卒業年月日を記入するには「入学・卒業早見表」をチェック!
履歴書全体の書き方をおさらいするには「履歴書図解マニュアル」をチェック!

志望動機・特技・趣味・自己PRの書き方例

初めてのバイトの場合は、バイト先を選んだ理由や、そのバイト先で自分がどんな役割を果たしたいか、どう成長したいかをイメージして「やる気」をアピール。具体的に書くとよりGOOD!自分の性格や過去の経験が、そのシゴトにどう活かせるかを想像して書くとOKです。読んだ人が想像しやすく、また好印象に繋がるエピソードをチョイスしよう。

注意点

初めてのバイトの場合は、見栄を張ったり無理をすることなく、フレッシュな「やる気」をアピールすればOK。バイト以外の経験や資格でも、活かせそうなものがあれば、自己PRに組み入れよう

使える!

例にある履歴書のいくつかの部分は下記からコピーできます。自分の履歴書作成の参考にしてください

(志望動機)
大学の通学路にあるため、友人たちとよくお店を利用させていただいています。スタッフの皆さんの注文時の会話や、客席にいる時にしていただくさりげない声かけがとても気持ちがよく「きっとこれが何度も来たくなる理由なんだろうな」と思っています。私はアルバイト経験がないのですが、お店を利用する中で「初めてのアルバイトならこのお店がいい」と思うようになりました。

(特技、趣味、自己PR)
高校時代に生徒会活動をしていました。副会長を務めており、会長のサポートをしたり、生徒会全体の運営がスムーズに進むよう下準備をしたりという作業を頑張っていました。接客のシゴトで、お客さまのご要望を察したり、先回りをしてサービスをすると言うことに、その経験が活かせるのではないかと思っています。

(本人希望記入欄)
現在、大学で英会話サークルに所属しています。夏休みには海外合宿、10月には全国大会があるため、その時期にはお休みをいただきたいと思っています。お店が通学路にあるため、平日は講義前の朝の時間帯や夕方から夜の時間帯であればはたらくことができます。

大学1~2年生/文系さんの履歴書に使えるキーワード例

大学1~2年生はバイトのルーキーであり、ホープです。文学部や外国語学部から、経済学部、商学部、法学部と文系といってもさまざまですが、一般的なイメージとして、シフトの融通が利く、部活・サークル活動も活発に行っている、コミュニケーション能力が高い等があると思います。バイト未経験でもアピールポイントがたくさんです!

「大学生活とバイトの両立」(志望動機/自己PR)

例)
大学1年~2年の間は、学業もバイトも充実させ両立を目指します。

「暗記/暗算/記憶力」(特技)

例)
暗記が得意で、そのおかげで漢字検定一級も取得しました。バイトでも記憶力を活かしてシゴトを覚えます。

「英会話」「英語」(特技)

例)
映画が大好きなこともあって、英語を中心に語学に興味があります。独学ですが簡単な会話なら、英語と韓国語は話せます。

「カフェめぐり」(自己PR)

例)
休日は友人とカフェめぐりをするのが趣味です。お客さま目線で、どのような接客が喜ばれるのかを考えてはたらけると思っています。

履歴書が完成したら、封筒・保護者欄もチェック!」へ

大学1~2年生/文理系の履歴書の書き方例

(有場愛志朗/19歳)

学歴・職歴欄の書き方は「学歴・職歴の書き方」、入学や卒業年月日を記入するには「入学・卒業早見表」をチェック!
履歴書全体の書き方をおさらいするには「履歴書図解マニュアル」をチェック!

志望動機・特技・趣味・自己PRの書き方例

過去に似た職種でのバイト経験がある場合、関連しそうな業務内容まで書いておくと印象が良くなります。たとえば、コンビニバイトを経験していたら、販売ワークで必須のレジ操作やお客さまとのお金のやりとりに慣れていることが伝えられます。バイトが未経験でも、応募先のバイトで活かせる研究や活動があれば、自己PRでしっかりと書いておいてください。成功体験の具体的なエピソードを簡潔にまとめて書ければ、納得度が高まります。

注意点

似た職種の経験がある場合は、しっかりとアピールすれば安心感・信頼感を得られますが、前職の詳細を記入してしまうと「バイトを辞めるとぺらぺら喋ってしまうのかな」という不信感を持たれてしまいます。エピソードの選択は慎重にしてください。現在の大学での専攻や活動、将来志望している職種、取得している資格等と上手にリンクできれば、一貫性が感じられ、より納得できる履歴書になりますね。

使える!

例にある履歴書のいくつかの部分は下記からコピーできます。自分の履歴書作成の参考にしてください

(志望動機)
現在、大学で小・中・高の英語教師の教員免許取得を目指して勉強をしています。将来は、高校の英語教師か、学習塾に就職したいと思っています。大学1年生の夏に、家庭教師派遣センターに登録し、長期休暇期間の集中特訓として中学生2年生に英語を指導しました。「2学期の中間テストで苦手だった英語の成績が向上し、感謝している」というお手紙を父兄からいただいたとセンターから連絡を受け、とてもうれしかったのを覚えています。「個別指導だけでなく、集団指導も経験したい」と考え、応募いたしました。

(特技・趣味、自己PR)
大学のボランティア団体に参加し、学習サポートの活動を行っています。子どもたちと接し、苦手な教科について指導するという活動の中で、どうすれば心を開いて話を聞いてもらえるか、またその子がどんなところに引っかかりを持っていて、教科に苦手意識を持っているかということをつかめるようになってきました。この経験を学習塾での授業でも活かし、生徒の成績向上に貢献できる指導をしたいと思っています。

(本人希望記入欄)
土曜日と日曜日は、上記のボランティア活動を行っているため、授業を受け持つことができません。平日の夕方以降の授業であればシフトに入れます。また集団授業が希望ですが、個別学習も経験がありますので、もし担当できるようでしたら希望いたします。

大学1~2年生/文理系さんの履歴書に使えるキーワード例

人文科学、社会科学、自然科学等を中心に、体育学、芸術学、栄養学等の学部が文理系に分類されます。どの学部も、現代の社会生活に密接にかかわる学問で、日ごろの情報収集や自分磨き、スキルアップを行っている人が特に多そうな印象です。就活まで余裕のある1~2年生は、バイト先では確実に頼られる存在になりますから、経験ゼロも大学での専攻や向学心をアピールしたいですね。

「サークルの経験を活かせる」(志望動機/自己PR)

例)
サークルでは会計を任されています。細かい作業を正確に行うことは得意だと自負しています。

「将来、就きたいシゴトと同職種」(志望動機)

例)
将来は、営業職に就きたいと思っています。業界は決めていませんが、ぜひ貴社で将来に活かせる知識やスキルを身につけられればと期待しております。

「特技を発揮できそう」(自己PR)

例)
手先が器用で、DIYでいろんなものを造るのが趣味です。細かい作業も根気強く続けられるので、この性格はこちらのシゴトに向いているのではと思いました。

「幅広い知識がある」(自己PR)

例)
大学では文理系の学部に通っているので、幅広い知識を学んでいます。そのおかげか、会話の引き出しが増え、誰とでもすぐに打ち解けられるようになったと感じています。

履歴書が完成したら、封筒・保護者欄もチェック!」へ

大学1~2年生/理系の履歴書の書き方例

(安西元気/20歳)

学歴・職歴欄の書き方は「学歴・職歴の書き方」、入学や卒業年月日を記入するには「入学・卒業早見表」をチェック!
履歴書全体の書き方をおさらいするには「履歴書図解マニュアル」をチェック!

志望動機・特技・趣味・自己PRの書き方

応募先のバイトで活かせる研究や活動があれば、自己PRでしっかりと書いておきます。現在の大学生活や高校時代までの成功体験等があれば、ぜひ記入を!具体的なエピソードを簡潔にまとめて書けると、ワンランク上の履歴書に仕上がります。「数字に強い」「計算が早い」等、理系ならではの特技が重宝されるバイトは多いですから、ぜひ明記してください。

注意点

似た職種の経験がある場合は、しっかりとアピールすれば安心感・信頼感を得られますが、前職の詳細を記入してしまうと「バイトを辞めるとぺらぺら喋ってしまうのかな」という不信感を持たれてしまいます。エピソードの選択は慎重にしてください。現在の大学での専攻や活動、将来志望している職種、取得している資格等と上手にリンクできれば、一貫性が感じられ、より納得できる履歴書になりますね。

使える!

例にある履歴書のいくつかの部分は下記からコピーできます。自分の履歴書作成の参考にしてください

(志望動機)
大学では情報エレクトロニクス学科に在籍しています。日頃からPCを操作し、データ入力等の作業も行っています。オフィス系のソフトは、MOSの資格を取得しており、一通りの作業を行うことができます。勤務時間が夕方以降を選ぶことができると知り、大学の授業後でもはたらけると応募いたしました。

(特技、趣味、自己PR)
短期間ではありますが、経理事務のバイトを経験したことがあります。出納管理がメインの業務でしたが、専用ソフトを使って入力の作業を行っていました。PCには幼少時から慣れ親しんでいますので、どのようなシステム・ソフトでも短時間で使えるようになると思っています。

(本人希望記入欄)
来年度からは研究室に所属します。まだどのような研究室を選ぶかは未定ですが、場合によっては週の半分近く、夜まで学校で作業をすることになるかも知れません。またご相談させてください。

大学1~2年生/理系さんの履歴書に使えるキーワード例

理系の大学生は1~2年生から勉強・研究が続き、バイトの時間をねん出するのが難しいかもしれません。履歴書の「本人希望記入欄」には、バイト可能な曜日や時間をきちんと明記してください。そんな忙しい理系大学生が時間をやりくりしてバイトをしているのですから、バイト先の人たちは、あなたの真剣度に信頼を寄せてくれるはずです。限られた時間だからこそ、集中してはたらけることをアピールしたいですね。

「シゴトが好き」(志望動機/自己PR)

例)
似たシゴトに就いた経験はないのですが、母が同業で勤務をしていて、いつも話を聞いています。とても楽しそうで、好きなシゴトだと感じ、応募しました。

「大学の勉強が活かせる」(志望動機/自己PR)

例)
1年次に受講した授業で、こちらで使われているシステムと同じものを使用しました。その経験が活かせると思いました。

「友人・先輩が同じシゴトをしている」(志望動機/自己PR)

例)
以前こちらに勤務していた先輩から話を聞いて、興味を持ちました。同じ専攻の先輩ということもあり、学んでいることを活かしてはたらけるのではと感じています。

「性格が向いている」(自己PR)

例)
物事を理論立てて整然と説明することが得意です。こちらの作業なら、その性格がうまく活かせると考えました

履歴書が完成したら、封筒・保護者欄もチェック!」へ

大学3~4年生/文系の履歴書の書き方例

(畑楽笑美/21歳)

学歴・職歴欄の書き方は「学歴・職歴の書き方」、入学や卒業年月日を記入するには「入学・卒業早見表」をチェック!
履歴書全体の書き方をおさらいするには「履歴書図解マニュアル」をチェック!

志望動機・特技・趣味・自己PRの書き方例

過去に似た職種でのバイト経験や留学経験がある場合、経験が活かせることも多いと思いますから、書いておくと好印象をゲットできそうです。「将来、志望する職業に近い」というのも立派な志望動機になります。応募先のバイトで活かせる特技があれば、自己PRでしっかりと書きます。

注意点

「就職を見据えて、社会経験や業界経験を積みたい」というのも立派な志望動機。しかし、バイト先にとっては「勉強の場に使われるだけでは困る」というのが正直なところです。自分の過去の経験や大学での勉強が、そのバイト先のシゴトにどう活かせ、採用するとどんなメリットがあるかを明記すると100点満点!

使える!

例にある履歴書のいくつかの部分は下記からコピーできます。自分の履歴書作成の参考にしてください

(志望動機)
昨年1年間、フランスに留学しました。大学での勉強はもちろんですが、街の雑貨店などのパリらしいディスプレイや商品のチョイスに非常に刺激を受けました。現在は、そういったシゴトができないか、と大学の講義を受け直したり模索している最中ですが、偶然拝見した貴店のディスプレイや商品の品揃えに感銘を受けました。ぜひはたらかせていただき、知識や経験を身につけたいと考えた次第です。

(特技、趣味、自己PR)
高校時代から雑貨店でバイトをしていたこともあり、年代や性別を問わず、どんなお客さまともお話しができます。また、現在英会話教室にも通っています。英語・フランス語は日常会話レベルで使えます。

(本人希望記入欄)
本年度はインターンシップ、後半は就職活動を行う予定です。予定が決まり次第、早めにお伝えしますが、時期によってはシフトに入れない時期があるかも知れません。

大学3~4年生/文系さんに使えるキーワード例

学部に限らず就活と向き合う3~4年生。くれぐれも無理せず、大学とバイトを両立してくださいね。他のバイト経験や就活経験で、はたらくことに対しての意識が1~2年生とは違うこと、サークル・部活で過ごして人間的な経験値が上がっていることをアピールします。就職を控え、学生時代の思い出にしたい!というのも、立派な志望動機になりますね

「将来の志望職種」(志望動機/自己PR)

例)
将来この職種ではたらきたいと考えています。準備のために学んでいる職業と同じ業界のシゴトです。現在学んでいることが活かせると考えております。

「資格が活かせる」(志望動機)

例)
昨年取得した資格が応募条件にありましたので、ぜひ学んだことを活かしたいと応募させていただきました。

「チャレンジ」(志望動機)

例)
初めての業界ですが、以前はたらいた飲食店のバイトと、接客で必要とされる要素は同じではないかと考えています。

「憧れ」(志望動機)

例)
雑誌での記事を拝見し、将来は貴店のような企業ではたらきたいと考え、同業の企業を中心に就職活動をしていました。今回、アルバイトの募集を目にし、ぜひはたらきたいと応募しました。

履歴書が完成したら、封筒・保護者欄もチェック!」へ

大学3~4年生/文理系の履歴書の書き方例

(安堂餡太郎/21歳)

学歴・職歴欄の書き方は「学歴・職歴の書き方」、入学や卒業年月日を記入するには「入学・卒業早見表」をチェック!
履歴書全体の書き方をおさらいするには「履歴書図解マニュアル」をチェック!

志望動機・特技・趣味・自己PRの書き方例

就職を志望している業界と似た業界であるというのも志望動機になります。憧れや、その理由をしっかり書くことで「やる気」のアピールにつながります。応募先のバイトで活かせる活動があれば、自己PRでしっかりと書いておきます。作品等がある場合、提出を求められれば応じられるよう、準備をしておくとベターです。

注意点

短い時間しかはたらけない場合でも、それをカバーできる志望動機や自己PR、自分の条件があればしっかり記入します。お店のことをよく知っている、通学途中にバイト先があるというのは、採用する側にとっては安心感に繋がるいいアピールになりますよ。

使える!

例にある履歴書のいくつかの部分は下記からコピーできます。自分の履歴書作成の参考にしてください

(志望動機)
来春から出版社での勤務が決まっています。就職活動では、専攻のメディア情報学科で学んだ知識を活かしたい、とマスコミ各社に応募をしたのですが内定を得ることができませんでした。今回、テレビ制作会社である貴社が、短期バイトを募集されていると知り、ぜひ夢だった業界ではたらく経験を積みたいと応募いたしました。

(特技、趣味、自己PR)
大学では4年間映像系サークルに所属していました。作品もいくつか監督として制作しております。専攻に際して、見ていただけるようでしたらお送りします。見学という立場ですが、テレビ番組の収録現場に立ち会った経験もあります。それらの経験をバイトで活かせればと思っています。

(本人希望記入欄)
来年の3月に大学を卒業します。すでに大学は必要単位を取得し、卒業を待つだけになっています。今回の短期バイト以外にも、テレビ番組制作に携われる機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします!

大学3~4年生/文理系さんに使えるキーワード例

専門知識を深めている文理系の大学3~4年生は、社会人としての意識の高さを期待されていることが多いようです。バイト先でのリーダー格としての活躍は就活でも役立つ要素があります。あなたとバイト先のメリットが合致するよう、そのバイト先であなたが何を求められているかを考えて、履歴書への記載内容をアレンジしてみてください。

「バイト先の知識が豊富」(志望動機/自己PR)

例)
大学の特別講義に貴社の社員の方が講演に来校され、その際うかがったお話がとても刺激的でおもしろく、いつかこちらではたらけないかと考え、調べていました。

「シゴトが好き・チャレンジ」(志望動機/自己PR)

例)
大学の専門とは違うため、また資格も取得できておらず、就職は叶わなかったのですが、今回、経験や資格が不問と知り、チャレンジしてみようと思いました。

「通勤経路と通学経路が重なる」(自己PR)

例)
来月からダブルスクールで専門学校に通う予定です。その通学経路の途中にこちらのオフィスがあるため、通いやすいのも応募の理由のひとつです。

「時間の融通が利く」(自己PR)

例)
来春の卒業が決まり、時間に余裕があります。現在は他にバイトをしていないため、シフトの融通が利きます。

履歴書が完成したら、封筒・保護者欄もチェック!」へ

大学3~4年生/理系の履歴書の書き方

(志琴愉加/22歳)

学歴・職歴欄の書き方は「学歴・職歴の書き方」、入学や卒業年月日を記入するには「入学・卒業早見表」をチェック!
履歴書全体の書き方をおさらいするには「履歴書図解マニュアル」をチェック!

志望動機・特技・趣味・自己PRの書き方例

1~2年生時よりもはるかに大学・勉強に費やす時間が増えているはずの、理系の3~4年生。研究発表、就活、卒業ゼミとバイトをするのも、ひと苦労かもしれません。勉強や研究を活かしながら、時間に融通が利く塾講師・家庭教師といったバイトをする人が多いと思います。自分の今までの受験経験や、専攻科目は具体的に明記してください。バイト先が住まいや学校の近くにあるため、少しでも空いた時間があればバイトしたい等、限られた時間でも積極的にははたらきたい気持ちを組み込めるとベストです。

注意点

短い時間しかはたらけない場合でも、それをカバーできる志望動機や自己PR、自分の条件があればしっかり記入します。お店のことをよく知っている、通学途中にバイト先があるというのは、採用する側にとっては安心感に繋がるいいアピールです。

使える!

例にある履歴書のいくつかの部分は下記からコピーできます。自分の履歴書作成の参考にしてください

(志望の動機)
大学4年生で、卒業研究を手がけています。平日は朝9時から夕方5時までは研究室で実験を行っています。こちらのお店は、学校へ行く前や帰宅途中に、食事でよく立ち寄らせていただいています。応募では平日の朝の時間、6時からの2時間の勤務でもOKということでしたので、ぜひと思い応募しました。

(特技、趣味、自己PR)
大学2年生まで、居酒屋チェーンのキッチンスタッフのバイトをしていましたので、一通りの調理ができます。また、こちらのお店をよく利用させていただいていますので、ほとんどのメニューを把握できています。

(本人希望記入欄)
実験のピーク時には、大学に泊まり込みになることもあります。年間でスケジュールは立てていますので、シフトについては相談させてください。

大学3~4年生/理系さんに使えるキーワード例

就活や研究も追い込み時期の大学3~4年生、特に理系は卒業までにクリアしなければならない関門が多い学部です。就活が終わっている場合は、必ずその旨を明記し、期間限定での応募であることをわかるようにしておきます。研究以外にも、部活・サークルでの活躍・経験値をアピールしたり、将来就きたいシゴトに関連している等も、志望動機・自己PRともに「履歴書映え」する内容です。

「スケジュールがしっかり決まっている」(志望動機)

例)
卒業研究のスケジュールが確定し、こちらの応募条件と合致したため、しっかりはたらけると思い応募させていただきました。

「時間が合わせやすい/得意な時間帯」(志望動機)

例)
3年間、研究のために毎朝5時に学校に通っていましたが、研究もひと段落してまいりました。早朝の時間にできるバイトはないかと探していたところ、ちょうどこちらの募集が目につき、応募いたしました。

「経験が活かせる」(志望動機/自己PR)

例)
今年度で引退しましたが、陸上部のトレーナーをしていました。その経験がこちらのインストラクターのシゴトで活かせると考えています。

「先輩からの紹介」(志望動機/自己PR)

例)
夏までこちらではたらいていた○○さんは、同じ研究室の先輩です。「研究との両立ができる」とご紹介いただき、応募いたしました。

履歴書が完成したら、封筒・保護者欄もチェック!」へ

履歴書が完成したら、封筒・保護者欄もチェック!

未成年の場合、履歴書の保護者欄に保護者の署名が必要です。「同意書」が必要なバイトもありますから、応募時にしっかり確認して、用意します。

履歴書が書けたら、シワがよったり汚れたりしないよう、クリアファイルなどに挟んでおきます。
郵送の場合は封筒に正しく履歴書を入れ、期日までに余裕を持って投函します。募集条件をよく読み、逆算して履歴書を作成するようにします。

封筒は白や茶色のものを使います。通常は履歴書が3つ折り程度で入る物を選びます。買った履歴書に封筒がついている場合は、それを使います。履歴書には個人情報が詰まっています。厚手のもの、2重になっているもの等、中身が透けない封筒を選びます。

表には、応募先の住所・企業名・担当者名を記入します。(株)などを用いて省略するのはNG。住所も省略せず、都道府県からビル名までしっかりと明記します。企業名・担当者名は住所より大きい文字で書きます。

人事部など部署名には「御中
担当者名には「
と書きます。

封筒表面左端下部に「履歴書在中」と書きます。

切手は不足すると期限に届かない恐れがあるので、不安な場合は郵便局で重さを量って購入します。

裏には差出人であるあなたの住所・氏名を書きます。こちらも省略はNGです。封をしたら、「〆」と密封マークをいれます。

封をしてしまう前に、履歴書を再度チェックするのを忘れないように。記入もれ、誤字・脱字がないか最終確認してください。

履歴書は、面接までのイメージトレーニングのために、コピーを取っておきます。
→「履歴書封筒の書き方」もあわせてチェック!

履歴書は心をこめて、気持ちよく読めるように

履歴書で大切なのは、文字の「ウマイ・ヘタ」ではなく「丁寧に」。
パッと見た瞬間に「読みたくない」と思ってしまうと、それを元にあなたへ質問する気が起きず、興味も失われてしまいます。それでは面接はうまくいきませんよね。
書き込み過ぎず、かといって余白が目立ちすぎず、面接官が「見やすいな」と思える履歴書を心がけます。それは自分にとっても「見やすい」「読みやすい」履歴書です。

年次と文系・文理系・理系とおおまかに分類して、特徴的な内容を紹介しました。書き方例を参考にしながら、あなたの履歴書を完成させてください。志望動機や自己PRは、記入欄を埋めるのが難しいという声が多いのですが、上記に紹介しているように、大学で勉強している内容・自分の好きなこと・性格等を具体的に書くと、履歴書はグッとステキに変化します。「本当のあなた」「普段のあなた」が履歴書から見えることで、バイト先の採用の担当者は、あなたに親近感を抱き、面接でいろいろ聞いてみたいな、と思うはずです。

履歴書をうまく書くことができれば、面接でも落ち着いて答えられるはず!書き終わった履歴書を、冷静&客観的に見るとどうですか?あなたの魅力が伝わっているか、しっかり見直してくださいね。

→志望動機をもっと詳しく確認したい人は「志望動機~学生編」のページを参考にしてください。
→自己PRをもっと詳しく確認したい人は「自己PR~学生編」のページを参考にしてください。

※2016年9月23日制作
※制作物に関わる著作権、知的財産権ほか一切の権利はパーソルキャリア株式会社に帰属するものとします

バイトノウハウTOPへ

おすすめ

記事ラインナップ

もっと見る

タグ

おすすめコンテンツ

トップ > バイト・シゴトのなんでもガイド > バイトノウハウ > 履歴書 > 大学生履歴書の書き方~年次・学部別