法律・お金

面接と実際のバイトが違う!

面接と実際のバイトが違う!

バイトの「法律系」の疑問あれこれ

Q6 面接時と実際のバイト内容が違う!
A 雇用契約を結ぶまでに必ずチェックを!
バイトの内容や、賃金、待遇などについては採用後にバイト先から明示される「 労働条件」によって本決定します。はたらく人は、この労働条件の内容をしっかりチェックし、理解して、納得することができれば「 雇用契約」を結び、はたらき始めることになります。

もし面接の時と労働条件に書かれたバイト内容が違う場合は
・雇用契約を結ばない
・面接の時に聞いた内容に修正してもらう

という選択肢があります。
雇用契約を結び、はたらき始めてしまった後では、バイト内容を変更してもらうことはなかなか難しくなります。しっかりと労働条件を確認してから雇用契約を結ぶように!契約後にバイト内容が勝手に変わっていた場合は「雇用契約違反」となり、法的には即日退職も可能です。「自分が思っていたバイトと違う」や「なんとなく」といった自己都合で退職した場合は、これも厳密に言うと、結んだ契約の不履行ですから、ブッチしたあなたが訴えられても、文句は言えませんよ。

→詳しくは「バイトの「契約」について」を参考にしてください。

「法律・お金」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 法律・お金 >  面接と実際のバイトが違う!