法律・お金

103万円、106万円、130万円の壁って!?

103万円、106万円、130万円の壁って!?

バイトの「法律系」の疑問あれこれ

Q21 130万円の壁が106万円になったとか、103万円の壁とか、いったいこの壁はなんですか!?
A 税金がかかったり、扶養から外れたりする年収の境界のことです。
大学生でも主婦・主夫でも年収が103万円を超えると、所得税の課税対象となり「扶養控除」の対象から外れるため、保護者や配偶者の被扶養者扱いになっている場合は、保護者や配偶者が払うべき所得税がアップします。このことを「103万円の壁」と呼んだりします。学生は「勤労学生控除申請」を提出することでさらに、27万円控除の枠が増え、103万円+27万円で、130万円になります

年収が130万円を超えると健康保険等の社会保険の加入が義務付けられていました(「130万円の壁」)が、2016年10月から、年収が106万円までと社会保険適用対象が拡大されました。これからは「106万円の壁」となります。下記の「社会保険適用対象拡大の5要件」に該当する人が対象です。

<社会保険適用対象拡大の5要件>(平成28年10月施行)

①週の所定労働時間が20時間以上あること
賃金の月額が8.8万円(年収106万円)以上であること
③勤務期間が1年以上の見込みであること
学生でないこと
⑤勤務先が従業員501人以上の企業であること

「106万円の壁」は学生の皆さんには適用されません。
ただし別の意味での「130万円の壁」が存在します。学生も主婦・主夫も、年収が130万円を超えると、保護者や配偶者の社会保険から外れます。自分で国民年金保険と国民健康保険に加入した場合は、約2万円。厚生年金保険と協会けんぽ(主として中小企業)39歳未満の場合は、約15,500円を納入することになります。今まで扶養控除を受けていた世帯主(親や配偶者)も控除されなくなるため、税金が増えます。このように負担する税金や社会保険料が大きく変わってくるためそのターニングポイントが「○○○万円の壁」と呼ばれるのです。

→詳しくは「バイトの税金・年金・健康保険まとめ」を参考にしてください。

「法律・お金」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 法律・お金 >  103万円、106万円、130万円の壁って!?