法律・お金

破損したら全額弁償!?

破損したら全額弁償!?

バイトの「法律系」の疑問あれこれ

Q10 売り物を壊したら全額弁償と言われた、どうしよう!
A 全額を弁償する必要はありません。
「はたらいている間に商品を落として割ってしまった」「操作方法を間違って、機械を壊してしまった」ということもあるかも知れません。でも、一般的には通常の手順でシゴトをしていたのに商品やモノを壊してしまった場合は、職場にも危機管理の責任が問われるため、一方的に賠償を求められることはありません。もちろん「お給料から損害額を天引きして弁償」ということもあり得ません。労働基準法で「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」と規定しているからです。つまり、勝手に弁償費用を引き去ってはいけないのです。

ただし、壊した側に重大な過失があった場合(故意に行った、手順通りに行ってない、壊れることが想像できるような扱いをしていた、ふざけていた等)は、職場が壊した人=はたらいている人に弁償することを求めることができます。その際は、バイト先と壊した人が話し合って、弁償する額を決めるます。

→詳しくは「きっと役立つ「労働法」」を参考にしてください。

「法律・お金」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 法律・お金 >  破損したら全額弁償!?