法律・お金

ブラックバイトとは?ブラックバイトの見分け方と事例/バイトを始める前に確認すること

ブラックバイトとは?ブラックバイトの見分け方と事例/バイトを始める前に確認すること

どんなバイトが「ブラックバイト」になるのか?知らずにはたらき始めてしまった場合はどうするのがベスト?はたらき始めてから困ることのないように、ブラックバイトの判断基準や、上手な対処法についてお教えします。

いわゆる「ブラックバイト」って何!?

シゴト内容がツライ職場
なかなか休みが取れないシゴト
理不尽な労働条件のバイト
辞めたいのに辞められない職場環境

これらを「ブラックバイト」と呼ぶことがあります。ニュースや日常会話でも、頻繁に耳にする言葉になってきました。でも、具体的にどんなバイトが「ブラックバイト」なのでしょうか?

ブラックバイトという言葉は「ブラック企業」という言葉になぞらえ、2013年に中京大学の大内裕和教授が自身の著書の中で提唱したのがはじまりと言われています。そこでは「労働基準法を違反して、学生や生徒に違法な労働を課すバイト」を総称して「ブラックバイト」と呼んでいます。

具体的には

長時間の残業を強いる
残業代を支払わない
休憩時間を与えない
労働条件と違った業務を課す
厳しいノルマを与える
ノルマが達成できないと罰則を与える
退職希望を受理しない
上記のことが行われた結果、学業に支障を来してしまう

といった職場がブラックバイトにあたるとされています。

当初は学生がはたらいているバイトを対象にして使われていましたが、現在では過酷、劣悪な労働条件を強制するバイトすべてを指す言葉として使われるようになりました。
『an』では「労働基準法を違反している」ことはもちろん、それに準じた環境ではたらくことを強いられるバイトを「ブラックバイト」と呼び表しています。

では、ブラックバイトではたらかないようにするにはどうすればいいでしょうか。 第一は、応募するまでにしっかりと職場を知るということ。
お店であれば、応募の前に客として利用してみて観察する。
応募条件、勤務条件をしっかりと読みこむ。

ということが大切です。家族や先輩、友人の意見を聞いてみるのもいいですね。

→1000人のアンケートで見てみるのもいいかもしれません。バイト白書「バイト×ブラックバイト」のページへ

応募した後は、
面接の際に、職場をしっかり見学する
不明点・疑問点・不安なことは面接で質問し、解決する

ことでも避けることができます。

採用が決まった場合は、
はたらき始める前に、労働条件を書面で交付してもらう
労働条件をしっかりチェックする
ことが大切。

それでももし、はたらき始めてから労働条件が変わり「ブラックバイト」だなと感じたら
就業規則を確認する⇒就業規則に反していないか、基準が下回っていないか
労働基準法などに照らし合わせる⇒違法がないか
職場の上司に改善を訴える
専門家に相談する

といった対策をとってください。ただ、自分ですべて調べたり確認したりは大変ですし、バイト先で居心地の悪い思いをすることも考えられます。現在では「ブラックバイト」に関するNPO法人や弁護士による無料法律相談等も行われています。家族や友人に相談しても環境が変わらない、職場内で解決が図れない時は、専門家を頼るのも有効な手段です。

まとめ

「ブラックバイト」と呼ばれるバイト先ではたらきたい人なんか、いるわけありません。もしも自分が、あなたの友人・知人のバイト先が「ブラックバイト」だと思われることがあり、バイト先(社内)での解決が難しそうな場合は、管轄の労働基準監督署に相談してください。「ブラックバイト」と思われる内容を確認できるものや、あなた自身の記録なども持参してください。もしもバイトの応募・面接の段階で「?」と思うことがあれば、ひとりで悩まずに『an』に相談してください(『an』広告相談窓口)。

「法律・お金」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 法律・お金 >  ブラックバイトとは?ブラックバイトの見分け方と事例/バイトを始める前に確認すること