面接

バイトの「契約」での必要書類とバイト契約時に必要な持ち物

バイトの「契約」での必要書類とバイト契約時に必要な持ち物

バイトの面接時(か面接後)に行うバイトの契約段階で、事前に用意しなければいけない書類等があります。書面作成のためには印鑑が必要です。面接後に即採用⇒契約に至る場合には、面接日時確定の時に「持ち物」の連絡もあるはずです。雇用契約書に書かれている項目も紹介します。

契約に必要なもの

労働条件が確認できたら、バイ先と雇用契約を結びます。(詳しくは『面接後のバイト「契約」 内容・労働条件の基礎知識~バイトの採用が決まったら』)
契約を結ぶ時には、雇用契約書に署名し、捺印を行います。

<雇用契約書>


  • 雇用開始日
  • 契約期間
  • はたらく場所
  • シゴト内容
  • 勤務時間
  • 残業の有り・無し
  • 休憩時間
  • 休日
  • 休暇
  • お給料の計算方法
  • 交通費の取り扱い
  • 賞与の有り・無し
  • 退職に関しての決まり
  • 社会保険・雇用保険に関して

雇用契約書には上記の項目が書かれています。
労働条件と違いがないかを確認し、OKであれば署名・捺印します。
コピーをもらって、はたらいている間は大切に保管します。

雇用契約を結ぶ際は、

  • 筆記具
  • 印鑑

を持参するのを忘れないようにします。

金融機関等への振込で給与をもらうことに同意し手続きを行う場合は

  • 振込先の銀行の通帳
  • その銀行の届出印

も必ず持参します。
これらは事前にバイト先から連絡があると思いますが、今後、就職・転職をする時にも行うことが多いはず、こういったことを準備するくせをつけましょう。

はたらきかたや、シゴトによっては下記の書類が必要になることもあります。

  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 扶養控除等申告書
  • 健康保険被扶養者異動届
  • マイナンバーカード

必要書類が揃わないと雇用契約が結べず、バイトがスタートできないこともありますから、バイト先にしっかりと必要な書類を確認してください。

未成年者のバイトの雇用契約には保護者の同意が必要となります。はたらき始める前に「未成年者同意書」などの書類の提出を求められますから、保護者にしっかりとシゴトの説明をして作成してください。

まとめ

バイトを始める段階で、チェックしておきたいこと、雇用契約を結ぶ段階での必要な持ち物をリストアップしました。上記のリスト以外にも、バイト先から持参するように言われているものがあれば、忘れずに用意しておきます。最初はいろいろと手続きがあり「めんどくさいな」と思うことがあるかもしれませんが、バイトだけに限らず、就職・転職する時にも同様の諸手続きは発生します。覚えておくと、後で役に立つことがあるはずですよ。

「面接」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 面接 >  バイトの「契約」での必要書類とバイト契約時に必要な持ち物