面接

バイト面接のときの服装は?「服装自由」と言われたときに着ていく服

バイト面接のときの服装は?「服装自由」と言われたときに着ていく服

アルバイトの面接に行くとき、何を着て行けば良いか迷いますよね。「服装自由」と言われて、いつも着ているTシャツにジーンズや、ミニスカート、派手なアクセサリーなどの姿で面接に行ったら、「いつもそんな格好なんですか?」と面接官に眉をひそめられたり、逆にスーツを着て行ったら、「そんなにかしこまらなくても大丈夫」と言われたりと、なかなか難しいものです。

面接時の服装は最低限の常識を踏まえた上で、職種に応じて変える必要があります。今回はバイト面接時の服装について紹介します。

共通するのは「清潔感」と「シンプル」

バイト面接時の服装について、どんな職種でも共通して気をつけるべきポイントがあります。それは「清潔感」と「シンプル」です。

●清潔感を重視

最も大切なのは清潔感です。特に接客業では清潔感のない人は不採用になる可能性が高くなります。襟や袖が汚れていたりシワだらけのシャツや、サルエルパンツ、ハーフパンツ、ダボダボのズボン、派手な柄のシャツ、サンダルなどはNGです。

清潔感が必要なのは服装だけではありません。ボサボサだったり脂ぎった髪型、明るすぎる髪色、体臭や口臭、長い爪、派手なネイルからは清潔感を感じられません。面接時、長髪は結わえておくのが良いでしょう。香水も不要です。男性の無精ひげは不潔感を与えるため注意しましょう。

●シンプルを意識

シンプルさを演出するには、服装の色、柄、デザインを考えることが重要です。派手すぎない色、柄、スタンダードなデザインを心がけます。

シャツは無地かストライプ柄などがシンプルの代表です。ズボンやスカートもシンプルで落ち着いた雰囲気のものがおすすめ。肌の露出が多いミニスカートやショートパンツは避けたほうが無難です。メイクはナチュラルメイクを心がけ、ピアスやアクセサリーは主張しすぎないものにするか、外しておきましょう。

●面接での「普段通りの服装」は真に受けない

面接を受けるバイト先を下見して、実際にはたらいている人の服装をチェックしてみることをおすすめします。その上で、はたらいている人と同じような雰囲気の服装に合わせると良いでしょう。

面接では、服装を含めた全体の印象を見られています。求人情報に「服装自由」「茶髪、長髪OK」「ネイル、ピアスOK」と書いてある場合もありますが、それははたらき始めてからのことです。それらの条件が面接ですべてOKなわけではありません。求人情報に「普段通りの服装」と明記してあっても、シンプルで清潔感のある服装で面接に臨みましょう。

●服装で協調性を見られる

服装には本人の人柄が現れるといわれます。上記で「面接では、服装を含めた全体の印象を見られている」と説明しましたが、服装によってチェックされるものの中に「協調性の有無」があります。つまり、周りに合わせられる人か、空気を読める人かといったことを見られている場合が多いのです。

自己主張の激しさを感じさせる服装や身だしなみは協調性に欠け、「自分勝手な行動を取るのではないか」と思われる可能性があります。職場にふさわしい服装を心がけることは、採用する側にとって「わが社ではたらいていける人かどうか」をチェックする重要なポイントなのです。

接客バイトなら「清潔感」を意識した服装

飲食やデパートなど人と接する機会の多い接客のバイトの面接では、特に清潔感のある服装が求められます。接客のバイトについて、職種ごとに面接時の服装のポイントをお伝えします。

●飲食

カフェや居酒屋、ファミレスなどの飲食業界は食品を扱うこともあり、髪の毛などの異物が混入してしまうと、お店や会社自体が営業停止に追い込まれることも起こり得ます。したがって特に衛生面については厳しいチェック体制が整っており、必然的にバイトを採用する際の基準も「清潔感」が重視されます。

髪の毛はすっきりとまとめ、前髪は目にかからないようにしましょう。「風味」という言葉もあるように、料理は香りや匂いも大切です。食べ物の匂いがわからなくなるほど香りのきつい香水や化粧品も避けましょう。料理を出す際にお客さまに見られる指先も大事なポイントで、長い爪や派手なネイルは基本的にNGです。

コンビニのバイト面接についても、飲食系と同様のポイントに気をつけてください。

●アパレル

アパレルのバイトの場合、「今日の服装のポイントは?」という質問をされることが多くあります。できれば、お店のブランドの服を着ていくのがベストです。ハイブランドの場合は無理をせず、そのブランドの商品を1点だけ取り入れるなどして、服装全体の雰囲気をそのブランドに合わせると良いでしょう。

ハイブランドでもカジュアルファッションでも、事前にお店を下見して、はたらいている人がどんな服装をしているかを確認し、その雰囲気に合わせることがポイントです。最新のトレンドを取り入れようとして個性をアピールしすぎないようにしましょう。

●塾講師・家庭教師

塾講師や家庭教師の面接には、派手さのない控えめな服装で臨みましょう。紺・黒・グレーなどの落ち着いた色合いのスーツやオーソドックスなジャケット、シャツ、パンツが好印象です。ミニスカート、襟ぐりの開きすぎたトップス、明るすぎる髪色、派手なピアスやネイルは避けたほうが無難です。



ひと口に「清潔感のある服装」といっても、職種によって合う服装は違います。希望するバイトのシゴト内容をあらかじめ確認しておき、それに合った服装で面接に臨みましょう。

オフィス・事務のバイトは「きちんと感」をアピール

オフィス・事務のバイトの場合、面接にはスーツで臨むのが基本です。ただし、あらかじめ「服装自由」と言われることもあります。その場合はどんな服装で面接に行けば良いのでしょうか?

●基本はスーツ

服装に関する指示が特になければ、面接にはスーツで行きましょう。オフィスカジュアルOKの企業やテレアポのシゴトの場合、服装自由な会社もたくさんありますが、それははたらいてからの話であり、面接にはスーツで行くのが無難です。

一方、「服装自由」と言われている場合にスーツなどで面接に行くと、かえって堅すぎる場合があります。そういうときは、紺やグレー、黒などの落ち着いた色合いのジャケット、派手すぎないスカートやパンツを着用するなど、「きちんと感」を意識しましょう。

●襟つきのシャツを着用

Tシャツのようにラフなスタイルではなく、襟のついたシャツを着ましょう。実際にはたらくことになった場合、夏場は周りのスタッフが着ているなら、襟つきのポロシャツを着てもOKです。

暑いからといって、肌の露出が多い格好はふさわしくありません。つま先が見えているデザインの靴やサンダルもやめましょう。男性もTシャツ、タンクトップ、ハーフパンツでオフィス・事務のバイト面接に行くと、「常識に欠ける」と判断される可能性が高くなります。

服装以外も見られている!小物まで意識しよう

意外と見落としがちなのが服装以外の小物です。バイト面接時の小物はどのような物が適しているのでしょうか?

●カバン

面接時に持っていくカバンは、履歴書を入れた封筒やクリアファイルを折らずに入るサイズのものが必要です。

新品でなくても構いませんが、黒や茶など落ち着いた色合いのシンプルで清潔感のあるものが望ましいでしょう。使い古して、ほつれや汚れが目立つ鞄を持ち歩いていると、だらしない印象を与えてしまいがちです。面接官も全体的なバランスを見る中で、カバンまでチェックしている人も意外と多くいます。

●靴

「足元を見る」という言葉があるように、靴はよくチェックされる大切なポイントです。トップスもボトムスもきれいな格好をしてまとまっているのに、汚れてくたびれた靴をはいていると評価に影響することがあります。

一方、きれいに手入れされている靴は、「細かいところまで気がつく人」と好印象につながる可能性があります。オフィス・事務のバイトの場合は落ち着いた色合いの革靴やパンプス、私服OKの企業ならきれいなスニーカーでも大丈夫でしょう。

バイト先の雰囲気に合わせた服装を選ぼう

服装もコミュニケーションの一種です。限られた時間内で行う面接は、第一印象がとても大切です。第一印象を大きく左右する要素のひとつが服装です。たとえファッションにこだわりがあったとしても、自己主張の強すぎる服装だと、「わが社に合わない」と判断されるリスクが高くなります。

自分という人物を面接官にわかってもらうためには、面接官が自分の中身よりも服装にばかり気を取られてしまう格好をしないことです。希望するバイト先を下見して、その会社の雰囲気に合わせた服装を選ぶようにしましょう。

「面接」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 面接 >  バイト面接のときの服装は?「服装自由」と言われたときに着ていく服