法律・お金

アルバイトでも知っておきたい、源泉徴収が必要な理由と流れ

アルバイトでも知っておきたい、源泉徴収が必要な理由と流れ

はたらいている人なら一度は「源泉徴収」という言葉を聞いたことがあると思います。この言葉の意味を皆さんは知っていますか?源泉徴収は「アルバイトではたらいてるから関係ないもん!」と思っていたら大間違い。決して正社員だけに関わるものではありません。バイトであっても決して無関係ではないのです。 仕組みを理解しておかなければ、気づかないうちに「税金」にまつわる損をしてしまうかもしれません。そんな事態を起こさないためにも、ここでは源泉徴収について解説していきます。

源泉徴収、源泉徴収票とは?

「源泉徴収」とは、バイトの雇用主である企業(お店など)が、1月1日~12月31日までの1年間の従業員の所得税を給与から差し引いて、代わりに納税する制度のことです。

なぜこの「源泉徴収」が必要かというと、所得税が申告を必要とする「申告納税方式」であるためです。申告納税方式では、国民それぞれが税金を計算して申告書を書かなければなりません。しかし国民全員が計算から申告書の記入まで行うとミスも起きますし、大変非効率です。そこで、効率的な納税を実行するため、企業が納税の代行をしているというわけです。

12月〜翌1月にかけて源泉徴収で納めた額が正しいかどうか再計算する「年末調整」が行われます。「年末調整」で納税額が確定し、源泉徴収の結果である「源泉徴収票」が給与明細とともに配られます。もし税金を納め過ぎている場合は還付金として戻ってきます。

ただし、企業によっては年末調整を行わずに、源泉徴収票が配られることもあります。そういった場合や、1年の途中でバイトを辞めていたり、もしくは複数箇所のバイトをかけもちしていたりする場合には、自分で「確定申告」を行う必要があります。確定申告とは、企業を介さずに個人で納税額を確定させることで、主に年末調整のできない自営業者に関連する制度です。確定申告には源泉徴収票を提出しなければならないため、注意してください。

バイトでも源泉徴収が必要な理由

源泉徴収は、一定期間の雇用を担う雇用主(バイト先)に対して法律で定められた義務です。そのため、バイトではたらいても正社員でも給与所得から源泉徴収が行われます。

ただし、源泉徴収はすべての人に適用されるわけではありません。対象は「月に88,000円以上の収入がある人」となっています。つまり、月の収入が88,000円未満であれば、所得税を納税する義務はありません。

なお、この「月に88,000円以上」とは、毎月ではなく、単月でも源泉徴収の対象となります。つまり、ひと月でも88,000円以上の収入があった場合、それを基準として毎月の源泉徴収が行われるということです。そのため、バイトの場合は必要以上の所得税が徴収されてしまう可能性があり、それを調整するのが「年末調整」「確定申告」なのです。

源泉徴収票をもらった後の流れ

源泉徴収票を確認しよう

源泉徴収票を手元にもらったら、まずはその内容を確認してみましょう。源泉徴収票にある「控除」とは、課税対象とならないよう差し引いて考えられる金額のことです。

(1)支払金額

実際に支払われた給与の全額です。いわゆる「年収」とはこの金額です。

(2)給与所得控除後の金額<(1)-給与所得控除>

給与所得者(バイトを含む)は、収入に応じて「給与所得控除」が差し引かれます。たとえば収入が180万円以下の場合はその40%の金額が控除されます。控除額は収入が大きくなるほど少なくなります。この控除額が65万円に満たない場合は、一律65万円が控除されます。

(3)所得控除の額の合計額

各種の所得税額を合わせたものが、「所得控除の額の合計額」です。

「基礎控除(38万円)」に加え、生命保険料などの支払い(社会保険料控除)、配偶者や扶養家族の有無など、個人それぞれの控除理由に合わせて算出された控除額が加算されます。

(4)源泉徴収税額

源泉徴収税額は、最終的な納税額のことです。

この額を算出する式は

{(支払金額-給与所得控除-各種所得控除)×税率-控除額}×復興税率=源泉徴収税額

となりますが複雑な式ですから、ここでは計算式があることだけ、知っておいてください。

源泉徴収票をもらったら、所得控除の控除項目に漏れがないかどうかをまず確認すること。もし間違っている場合、確定申告で正しい控除項目の情報を申告する必要があります。計算までするのは少々手間ですが、控除項目だけでも確認します。

主な控除項目としては、

■配偶者控除:配偶者の所得額が年38万未満であれば受けられる控除(自分が配偶者の場合)
■扶養控除:所得税法で定められている扶養親族がいれば受けられる控除(自分が扶養家族の場合)
■社会保険料控除・生命保険料控除・地震保険料控除:それぞれの保険について、保険料を支払っていれば受けられる控除
■住宅借入金等特別控除:住宅ローンを支払っていれば受けられる控除

などがあります。

そのほかにも、「勤労学生控除」「障害者控除」「寡婦(寡夫)控除」などがあるので、自分がどの控除に当てはまるのか、厚生労働省のホームページなどを参考にチェックしておきます。

確定申告をする場合

また、1年の途中でバイトを辞めて現在も無職の場合(新しくバイトを始めていれば、その職場で年末調整が入ります)や、バイトをかけもちしている場合(年末調整は同時期に1社でしか行うことができません)は、源泉徴収票を使って確定申告を行います。

確定申告の手続きには、必要事項を記入した確定申告書と、源泉徴収票の原本、各種領収書などが必要になります。2月中旬〜3月中旬の期間に、管轄の税務署に行って手続きをします。『e-Tax』(国税電子申告・納税システム)を利用すれば、インターネット上で手続きを済ませることも可能です。

確定申告の手続きは年末調整よりもやや複雑に感じるかもしれませんが、確定申告をすることで還付金がもらえる可能性もありますし、今後フリーランスや副業を考えている人は絶対に必要な手続きとなります。社会勉強も兼ねてぜひ行ってみると良いですね。

もし源泉徴収票を失くしてしまったら……

源泉徴収票をもしも失くしてしまったらどうすればよいのでしょう?

実はそこまで深刻に考えなくてもOKです。

まずはバイト先に再発行を依頼してください。再発行を依頼するときには、所定の手続きを必要とする企業もあります。上長やシフト管理をしている社員さんなどにその方法を聞いて、適切な手続きで申請してください。

しかし、経理担当が不在であったり手続きが面倒であったりという理由で、企業によってはそれを拒むケースもあります。この場合は、税務署や書類の提出を必要とする機関へ速やかに相談して入手します。

また、源泉徴収票は紛失しまったとき以外にも、再発行が必要となるケースがあります。たとえば、住宅ローンなどを組むときや就職や転職などの際など、いずれも源泉徴収票の「原本」の提出を求められる場合があるのです。そうした場合にも、理由を話した上で、企業に再発行を申請すれば大丈夫です。

とはいえ、オフィシャルな書類であることに違いはありませんから、紛失しないように保管してください!

まとめ

源泉徴収の概要や年末調整・確定申告との関連性、もらったあとの流れについて説明してきました。これまで「ただの紙切れ」にしか感じなかった源泉徴収票も、その仕組みと必要性を知ることで、大事に保管する意味を実感できたのではないでしょうか?

確定申告をすれば、還付金が返ってきて得することも大いにあります。制度を理解しておけば、自分が得をすることもあるかもしれませんよ!

「法律・お金」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 法律・お金 >  アルバイトでも知っておきたい、源泉徴収が必要な理由と流れ