法律・お金

実はアルバイトでも有給休暇はもらえる!有休算出の計算式を解説

実はアルバイトでも有給休暇はもらえる!有休算出の計算式を解説

休日なのに給料がもらえる「有給休暇」。もらったことはなくても聞いたことぐらいはあるという人も多いはずです。有給休暇を使える正社員がうらやましい……。アルバイトだと休むと給料が減ってしまうと考えているかもしれませんが、実はバイトではたらいていても有給休暇をもらえるのです。 ここでは有給休暇が付与される条件や計算式について解説していきます。有給休暇は労働者の大切な権利のひとつ。一緒に学んでいきましょう。

有給休暇は法律で定められた権利!バイトにも適用されます

「有給休暇」は正式には「年次有給休暇」の制度のことで、「一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与される休暇」のことです。「有給」なので、休暇中も賃金を受け取ることができます。

この有給休暇は労働基準法によって定められています。労働基準法とは、労働者を保護するための法律です。この「労働者」という言葉には、もちろん正社員以外のバイトスタッフも含まれます。

しかし、誰でも有給休暇を取得することができるかというと、そういうわけではありません。有給休暇を取得するためには、①雇い入れの日から6ヶ月経過していること、②その期間の全労働日の8割以上出勤していること(有給休暇取得日は含まない)という2つの条件を満たす必要があります。

それでは、有給休暇は一体どれくらいはたらけば取得できるものなのでしょうか?次は特にバイトではたらく場合に絞って日数の計算方法について解説していきます。

有給休暇ってどれくらいもらえるの?

有給休暇の日数は、所定労働時間と日数によって変わってきます。所定労働時間・日数とは労働契約で決められた労働日数・時間という意味です。

週所定労働時間が30時間以上(1週間のうち30時間以上はたらいている)、所定労働日数が週5日以上(1週間のうち5日以上はたらいている)、または1年間の所定労働日数が217日以上なら、勤務開始日から6ヶ月経過した日に10日の有給休暇が取得できます(8割以上出勤している場合に限る)。たとえば4月から週5日でバイトを始めたとしたら、その年の10月から有給休暇が10日間与えられるということです。

その翌年(1年6ヶ月後)には1日追加された11日間、その翌年(2年6ヶ月後)には12日間、それ以降は1年経過するごとに2日ずつ休暇日数が追加されていきます。与えられる休暇日数は最大で勤務開始から6年6ヶ月後の20日間です。それ以降は毎年20日ずつ付与されていくことになります。

しかし、バイトをしている多くの人が、実際には週の労働時間が30時間未満で4日以下、または1年間の労働日数が216日以下でしょう。このような人にも、日数は少なくなりますが、ちゃんと有給休暇は与えられます。

たとえば週所定労働日数が1日、または1年間の所定労働日数が48日〜72日の方は、6ヶ月以上勤務していれば、有給休暇が1日付与されます(8割以上出勤している場合に限る)。その翌年(1年6ヶ月後)には1日追加された2日間が付与されます。勤務開始日から4年6ヶ月後からは、毎年3日ずつ付与されていきます。

このように、週1〜2日のバイトでも、勤務を始めてから6ヶ月が経てば有給休暇が発生するんです。

給料日や給与明細を渡されるときなどに、有給休暇が発生しているのかどうか、バイトスタッフが使う場合はどうしたらいいかをバイト先に確認してみるようにしてください。

使わないと無効になる!?有給休暇の有効期間とは?

有給休暇の有効期間は与えられた日から2年以内と定められています。使い切れなかった有給休暇は翌年に繰り越して、新たに与えられた休暇日数と合算ができます。しかし、さらに1年間使用しなかった場合は、休暇日数が余っていたとしても時効となり使えなくなってしまうので要注意です。

たとえば、2017年4月3日に勤務開始の場合、条件を満たしていれば2017年10月3日に有給休暇が付与されます。その有給休暇の有効期間は、2019年10月3日までです。同じように翌年の2018年10月3日に付与された有給休暇の有効期間は、2年後の2020年10月3日まで。有効期間は、付与された日から2年以内と覚えておきましょう。

利用するときの会話例を紹介。コツは相手への配慮を見せること!

有休利用は不安?

バイト先から有給休暇の利用を拒否されるのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。しかし、有給休暇が付与される条件を満たしている場合、取得日の前日までに申請すれば有給休暇を利用することが可能です。友人とのお出かけ、旅行、帰省、病気の治療など、理由によって申請が拒否されることはありません。

ただし、従業員は会社を支える大事な一員ですので、どのような場合でも利用できるわけではない、ということは覚えておきましょう。「時季変更」といって、「従業員の休暇が事業の正常な運営を妨げる場合」、企業側は別の日に休暇を取得するよう従業員に求めることができるのです。

しかしこの「時季変更」を行使する状況はきわめて限定されています。単に「忙しい」「代わりの従業員がいない」という理由だけでは行使できませんので、基本的には有給休暇は申請すれば利用できるものと考えてください。

「そうは言っても、有給休暇を使うことで評価が下がるのでは……」そう心配される人もいるかもしれませんが、「有給休暇」は労働者に与えられた権利ですし、バイト先から付与されていれば利用したから給与や査定の評価を下げるなどの扱いは法律で禁止されているので安心してください。また同様に、休暇を使わない人の評価を上げることも禁止されています。

ここからは、有給休暇を利用する際に想定されるシーンと例文をいくつか紹介していきます。

シフトが決まっているという理由から断られた場合

急な予定が入ってしまいどうしても休まなければならないこともあります。言い出しにくいかもしれませんが、取得を申し出ても問題ありません。

ただ、責任者に休暇取得を申し出たところ「そんなこと、急に言われても無理だよ。シフト組んじゃったし……」と、シフトが決まっているという理由から断られるケースも考えられます。そのような場合は事前に友人に相談し、代わりにシフトに入ってもらうなど工夫をしてみると良いかもしれません。その上で、

「事前に○○さんに相談しておいたのですが、私の代わりに出勤してくれるそうです。もちろん、迷惑をかけないようにシゴトの引き継ぎも済ませてあります」

のように提案してみましょう。会社に迷惑をかけないように配慮していることを伝えれば、責任者は安心できますし、シゴトを疎かにしているわけではないというあなたの気持ちも伝わります。自分が休むことで考えられる事態を想定して、あらかじめフォローしておくといいですよ。

責任者が有給休暇について理解してない場合

バイトでも取得できる有給休暇ですが、責任者がそのことを知らない、というケースも考えられます。

もしバイトには有給休暇は与えていないと断られた場合は、以下のように対応してみてください。

「有給休暇はバイトでも付与されると聞きました。私は有給休暇が付与される条件を満たしているかと思います。忙しいことは重々承知していますが、どうしても外せない予定があるので休ませていただいてもよろしいでしょうか?もし、××日が忙しいようであれば○○日はいかがでしょうか?」

有給休暇は法律で認められている権利ですが、法律的な観点から自分の正当性を主張すると、不快感を与えてしまうかもしれません。なるべく悪い印象を残さないように、遠回しに法律で定められたものであることを伝えた上で、責任者が予定を組みやすいようにほかの日を提案してみると良いかもしれません。

もし許可をもらえたら、「許可をいただきありがとうございます。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします」と、感謝の気持ちを添えるといいですね。

まとめ

法律で定められたものだとわかってはいても、有給休暇を利用するのがなかなか難しいこともあります。有休を使う場合は、シフトが組まれる前に早めに申し出るなど、店長や上司の負担が軽くなるよう工夫をしてみると良いかもしれません。

もちろん有給休暇は労働者に認められた権利ですので、自信を持って利用を申し出てOK。有給休暇を正しく使って、バイトもプライベートも充実させてくださいね!

「法律・お金」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 法律・お金 >  実はアルバイトでも有給休暇はもらえる!有休算出の計算式を解説