採用後

バイトを円満に辞めるために必ずやる四原則「いつまでに」「誰に」「どんな手段で」「何を言う」

バイトを円満に辞めるために必ずやる四原則「いつまでに」「誰に」「どんな手段で」「何を言う」

バイトを円満に辞める時のルールを解説。お世話になったバイトだからこそ、辞めるときもスマートに退職したいもの。どんなポイントに気を付けるべきなのか、「辞める時の四原則」や残りのシフトはどうするべきかを詳しく解説します。

退職について

契約期間が決まっているバイトは、その期間が終了して契約を更新しなければ、退職ということになります。それ以外のバイトでは、退職する時には事前に決められていればその期日までに「○月○日に退職したい」と伝えることが必要です。

はたらきたいと思って応募したけれど、はたらいてみたら思っているのと違った。すぐ辞めたい」というのはNGです。たとえば、初日に「だめだ。辞めたい」と思って退職の意志を伝えても、「退職希望日の1ヶ月前に告知すること」と決まっている職場なら、初日に辞めたいと伝えても、1ヶ月ははたらかないといけないケースもあります。もちろん、初日で「辞めたい」と思う人に、その後の1ヶ月もの間、シゴトを任せるのは職場にとってもリスクが高く、辞める時期を早める話し合いをすることになると思います。ただ「人が足りなくてバイトを雇った」というケースなら、「次の人が雇えるまではたらいて欲しい」と言われるかもしれません。

退職は、自分のために自分の意志で決めるものですが、たくさんの人に影響を与える行為でもあります。いろんな理由から「辞めよう」と決めることになると思いますが、決断する時には自分だけでなく、周りのこともしっかりとよく考えることが必要です。もちろん、「はたらき始めてすぐ辞める」というのは避けるべきです。そうならないためにも、自分に合ったバイト探しを心がけ、応募時にはしっかりとシゴト内容や職場環境を理解し、面接では不安や疑問を解消することが必要ですね。以下のページをもう一度参照して「自分に合ったバイト探し」をしてください。

「バイト探しのポイント」
「面接で質問がある場合」を参考にしてください。

辞めるときの四原則「いつまでに」「誰に」「どんな手段で」「何を言う」

辞める時に大切なのは

「いつまでに」→退職を希望する日付
「誰に」→退職したいことを伝える人
「どんな手段で」→必ず直接対面で伝える
「何を言う」→退職したい旨、その理由など

の4つになります。

退職を決意したら、できるだけ早くバイト先に伝えます。労働条件にある「退職希望日の○日前までに告知」という条件を確認し、直前に伝えることにならないように。一般的には「2週間前までに告知」が多いようですが、職場のルールに従うのが基本です。シフト制のバイトなら、すでに決定しているシフトの途中で辞めようとすると変更が難しく、他のスタッフに迷惑もかかりますから、既に決まっている勤務日はちゃんとはたらいてから辞めるようにします。

退職について伝える相手は、はたらいている職場にいる責任者です。社員や店長、マネージャーなど、職場での人事を管理している人に伝えます。メールや電話で伝えるのは失礼です。直接、口頭で伝えます。気まずいからといって無断欠勤したままフェードアウトしたり、メールで一方的に伝えて姿を現さないなどは、大変迷惑なのでゼッタイにしないでください。退職後、職場の人たちにどこかで偶然に出会うことがあるかもしれません。バイト仲間に「○月中に辞める予定」と話したことが噂になって、直接伝えるより先に、上の人に伝わってしまうというのもマナー違反。まず最初に責任者に話します。

伝える内容は、「○月○日に退職したい」というあなたの意志と期日です。誰かがシゴトを辞めると、他の誰かが代わりにその穴を埋めることになりますから、謝罪の気持ちや今まではたらけたことに対して感謝の気持ちを伝えることも大切です。「辞めようと思っているんですけど~」というような曖昧な表現はダメ。引き留められることも多くあります。意志が決まっているのなら、ハッキリと伝えるべき。理由をたずねられた時のために、相手が納得できる理由を考えておきます。「大学の研究が忙しく、両立が難しい」「就職活動がスタートするので、集中したい」「子どもが小学校に上がり、帰宅の時間が早まった」といった理由はすんなり納得できそうです。「つらい」あるいは人間関係による理由は、正直に伝えることで気まずい思いをする可能性もあります。

退職の意思が受け入れられたら、確認することがたくさんあります。

・引き継ぎに必要なシゴトを確認
・最終出社日の確認
・有休があればその消化・取り扱いについて確認
・周りのスタッフには誰が、いつ言うか確認
・最後の給与の受け取りについて
・職場への返却物の確認(制服やツール、マニュアルなど)
・退職後のルールについて確認(一定期間、同業に就けない規則や署名して提出する書類についてなど)

退職することで他のスタッフに迷惑がかからないよう気をつけて、残りのバイトの時間をしっかり勤めあげるようにします。

残りのシフトはどうすべきか

退職を告げる前にすでに予定されていたシフト(勤務)については、きちんと勤め上げてから辞めるのが社会人としてのルールです。シフトが出るタイミング(たとえば1ヶ月前)と、退職するときの申し出の「○○日前までに」のタイミングが同じことも多いはずですが、もしバイトを辞めたいと申し出た日より先のシフトがまれている場合は、店長やシフト作成の責任者に相談します。退職を申し出た日が規定通りの「○○日前」であれば、その先に入っているシフトは、お店側に任せて問題ありません。なんらかの事情で伝えてから短期間で退職する場合は、お店にも迷惑をかけていることを鑑みて、事前にシフトを代わってくれる人を探しておいたり、自分からもアクションをしている姿勢を見せることも大切です。急な退職は、バイト先はもちろんあなた自身も大変な思いをしたり、嫌な気分になることもあります。突発的な事由がない限り退職は計画的に、できれば段階的に進められるといいですね。

「これって大丈夫!?」退職あれこれ

退職に関しては、わからないことが多いのも当然です。下記にいくつか例を紹介します。自分に当てはまることがあれば参考にしてください。

【退職理由に関して】
・応募時と条件が違っていた

バイトの条件が正式に決定するのは、バイト先とはたらく人が「雇用契約」を結んだときです。雇用契約を結ぶには、賃金や雇用期間、シゴト内容や待遇といった、さまざまなバイに関する事項が書かれた「労働条件」を、バイト先がはたらく人に交付・明示しなければならないと法律で決められています。この内容を理解し納得した場合のみ、はたらく人はバイト先と「雇用契約」を結び、はたらき始めることになります。つまり この「労働条件」が、あなたがはたらく上での条件です。雇用契約を結ぶ前の話し合いの上、求人広告に書かれていた条件と、労働条件が違うこともあり得えます。労働条件が明示されたとき、内容を確認して、話し合い上にはなくしかも応募条件とも違うことがわかったら、なぜ違うのか、応募の条件通りはたらけないのかを確認することが大切です。 はたらき始めてから「応募時と違う条件だ」と言っても「雇用契約」は締結されている、とみなされます。労働条件を交付・明示される前にしっかりと確認し、応募時の内容と違う部分がないかチェックすることが重要です。よく確認しない・理解できていないまま雇用契約を結んでいるからといって、全面的にあなたの落ち度と言い切れません。求人広告時と違う条件であることを、あなたにきちんと説明をしていなかったバイト先(雇用主)の責任は重大です。違う条件(現在の条件)でバイトをするのは難しいことをバイト先に説明し、求人広告と同条件ではたらけないかを最終的に確認し、それでも難しいようでしたらバイトを辞めることも仕方ありません。万が一、バイト先から契約不履行などの話を持ち出された場合は、その場で判断をせずに、管轄の労働基準監督署に相談してください。

・いきなり「クビ」と言われた

突然に「明日からもう来なくていいから」と言われてしまったら、その通りにしなくてはいけないのでしょうか。法律的には従う必要はありません。バイトの「解雇」については、労働基準法でバイト先(雇用主)側は、あなた(労働者)に対して解雇予定日の1ヶ月前に予告するか、30日分以上の平均賃金の解雇予告手当を支払う義務がある(労働基準法20条1項)と定められています。この法律にバイト先が従っていない場合は違法ですから、この「クビ」発言自体、効力を発しません。はたらく前にバイト先と交わした雇用契約書や、バイトのシゴト内容や待遇が明記された労働条件にも退職・解雇についての規定が書かれているはずですから、そちらも必ずチェックしてください。とはいえ「明日からもう来なくていい」と言われた職場に行くのは、心情的には抵抗がありますよね。真意を確かめ、スムーズに退職ができるよう職場と話し合いを行うというのが現実的かもしれません。

・給料が払われない(給料未払い、給料が少ない・足りない)

給与明細をもらったら、あなたがバイトした日数と時間、それに対して支払われている給料が正しい金額になっているか、必ず確認をしてください。その上で「思っていたよりバイト代が少ない」場合は、所得税や社会保険料が天引きされていないか各項目をしっかりチェックし、わからない場合は店長や責任者に確認してください。「計算した額に足りない」というときは、あなたが行った計算式が確認できるものを用意して、責任者や担当者に問い合わせるようにします。たとえばですが、バイト中に壊した商品などの賠償額が「引かれている」ということなら、これは違法です。バイト代から賠償額は天引きできません。業務をしている時に壊れたものには賠償の責任が生じません。ただし、あなた自身に重大な過失があると判定される場合は、バイト先と協議して賠償額を決めることになります。あなたが了承していない・知らないのに賠償額が天引きされている時は、理由を明確にしてもらい、返却を求めることができます。「給料が支払われない」場合は、支払ってもらえるように交渉することが大切です。問い合わせや交渉には、法律の知識も必要になります。自分では交渉が難しいと感じたら、行政や民間の法律の専門家、労働基準監督署に相談するのがベストです。ひとりで悩まずに、必ず誰かに相談してください!

【退職タイミングに関して】
・短期バイトを辞めたい

短期間のバイトだからといって、自己都合で勝手に辞めるのはNGです。短期バイトは、期間を決めて「雇用契約」を結んでいます。たとえば「1ヶ月」という大前提のもとで雇用契約を結んでいますから、その期間内に辞めたくなった、といって勝手に退職すると契約違反になります。バイト先はあなたを「この期間ははたらいてもらえる」とみなして事業計画を立てていますから、新たなバイトスタッフの採用のためにコストを割くことになったり予定されていた製品が作れなくなったりすることで、バイト先が損害を被ることになります。その原因が、あなた(の勝手な事情による退職)にあるのであれば、最悪の場合、 賠償責任を問われることもあります。きちんと事情を説明した上で、退職の意向を伝え相談します。短期バイトで契約期間前に退職した場合でも、はたらいた日数については、給料が支払われます。「契約違反だったから払わない」と言われたときは、バイト先の就業規則・雇用契約を確認してください。バイトを始めるときに労働条件の交付・明示がされているはずです。その中に「契約期間中に退職した場合の給料は支払わない」といった内容が明記されているかどうかを確認し、そのような記載がないことをあらためて確認した上で、管轄の「労働基準監督署」に対応方法を相談してください。もちろんひとりでバイト先と話し合い・交渉もできますが、感情的になってしまうようであれば、第三者の力を借り、ビジネスライクに進めるのが得策です。どのような事情があっても、労働に関しての報酬は発生します。しかしながら、一方的に契約を破棄し、労働条件にある義務を果たしていないのは、あなたです。権利ばかりを強く主張し過ぎると、上記のように「契約不履行」ということで賠償責任を問われる可能性があることも認識しておいてください。

・給料日翌日に辞めたい

あなたの労働条件に書かれた退職手続きの条件を満たしている場合は、退職の予定日が給料日の翌日でも問題はありません。就業規則に準じた労働条件の退職に関しての項目の多くは、事前(具体的にいつまで/多くは2週間~2ヶ月前まで)に退職する旨を知らせてから退職する、との内容が盛り込まれているはずです。ということは、給料をもらった翌日に「今日でバイト辞めます!」宣言をして辞めようと思っていても、それはできません。バイトの場合は、シフトが組まれるタイミングなどで、区切っていることもありますので、必ず事前に店長や責任者などに確認・報告してください。その上で、翌月の給料日翌日を退職日に設定しても問題ありません

・バイト初日でもう辞めたい

バイト初日で辞めるというのは、一般的に絶対しないでください。バイト先はあなたを採用するために、求人広告の掲載にもお金をかけていたでしょうし、あなたというスタッフを受け入れるためにいろんな準備をしていたはずです。初日に辞めたとしたら、バイト先に多大な迷惑をかけてしまうことは、わかりますよね。何より、雇用契約を結んだ時に取り決めた労働条件の内容に違反することになります。退職は、この労働条件のルールに従って手続きを進めます。バイトをするということは、こういった責任が伴うのです。バイト初日でイヤな思いをしたり、わからないことばかりでストレスが溜まることがあるかもしれません。どんなことも、最初はわからないことばかりです。はたらき続けるとシゴトにやりがいを感じたり、シゴトのおもしろさに気づけるかもしれません。すぐあきらめずに、頑張ってみることも大切ではないでしょうか。とはいえ、アレルギーが出る物質を取り扱うことがわかったり、今後どんなに頑張ってもは無理だ!と強く感じたならあなたにとってもバイト先にとっても、この先プラスになることが考えにくいことも事実です。正直に理由を話し、円満に退職できるよう相談・交渉をしてください。何も言わずに辞めてしまったりすることだけは、絶対にしないでください。

・フェイドアウト退職をしたい

バイトを辞めたい、でも「バイトを辞めたい」って言うのもヤダ……と、連絡を途絶えさせフェイドアウトで退職するのは、絶対にやってはいけません。急にバイト先に現れなくなったことで、シフトの調整ができずにバイト先に多大な損害を与えてしまった、バイト先の業務上の機密を持ったまま連絡が途絶えた、ということがあれば、最悪の場合、損害賠償責任を問われたり、訴えられることもあり得ます。冗談ではありません。バイトを辞める時には、労働条件に決められた期限を守って、まず上司や責任者に告知し、円満に退職できるように手続きを進める必要があります。バイトをする=雇用契約を結ぶということは、辞める時も責任があるということです。

・契約期間中の退職について

厳しいことを言いますが、契約期間中に退職するということは、本来は契約違反です。とはいえ、 家庭の事情や体調の変化など、どうしようもない理由も発生します。まずは退職する原因が「契約を途中で解約してもいい事由」(多くの場合、家庭の事情や身体的な事情が該当します)に当たるか、労働条件や雇用契約を確認します。契約を途中解約する理由に該当はしていないが、どうしても退職したい・退職する必要があるという場合は、できるだけ早く上司や責任者に報告・相談し、お互いが納得できる条件を考えていきます。誠意をもって説明し、理解してもらうようにあなたも努力してください。やむを得ない事情で辞意を伝えても、どうしても折り合いがつかない場合には、専門家に相談することも考えてみてください。

【お金・諸届に関して】
・バイトでも退職届は必要か

基本的に必要ないと思われます。職場によって規定が異なりますから、退職の意思を伝えた際に、退職届や退職願の提出が必要かどうかの確認を行ってください。特に規定がない場合でも、口頭で退職した意思を伝えるだけでは「聞いていない」「了承していない」と言われてしまうことが不安な場合、書面で意思を表明し提出するのが確実なです。日付を入れ、コピーを取って、自分でも同じものを持っておくようにします。「退職願」は、文字通り「退職したいと思っているが、話し合い次第では取りやめる意思がある」場合に使用し、「退職届」は、「退職の意思は固く、期日が来たら必ず退職する」場合にそれぞれ提出します。 もしも、退職を受け入れてくれない、あるいは何度も口頭で話しているのに、退職させてもらえない、とう場合は管轄の労働基準監督署に対応を相談してください。退職に関して書面を用意するべきかを考えているあなたなら、労働条件にある退職に関しての決まり(例:退職日の1ヶ月前までに退職の意思を告げる)を守った上で悩んでいると思われます。辞めたいのに辞めさせてもらえない……ということはありません、必ず辞めることができますから、安心してください。

試用期間中に退職した場合の給料は払われるか

原則、支払われます。バイトを退職することを決めたら、できるだけ早く上司や責任者に報告します。労働条件によって「退職の○日前までに告知すること」と決められています。それ以前の期間で辞めることは、契約違反です(労働基準法では「2週間前までに告知」と決められています)。1ヶ月前と決められている職場なら、退職したいと告げた日から1ヶ月ははたらかなければいけないのです。試用期間についても考え方は同じです。ただし、バイト先も「この人を採用しようか」と見極めている期間=試用期間ですから「この職場では、はたらけない」と感じたら、正直に話してしまった方がベターですね。その後の試用期間は意味がなくなるわけですから、早く辞めることができる可能性もあります。試用期間がスタートした時点で、期間を定めている場合は、その期間は勤める必要があるかもしれません、必ず上司や担当者に確認します。試用期間の給料が支払われるかどうかも労働条件に定められているはずです。基本的にははたらいた以上、その時間に応じて給料は支払われます。退職の期日とともに、バイト先と相談して詳細を決めてください。

バイトを円満に辞めるためのまとめ

バイトを始めるときに交付・明示される「労働条件」には、必ず「退職」に関しての項目があります。その内容に従って退職手続きを取れば、円満に辞めることができます。退職についての決まりは、バイト先によって違いますから、必ず事前確認をしてください。退職についての決まりを知らなかったり、急な事情による退職もあると思います。そんなときは、とにかくバイト先としっかり話し合うことが必要です。バイトスタッフ1人を雇うということは、あなたが想像する以上に大変なことです。さまざまな手続きもありますし、スタッフに急に辞められると、実際お店の運営に支障を来すことにもなります。お互いに「ありがとうございます」「おつかれさまでした」と言い合えるように、辞めるときの四原則を守って、円満退社を目指してください。

「採用後」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 採用後 >  バイトを円満に辞めるために必ずやる四原則「いつまでに」「誰に」「どんな手段で」「何を言う」