採用後

バイト初日の挨拶と気をつけポイントは?(遅刻しない、おどおどしない)

バイト初日の挨拶と気をつけポイントは?(遅刻しない、おどおどしない)

バイト初日の心がまえは?

バイトが初めての人も、いろんな職場を経験している人も、バイト初日というのは少なからず緊張するもの。これから一緒にはたらくスタッフとの出会いもありますし、シゴトを初めてやってみる記念すべき日でもあります。初日にうまくスタートが切れると、いい印象を残すことができますし、あなたもきっと職場もシゴトも好きになれるはず。では初日を成功させるために、どんな心がまえをしておけばいいでしょうか。

持ち物の準備は万全に!

初日には書類の提出や記入など、はたらく上で大切な手続きがあるもの。印鑑や通帳、提出書類等、持参するように言われたものは、前日までにちゃんと用意しておきます。チェックリストを作っておけば、NO忘れものです。それと、メモとペンは必須。言われていなくても、ポケットに入るようなサイズのものを用意。シゴトのやり方や大切なことを教えられたら、すぐにメモを取れるようにするためです。「マジメだな」「熱心だな」と好印象を与えるきっかけにもなります。

しっかり睡眠、余裕の起床

寝過ごさない&体調を整えるためにも、前日はしっかりと睡眠を取れるよう心がけます。決して遅刻しないように! 経路を再確認した上で、余裕を持って出かけられるように起床し、準備できる時間を確保。

服装には気をつけて

初日の印象がその後にも大きく影響します。服装や身だしなみには十分注意してください。面接時とあまりに違う華美で派手な服装や、髪色を大胆に変えていくというのはNG。職場によって服装の規定も違うので、不安な場合は事前に確認します。

緊張はほどほどに

緊張感はゆるゆるでもガチガチでも、失敗のモト。適度な緊張が成功の秘訣。あがり症だったり、緊張が取れない人は、特に注意。

→詳しくは「面接での緊張のほぐし方」のページの方法も参考にしてください

挨拶はしっかり、さわやかに

初日は、出会った人にとにかくしっかり挨拶を心がけます。
はじめまして!
今日からバイトでお世話になる○○です
と自己紹介を兼ね、自分から挨拶。出勤前に鏡の前でチェックしながら練習しておくとGOOD。業務中の人には、邪魔にならないように気をつけるのもマナーです。これだけ準備ができればOK。自信を持って初出勤できます。

バイト初日の行動のOK/NGは?

初日の印象はとっても大切。OK行動を実践して「期待の新人」と思われたいですね。

<イチモク置かれる OK行動>

余裕を感じる5分~10分前行動

シゴトに入るまでの準備時間も考慮して、5分~10分前には職場に着くように。遅刻はもってのほかですが、勤務開始時間ピッタリや早く着きすぎるのもNG。

しっかり挨拶 元気な笑顔

初対面の印象を大きく左右するのが挨拶。元気に笑顔で挨拶するよう心がけます。もちろん、お店の中などで大声を出すのはNG。TPOをしっかり読み取れるのもデキる人の条件です。

ばっちり自己紹介

挨拶とともに「バイトでお世話になる○○です」と伝えるのはもちろんですが、ちゃんと自己紹介の時間をもらえた時は、自分のことを知ってもらえるよう簡潔に自己紹介をします。事前に用意しておくといいですね。

正しい言葉遣い

敬語や丁寧語は難しいもの。だからこそ使いこなせればイチモク置かれます。

おはようございます
ありがとうございます
今よろしいでしょうか?
いってまいります
おかえりなさい
ただいま戻りました
おつかれさまです
おつかれさまでした(帰る人に)
失礼します
お先に失礼します(先に帰るときに)

以上は使えるようにしておくべき。「恐れ入ります」「申し訳ありません」「お手数です」とワンクッション置いてスマートに話し始めることができれば、話し方マスター。

→「敬語・丁寧語ミニマム辞典」もチェック。

<がっかり残念 NG行動>

初日から遅刻

あり得ないのが、遅刻。遅れそうだとわかったら、すぐに連絡!早く着きすぎると、新人を迎え入れる準備が整っていなかったりするので、これも迷惑。

おどおど・あたふた

緊張しているのは仕方ないですが、あまりにおどおど、あたふたし続けていると、これから先が不安になります。最初から完璧な人はいませんから、わからないことはわからないと伝えて、教えてもらうのがベストです。

シゴトの飲み込みがスロー

何度も同じことを聞くのはNG。大切なポイントやコツ、職場のルールはメモを活用して積極的に覚えます。どうしても困った時は「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」と謝ってからたずねます。相手もシゴト中だということを忘れずに。

ついうっかり言葉遣いミス

「ご注文は以上でよろしかったですか」
「1000円からお預かりします」
「店長さんは外出していらっしゃいます」
「もしもし△△ショップです」
「ちょっと待ってください」

上記は全てNG。間違いやすいフレーズですから、注意が必要。先輩たちのシゴトを見て、正しい言葉遣いを。
OK表現は下記です。

・「ご注文は以上でよろしいですか
 →現在形で明確に
・「1000円お預かります
 →「~円から」は不適切
・「店長は外出しております
 →自分にとっての目上の存在でも、お客さまに話す場合に尊敬語を使うのはNG
・「ありがとうございます。▽▽ショップでございます
 →ビジネスの場で「もしもし」はNGです
・「申し訳ございませんが、少々お待ちいただけますか
 →「~してください」という命令形より、「~していただけますか」という依頼形の方がやわらかい印象に

バイト新人研修のあれこれ

新人研修にはいろんなスタイルがあります。

同期バイトを集めていっせいにセミナー形式で行うもの
テキストで基本事項を覚える座学スタイル
先輩バイトが専任担当者となって教えてくれる1on1タイプ
いきなりぶっつけ本番のOJT研修

などなど。スタイルは違えど、大切なことは

・わからないことは質問してすぐ解決
・教わったことは復習&反復
・自分でやってみて、体で覚える

という姿勢です。熱意を持って取り組んでいるその姿勢は必ず評価され、シゴトの上達につながりますよ。研修期間や試用期間には時給が変動することもあります。期間や時給については事前に説明があるはずです。わからない時は必ず聞くように。

「採用後」TOPに戻る

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > バイトノウハウ > 採用後 >  バイト初日の挨拶と気をつけポイントは?(遅刻しない、おどおどしない)