天職、見つけた!
好きなことを全力で続けていけば
自分のするべきことは自然と見つかる
#07 [後編]写真家
八二 一さん

プロフィール

八二 一(はに・はじめ)
  /藤原 なつみ(ふじわら・なつみ)

芸術系短大を卒業後、アルバイトを経て写真家として独立。ご主人、来秀則さんと共にユニットを組み、写真家・八二一として活躍。テレビ、雑誌など幅広い舞台で、カメラマン、写真講師など多才ぶりを発揮している。ブログ「はっちゃん日記」が大ヒットとなり、写真集を続々発売中。

「はっちゃん日記」
click


略歴

1991年

芸術系短大卒業後、コマーシャルフォトスタジオに勤務。

1995年

ブレーンセンターギャラリー(大阪)にて「君のニャは、」展開催。
ユニット名「八二一」を初めて名乗る。

2000年
転機

フリーカメラマンとして独立。

2003年
転機

はっちゃんの里親になる。
ブログ「はっちゃん日記」スタート。

2005年~

ブログが大ヒットし、テレビ、雑誌などのメディアで注目を浴びる。


最近のニュース

『hatch!!!!! はっちゃん日記5』

最新刊、『hatch!!!!! はっちゃん日記5』が11月25日に発売。
八二 一(青心社)
1,050円(税込)


影響を受けた人

 歌人・枡野浩一さんとコラボレーションで本を出させていただいているのですが、枡野さんは自分にも他人にも非常に厳しい方です。そういうふうに生きていくには、自分なりのこだわりや美意識を持っていなければできないはず。私も、こだわりを持たなければと思いますね。


あなたにとってバイト経験とは?

 ポケットアルバム製作の会社でのアルバイトでは、写真家を目指している自分がまさかデザインをするとは思いませんでした(笑)。でも、そのバイトも面白がりながらやっていたから、今、はっちゃんの写真集作りでいろいろなアイデアを出せるんだと思いますね。




TEXT:東出 幸子 PHOTO:森 浩司

はっちゃんラップ:「はっちゃん日記」に掲載する写真は、毎回藤原さんがコメントをつけている

ブログがヒットしたことで
続々と新しいチャンス到来!

 猫の写真展を開いていたのをきっかけに、犬や猫などのペットを撮影する仕事をしていたんですが、その流れで出版社から「野良猫の写真集を出しませんか?」とお話をいただいたんです。その時に、前から趣味で書いていた「はっちゃん日記」のことを話したら、面白いと言ってくださって、はっちゃんの写真集を出すことになりました。それが、いまも続いているはっちゃんシリーズの第1弾「はっちゃんち。」です。
 このシリーズは装幀以外は中のデザインも構成も任せていただいているので、作っていてとても楽しいです。趣味の本を作っているような感じですね。
 その後、使っていた掲示板の運営会社でブログのサービスが始まったので見てみたら、ブログは毎日更新するのにとても便利なツールらしい、ということがわかりました。それで、「はっちゃん日記」をこれまでの掲示板からブログに変えたんです。ブログにしたら一気にアクセス数が伸びて、「はっちゃん日記」が大ブレイク。写真集にする話やテレビや雑誌などからの取材が殺到するようになりました。
 注目していただけることで、自分たちが好きで面白がってやっていたことが仕事に結びつくようになってきました。でも、いまも「はっちゃん日記」の更新は仕事ではなくてストレス発散法(笑)。はっちゃんの動きが面白いからみんなにも見て欲しい、自分たちがまず楽しんでいるというスタンスは、これからも変わらないですね。


八二 一/藤原 なつみ

好きなことを一生懸命やってきた
10年経って、ようやくつながってきた

 いままでいろいろ好きな仕事をしてきましたが、10数年経って、最近、すべてがつながってきたなと感じています。自分でデザインしている写真集に関しても、フリーになる前にポケットアルバムを制作するアルバイトでデザインソフトの使い方を学んでいたから、いま、写真集のデザインができるんですよね。
 いま、ペットを撮影する方法を教える講師の仕事もしていますが、お話をいただいた時は自分にできるのかどうか心配でした。でも、面白そうだから引き受けてみた。そうしたら、講座を受講しにきてくれる生徒さんたちは、みんなすごくペットが好きで、みるみるうちに上達していくんです。だから、もっといろいろと楽しみながら学んで欲しくて授業の準備にも熱が入る。そうすると自分自身勉強になるし、皆さんが求めている写真や、面白がってくれる写真がわかってくるので、講師の仕事が撮影の仕事にも活きてくるんです。
 もちろん、いまでこそ、すべてがつながってきたと思えますが、振り返ってみると、その時その時でやりたいことをやってきただけで、それらをつなげようと意識していたわけではありませんでした。でも、好きなことばかり選んでやっていたけれど、それは脈略もなくやってきたわけではなくて、きっと自分の中でなにかしら関連性があったんだと思います。実際、カメラマンの仕事じゃなくても写真にまつわる仕事、という軸はぶれていなかった。だから、いま、ひとつの形になってきたのかもしれないですね。


八二 一/藤原 なつみ

天職をつかむには?
好きなことの先に見えてくる

 天職をつかみたいからといって、最初から何かひとつの仕事を目指す必要はないと思います。全然違うことでもいいと思うんです。私ももともと動物写真家を目指していたわけではありませんでした。猫の写真は趣味で撮りながら写真展を開きつつ、いろいろなアルバイトをしてきた。それはどれも嫌々やっていたのではなくて、みんな楽しんでやっていました。
 好きなことならどんな仕事でも楽しめるはずです。たとえ辛い状況だとしても、その思いがあれば平気なはず。1つの会社にいなくちゃ、と考える必要もないと思います。実際、私もいろいろと職を変わっていますが、目の前の頼まれたことを一生懸命やってきただけでした。
 そうやって、一生懸命になんでも好きなことをやってみる。そうすると突然、自分のするべき仕事が見つかるものだと思います。私もいまは写真だけではなくてライターとしての仕事もしているんですが、自分がそういうことをするようになるとは思っていませんでした。でも、その仕事も楽しい。天職を見つけようと堅苦しく考えないで、やりたいことを全力でやっていればいいと思いますね。
 そもそも、最初からこれをやりたいという仕事があって、それに就けている人って少ないと思うんです。それよりも、いろいろ楽しみながらやっているうちに、それがつながっていって、気がついたら、「あれ、こんな仕事してる」って感じるものだと思います。そして、そういう人のほうが成功しているような気がしますね。


前編はこちら


ほかの「天職みつけた!」を見る

おすすめコンテンツ