インタビューTOP
東村アキコ / 「自分探しセレブ」って贅沢でうらやましい。

【教えて!センパイ 連載:第5回】職業:マンガ家:東村アキコ

毎月さまざまなかたが登場し、みんなのバイトの悩みにお答えします。参考にしてください!
東村アキコ / 「自分探しセレブ」って贅沢でうらやましい。

〜あの頃のバイト生活〜「東村アキコ」の場合|ナタリーページ→

Q

バンド活動の傍らで、割のいいバイトをしようとコールセンターで働くことになりました。ところが僕はかなり滑舌が悪くアガリ症、声が低くて聞き取りづらいと言われます。電話の応対が上手にできるかすごく不安です。東村先生はコールセンターで勤務していたということですが、どうしたら電話応対が上手になるでしょうか。

A

私も最初、上司に声が低いってすっごい言われて一番劣等生だったんですよ。周りのみんなはウグイス嬢みたいな、かわいい高い声で。でもいつの間にか、何も言われなくなりました(笑)。無理に声を高くしたり早口にしなくても、普通にゆっくりしゃべって、自分に合ったやり方を生み出すほうがいいんじゃないですかね。バイトってそういうもんですよ。真面目にやってりゃなんとか許してもらえる(笑)。すごいミスしなければ大丈夫!

Q

21歳の女子大生です。お酒が好きなのでバーテンダーとして働いてみたいと思っているのですが、両親が厳しく、21時の門限まで帰ってこいと言って聞かないのです。21時までに帰るバーテンなんて正直想像がつきません。なんと言って説得すればよいでしょうか。

A

まるます家(昼から営業している赤羽の大衆酒場)で働けばいい! あそこはもう日本のバーだから。まだ若いんだし、親も思うところあってあなたに21時に帰れって言ってるわけでしょ。信用がないわけでしょ。変な男に捕まるかも……とか思ってるんだろうから。ここはぜひ赤羽に行きましょう。昼から酒飲んでる人が東京にはいっぱいいるからね。浅草で電気ブラン作るのもいいかもしれない

Q

3歳の子供が幼稚園に行ってる間にスーパーでレジ打ちのパートをしています。同じ職場に、まるで「主に泣いてます」の泉さんのような絶世の美人(独身)がいるんですが、小太りの店長にいつも言い寄られて困っている様子です。仕事は辞めたくないそうなのですが、このままでは続けられないと泣いていました。何か助け舟を出せるいい方法はないでしょうか。

A

新興宗教に入ってるっていう設定でいくのが一番いいんですけど……それはダメだよね?(笑)。美人は本当に大変ですよ。彼氏がいるフリをするしかないかな。ちょい強面の彼氏役の写メをネットで落として、その人とLINEしてる素振りなんかをしてあげたらいいと思いますよ。あ、彼の設定はしっかりリアリティ持たせて作り込んでくださいね。それで小太りの店長に「○○ちゃん、なんかもう彼氏と一緒に住み始めたみたいですね」ってあなたが言って助けてあげればいいと思う。

Q

27歳のフリーターです。大学卒業後、特に就活もせずいくつかのバイトをして生活しています。将来何かになりたいという希望もなく、漠然と毎日を過ごしています。何とかこの状況を打破したいのですが、何から始めていいのかわかりません。どうしたらやりたいことが見つかるでしょうか。

A

もうやりたいことを見つけようと思わずに、ないまま生きていくしかないんじゃないですかね。逆にうらやましいですけどね。私はやりたいことがありすぎて、いつも忙しくて、自分探しをする暇もなかったから。「やりたいことってなんだろう」って思いながら、あてもなく街を歩いたりしてみたいですね。 “自分探しセレブ”っていうか、これから自分を探せる贅沢さが羨ましくてしょうがないです。もしかしたら40や50になってからやりたいことが見つかるかもしれないし、やりたいことができるまで貯金するしかないんじゃないですか。で、もうどうしても最後までやりたいことが見つかんなかったら、その貯金で飛鳥(豪華客船)とか乗ればいいよ!

Q

将来自分の店を持ちたいと思い、修行のためにバーで働いています。実家が自営業なのですが、父の体調が優れず、私が家業を継がないと廃業するという話にまでなっています。夢を追いたい気持ちはあるのですが、親は私に家業を継いでほしいと思っているようです。どちらを取るべきかなかなか結論が出ません。

A

1回家業を継いでみて、やっぱりヤダって思ったらバーテンやればいいんじゃないですか。アイドルや野球選手になりたいわけじゃないし、バーテンは何歳でもなれるから。「ドラゴン桜」の三田(紀房)先生って、マンガ家になる前にご実家のテイラーを継いでお兄さんと働いてたんですよね。そのときのことがすごく今役立ってるって、前に仰ってましたよ。普通の人は親を捨てようと思えば「俺はやりたいことがあるから」って捨てるのに、この人はこうやって相談してくるくらいだから、やっぱり捨てられない理由があるんだと思う。だから親孝行と思ってとにかく1回家業を継いで、その近くでお店を開けばいいと思いますよ。がんばれば両方できるんじゃないかな?

東村アキコ

1975年10月15日宮崎県生まれ。1999年、ぶ〜けDX NEWYEAR増刊(集英社)にて「フルーツこうもり」でデビュー。2001年、Cookie(集英社)で「きせかえユカちゃん」の連載を開始。ファッショナブルな登場キャラクターとライブ感のある話作りで人気を集める。2006年、モーニング(講談社)にて自身がデビューするまでの様子を家族のエピソードとともに描いた「ひまわりっ〜健一レジェンド〜」の連載を開始。代表作には、「ママはテンパリスト」「主に泣いてます」などがある。Kiss(講談社)にて連載している「海月姫」は第34回講談社漫画賞を受賞し、同誌では「バラクラ」「タラレバ」も連載中。またCocohana(集英社)にて「かくかくしかじか」、モーニングにて「メロポンだし!」を連載している。また、ナタリーのマスコットキャラクター「ナタリー信子」と「マシュー」は同氏による描き下ろしである。

ほかの「教えて!センパイ」を見る

おすすめコンテンツ