ダンテ・カーヴァーさん メイン写真

 CMですっかりおなじみ。 スポーティーな体にコケティッシュなしぐさのミスマッチがかわいらしくもおもしろい、この人、ダンテ・カーヴァー。彼にとっての海外=日本での活躍を影で支えたのはアルバイトだった。

バイトがあったから 〜日本を知り、言葉を覚えたアルバイト〜

ダンテ・カーヴァーさん

 「僕が日本に来たのは、大学を卒業したときに日本人の友達から“来てみたら?”って誘われたから。4歳のころから松涛館空手を習っていて日本の文化や武道には興味をもっていたんだけど、友達と話しているうちにまた興味をもってね。興味があるなら直接体験するのが一番いい、そう友達に言われたし、ちょうどそのときアルバイトしていた会社が規模を小さくしたので、ちょうどいい機会だと思ったんだ。

 来日して最初の1ヵ月はよかったよ。エキサイティングだったしね。モデルを日本でもやろうと思って事務所にも入った。エンターテインメントの世界はずっと憧れで。アメリカでは特別なときに家族全員でショーや映画を見るのはとても幸せな体験なんだ。そんな幸せを与える仕事をずっとしたかったんだ。

 でも日本でモデルの仕事だけで生活するのは大変だった。これはモデルだけじゃなく、どんな会社でも同じだろうけど、外国人が正社員につくのはとても難しいんだ。外国人だという理由だけでハードルが高くなってしまう。だから僕もモデルをやりながらアルバイトをしていた。最初にしたのはプライベートの英会話の教師。大学時代の友達のつてを頼って生徒を集める。生徒の信頼を勝ち取り、目標を立てて達成のために一緒に努力していく。これをひとりでやるわけだからプライベートレッスンは大変だよね。でも、いいこともあったんだ。まずリアルな日本を見ることができたということ。生徒さんはほとんどが社会人だったから仕事終わりにレッスンをやることが多くてね。疲れきっていて、それでも礼儀正しいところもあって…という日本人の姿。ポロッと出てくる仕事のグチなんかを聞くのも楽しかった。それにプライベートだから、僕が英語を教える代わりに、日本語を教えてもらうということもあって上達に役立ったよ。でも、僕が教えているときは起きているのに、日本語を教えるときになるととたんに居眠りしちゃう人もいた(笑)。

ダンテ・カーヴァーさん ただ、プライベートレッスンは自分ひとりにかかる責任も大きければ、仕事の量も多い。それに、生徒さんによってレッスン料を変えていたので——余裕のある人からは多めに、余裕がない人からは少しだけ、というふうに。だって取りすぎると気分がよくないじゃない?——収入が安定しなくて困ってしまって、結局はスクールの講師になったんだけどね。アルバイトの収入が安定すれば、毎月決まった分を自分のトレーニングに当てられるようになるという事も変えた理由。

 あと、友達がやっているカフェでアルバイトしたこともあった。これはバイト料はほとんど出ない、半分ボランティアみたいなものだったけど、自然な日本人の姿を知ることができる貴重な体験だった。今思うと僕はやっていないけどコンビニエンスストアもいいよね。人々の生活を知る良いアルバイト場所だと思う。僕はこうやって、アルバイトを通して日本語を学んで、日本のことを少しずつ知るようになったわけさ」

プロフィール

ダンテ・カーヴァーさん

Dante・Carver (ダンテ・カーヴァー)


 1977年、ニューヨーク生まれ。大学在学中からモデルとして活躍。カンフーをはじめ武道、スポーツにも優れ、芸風も幅広い。
 ファッションモデルとして多くの雑誌やショーに出演していたが、ソフトバンクのCM「予想GUY」シリーズで大抜擢されて以降、「白戸家」シリーズにも継続して出演しブレイクする。
 俳優としての活躍も期待されており、『感染列島』(2009年1月)ほか公開待機作が続く。

インフォメーション

俳優としての活躍も…
公開待機作『感染列島』

 「完璧なモデル」とカメラマンをうならせる長身としなやかな体、ポージング。しかしそれは俳優としての能力にもつながるものだ。“予想GUY”、白戸家の長男役で開花した能力は広く知られるところとなり、映画への出演が今後増えていく。
 来春1月には『感染列島』が公開。 未曾有のパンデミックに見舞われた日本を舞台に、ウイルスと人間の戦いを描くハードなパニックムービーで、ダンテはWHO西太平洋事務局の医師役を演じる。
 「ダンテ・カーヴァーとして認めてもらえるようになりたい」。一時期はCM出演男性の好感度No.1といわれた彼だが、本当に望むのは「白戸家の長男の人」「予想GUYの人」という肩書きナシに“ダンテ・カーヴァー”という名前と顔を素のままで知ってもらうことだという。
 ダンテとしての「幸せを与えることのできる仕事」の新しいステップがまた始まろうとしているのだ。

感染列島

『感染列島』
瀬々敬久監督 2009年1月17日公開予定。出演:妻夫木聡、壇れいほか

撮影:三橋令嗣

取材協力:TOKYO HEADLINE

ほかの「夢のかけはし」を見る

おすすめコンテンツ