side:Aへ side:Bへ
モエヤンメイン写真

「タイツ脱いだら誰だかわかりませんもん」(久保)。いやいや、そんなことはありません。プライベートなスタイルで登場してもらったのは、ヌーブラヤッホーでブレイクしたモエヤンの久保いろはと池辺愛。全身タイツの舞台度胸はアルバイトで身につけた…?

バイトがあったから〜販売スタッフ〜

モエヤン

久保いろは(以下・い)「私たちのような仕事をしていると、どうしてもアルバイトじゃないとダメなんですよ。急なオーディションが入ったり舞台が入ったり。ワガママだけどそういうときはそっちを最優先にさせてもらえるところでアルバイトをしなくちゃ。私はたまたま、大勢の劇団員がアルバイトをしている居酒屋と料理店に入れて、そのお店は劇団員に理解があってよかったです」

池辺愛(以下・あ)「私もそうです。大学生のころは塾の講師をやっていたんですが、この仕事(芸能界)を始めるようになってからはスケジュールが厳しくなったので辞めて、融通の利く派遣のアルバイトをするようになったんですよ。でも、塾の講師は今の仕事にも役に立ったと思うんです。例えば、私、活舌が悪くて“イ”音の発音が弱かったんですね。『わたし』というのが『わたす』って聞こえるらしいんです。生徒に『東北出身ですか?』って聞かれて、ああ、そう聞こえるんや、直さなきゃって活舌の練習したり…」

い「いまだに活舌悪いけどな。ホンマに役に立ったのかな〜?(笑)」

あ「役に立ったということにしとこうよ!(笑) それに高校3年の受験生のクラスを持ったことがあるんですが、そういう子たちを教えているときに、質問されて答えられへんと、生徒が不安がるやんか。最初はドキーッとしてドギマギしてたんやけど、だんだん『それは来週の授業でやるからね』ってニコッと笑えるようになりました。ある意味舞台度胸? ステージでも、失敗してもうまく笑いに持っていくことができるようになったし、ね?」

モエヤンい「ほんまかな〜(笑)。私の場合は、アルバイトで自分の存在価値というか、どんな役割を果たせばいいかを考えるようになりました。居酒屋なんですけど、店員さんは俳優や女優ばっかりで、自然とみんな役割を持つようになっているんです。マドンナ的な役、グチを聞く役、笑わせる役。常連さんの多いお店だったので、お客さんはみんな目的があってくるわけですよ。グチをこぼしたいとか、マドンナに会いたいとか。そういうときに、そのお目当ての人がいないと『○○ちゃん、今日はいないんだ』ってがっかりする。そういうときに、自分がどうやれば“がっかり”な気分をアゲてもらえるのか考えるようになりましたね。空気も読めるようになったし、喜んでもらうという意味ではエンターテインメントと一緒だと思うんですよね」

あ「アルバイトって今もコントやトークのネタを考えるのにも役に立ってるよね。お坊さんや婦人警官のネタのように職業をネタにするときは、その仕事のことを掘り下げて知らないとダメだし。実はお坊さんのバイトはなかったけど、巫女さんのアルバイトはやろうとしたことがあるんですよ。大阪の恵比須さんに問い合わせたんですけど『今は募集してません』て。夏やったからかな…」

い「普通は年末年始やろ。思いつく時期、間違ってんやん!」

あ「今思えばそうや(笑)」

プロフィール

モエヤン


池辺愛(左)、久保いろは(右)によるお笑いユニット。ユニット名がなかなか決まらず「もう、ええやん!」と叫んだところから命名。“ヌーブラヤッホー”でブレイク、お茶の間を席巻。お坊さんやメイドのネタなども持ち、現在はウクレレを弾きながらの“お笑い流し”を月イチのペースで下北沢で実施中だ。

インフォメーション

モエヤン


出演続出! ヌーブラヤッホーが行く!

 「とある番組のオーディションの最後で、“せっかくだからこれもやっとこうか”とやってみたら、なぜかハマってしまって。“これやったのか!”という感じ」とヌーブラヤッホー誕生を語る久保。

 もともと、久保、池辺とも芸人ではなく、歌手活動やSET、伊東四朗一座などでそれぞれ活動を重ねてきた。

 「漠然とした軸としては、音楽と笑いを大事にしていて、メロディー、リズムと笑いをどうまとめてひとつのパフォーマンスにできるかを考えています」と池辺。

 「人に笑ってもらって幸せになってほしい、というのが原点です」。今後、さまざまなテレビ・ラジオ番組、舞台、ライブ、そして街を舞台にした“流し”と活動の幅をますます広げていきそうだ。  

【レギュラー番組】
日本テレビ『ラジかるッ』夕刊コーナー毎週月曜日担当
(http://www.ntv.co.jp/radio/)
NA CK5『チャイム!』パーソナリティ毎週月曜担当
(http://chime.fm/pc/w_ index.php)
ニッポン放送 毎週日曜『三宅裕司のサンデーハッピーパラダイス』中継コーナー・モエヤンのヌーブラヤッホーお届け隊
(http://www.1242 .com/chart/)

撮影:三橋令嗣

取材協力:TOKYO HEADLINE

ほかの「夢のかけはし」を見る

おすすめコンテンツ