武井咲

Emi Takei
女優

素直で豊かな大人になる夢が、今の私の原動力 そのために、あらためてシゴトに夢中になっています

デビューから10周年。常に第一線で活躍し続けている女優、武井咲。10代という多感な時期、シゴトに全力で挑んできた。その過程には、華やかな舞台からは想像もできない葛藤や悩みがあった、という。現在、22歳。そこには、次のステージに進んだ武井咲がいた。心のゆとりに、豊かな表現力を携えて、可憐な姿を魅せ続ける。

本当に実写化できる!?
プロのスゴ技を体感

映画『テラフォーマーズ』では、ヒロイン・秋田奈々緒を演じました。以前から原作は読んでいて、ありえない設定が印象的な大好きな作品のひとつでした。ただ、オファーをいただいたときに最初に思ったのは「本当にこれを実写化することができるの!?」という疑問。火星という舞台、「テラフォーマー」がどんな形で登場するのか、登場人物たちの変異についても未知の世界でした。ただ、監督が三池崇史さんだと聞いたときに、想像を超えるスケールの「三池ワールド」ができるに違いないと、疑問が期待に変わりました。現場では総額1億円をかけたという豪華なセットや、1ミリ単位の細部まで計算されつくした衣装など、本当に驚くことばかりでした。宇宙服は、出演者全員の体のサイズを測って仕立てられた特注品。メイクテストなども入念に行われました。各部門のプロたちが、この壮大な物語を実写化するために、知恵と技術を100パーセント出している姿は、本当にカッコよかった!素晴らしい技術の集大成に、絆を描いたストーリー。今までに体感したことのない映画となっています。ぜひ、みなさんにも味わっていただきたいです。

自分の時間を持ち
シゴトへの愛情が増す

今年、デビューから10周年を迎えました。振り返ると10代のころはずっとがむしゃらで無我夢中――。息をつく時間もなかったような気がしています。シゴト以外のことなんて考えてはいけないと思っていたし、もちろんプライベートのことにはいっさい手が回っていませんでした。さらに、周りには大人ばかり……というプレッシャーも抱えていました。子ども扱いされることが悔しくて、つい自分をつくってしまうような部分も多々ありました。確かに「やりたい!」と思っていることや信念はあるのに、それを背伸びでしか表現できない……。そんな風に10代は葛藤を繰り返してきたような印象です。今考えると、自分じゃないみたい。それくらい、もがいていました。20歳を越えてからは、このままではいけないと思い、解決方法を自分で探すようになりました。その結果、だんだんと「自分の時間」と「シゴトの時間」のメリハリがつくようになりました。オフの時間を見つけては、買い物をしたり、家族に会ったり、料理をしたり……。リフレッシュやインプットの時間を持てるようになると、物ごとに対する考えかたが変化し、シゴトにもいい効果をもたらすようになります。まずは、10代にはうまく表現できなかった信念を、自分らしさとして受け取れるようになり、作品に対する愛情も増してきました。監督から言われたことに対しては、プラスアルファで「自分はこう答えよう」と考える力がついて、作品を知れば知るほど好きになっていきます。もちろんこう思えるようになったのは、10代の経験があったからこそ。あのときのシゴトが、今、活きていると感じる瞬間がたくさんあります。

理想の30代を目指して
今、何をする?

女優のシゴトを通して、難しい部分と、それを乗り越える喜びを感じています。2015年夏に出演したドラマ『エイジハラスメント』では、正義感の強い女性を演じました。そんな彼女が、好きな男性に対して翻弄されるという台本を読んだときに、どうしても腑に落ちませんでした。「私なら違うのに……」と思って、ずいぶん悩みました。3月まで出演したドラマ『フラジャイル』でも、そう。医療ドラマですから、人の死は切っても切り離せないもの。人の命が終わる瞬間を目の当たりにしたときの演技には、何度も何度も考えさせられました。本当にこの表現が正しいのだろうか――。それらは自分の固定観念を捨てることで、少しずつ自分なりに解決してきました。自分が今まで集めてきたものや考えかたを、どんどん引き算して、役に対してピュアでフラットな姿勢で挑むことを実践しています。喜びは、たくさんの出演者さんやスタッフさんが集まってワイワイやっている現場にいられることです。ひとつの作品を手掛けることは、「ひとつの街」をつくるくらい大変なことのような気がしていて、やりがいを感じます。その「街」の中で、泣いたり怒ったり大笑いしたり、感情を100パーセント表現できることは、何物にも代えがたいしあわせだと思っています。私、30歳になるのをすごく楽しみにしてるんです。今は、30代を過ごすときに理想の自分でいるための、いわば準備段階。理想の自分=素直な自分のことです。人から聞いた言葉をすぅっと吸収し、自分から発する言葉には嘘がない、心の豊かな大人になりたいです。そのためにしていることですか? そのために、今はいっぱいはたらいています!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > インタビュー >  武井咲