事務バイトの「私服勤務OK」ってどこまで自由?許される服装・NGな服装まとめ

デスクワークが中心となる事務のアルバイトは、社会人としての基礎が養われる職場として、新卒での入社を控えた学生にも人気のバイトです。

そんな事務の仕事が決まったとき「バイトなんだから、私服でいいのかな?」「会社だから、やっぱりスーツ?」「オフィスで浮かない服装ってどんな感じ?」と悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは、事務バイトが実際に始まる前に知っておきたい、服装についての常識や知識、アドバイスを紹介します。

事務のお仕事、服装は?

オフィスワークである事務バイトでは、どんな服装で仕事をすればいいのか、最初はわからないものです。求人情報に「私服勤務OK」などの記載がある場合は、もちろん普段の服装で勤務してもかまいません。

そうした私服での勤務が許される会社は、社員も私服な場合が多いのですが、スーツを着用している会社も多いです。その場合は、あまりカジュアルすぎたり、華美な服装は控え、あくまでオフィスではたらくことを意識した服装であることが望ましいです。私服の場合、季節によって服装を変えることもできますので、季節に応じた私服勤務の事例を紹介します。

夏場勤務の場合

暑い季節とはいえ、極端な薄着は職場での服装には相応しいとはいえません。涼しげな印象を与える白や薄い水色のカットソーにシンプルなデザインのパンツを合わせ、夏用ジャケットを羽織ったスタイルは急な会議の場にも対応することができます。ワンピースなどは、膝丈よりも長めが好ましいとされる職場は多いようです。

少しラフな会社の場合、ジーンズとシャツやカットソーという服装でも問題ない場合もありますが、ジャケットを1着オフィスに置いておけば、外出の予定が入ったときなどにとても重宝します。

冬場勤務の場合

基本的には夏場と大きな違いはありませんが、暖房の効いた環境に適した素材を選び、襟つきのシャツやブラウスなどを着用することをおすすめします。シャツでなくとも、ニットなどを着用し、清潔感や誠実さを感じさせる印象に仕上げれば、職場でも浮いてしまうことはありません。トレーナーなどの素材でオフィスカジュアルに合うものもありますが、フードが付いているパーカーなどは遊び着に近いため避けたほうが無難です。

私服のボーダーラインというものは職場によって大きく異なります。はたらき始めのうちは「私服勤務OK」と書かれている場合でも、なるべく無難だと思える服装を選びましょう。

どんな服がNG?

「私服OK」の職場とはいえ、避けるべき服装はあります。具体的には、あまりにも派手な服や突飛なデザインの服、オフィス向きではない流行の服、露出の多い服などは仕事の場に向いている服装とはいえません。

職場では、清潔感のある服装、安心感、信頼感を与える服装を意識しましょう。事務の仕事では、受付や書類の受け渡しなど社外の人と関わる機会も少なくありません。たとえバイトであっても、「自分の見た目が、そのまま企業イメージに直結する」と考えましょう。

毎日服装を変えるよりも、自分の中で仕事着をパターン化させることも悩みの解消につながります。スーツとまではいかなくとも、襟つきのシャツやカットソー、落ち着いた色味のジャケットは無難です。心配な人は、まずはスーツを着用して出勤し、しばらく様子を見ることをおすすめします。その上でTPOをわきまえた私服に切り替えていくと良いでしょう。

オフィスにいる多くの社員の服装がラフに見えても、バイトで出勤する際にはパーカーやスウェットなどラフな服装は避けるべきです。服装は、見る人によってその人の内面や性格なども判断されてしまう場合もあります。職場の人たちとうまくコミュニケーションを取り、仕事にも慣れてきたころに周りの人たちに服装を合わせていくことが無難ですね。

アクセサリーにも気をつけよう

つい気を抜いてしまいがちなのが、アクセサリーの取り扱いです。アクセサリーは自分を飾る要素が強く、基本的には仕事には必要のないものです。

デザインが控えめな結婚指輪や目立ちにくい小さなピアス、腕時計程度であれば着用を認める職場が多いですが、できれば事前に確認をしておくと良いでしょう。見た目のイメージはとても大きな影響を与えます。会社はあくまではたらく場所。以下のチェックリストを参考に、節度ある身だしなみを心がけましょう。

○髪型は清潔に整えられているか / 寝癖はついていないか

○長い髪はスッキリとまとめられているか

○髪色は派手ではないか

○メイクは職場に適したものであるか / 無精髭が生えていないか

○眼鏡のレンズに汚れはないか

○服のデザインや色合いはオフィスに適したものであるか

○鞄や靴に汚れはないか

○不必要なアクセサリーを着けていないか

事務バイトの職場は一般企業が多いため、プライベートで楽しむおしゃれな服装ではなく、あくまではたらくことを意識する服装が大切です。初めて仕事に向かう際には、全身が映る鏡の前に立ち、客観的に自分の格好を見た場合にどんな印象を抱くのか、冷静な目で判断してみることをおすすめします。

まとめ

仕事の場にふさわしい服装の大切なポイントは、清潔感です。きちんとした服装は見る人に信頼感を与え、着ている自分自身もビジネスに携わる一員として業務に集中することができます。

「私服勤務OK」の職場であっても、バイトだからと気を抜くのではなく、仕事をする場であること、また社外の人ともやりとりがある場合は「自分の見た目が、そのまま企業イメージに直結する」ことをしっかりと意識し、常識の範囲内の服装で出勤しましょう。

職種カタログ(一般事務)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  事務バイトの「私服勤務OK」ってどこまで自由?許される服装・NGな服装まとめ