セルフサービスのガソリンスタンドのバイトって何するの?あまり知られていない業務内容をまとめてみました

サービス業の中でも、ハードな肉体労働で大変そうな印象のある、ガソリンスタンドのアルバイト。セルフサービスのスタンドならば、店舗によっては仕事も少なく、楽なイメージもありますが、意外にやることはいっぱいあります。セルフサービスのガソリンスタンドでは、具体的にはどのような業務内容があるのでしょうか。また、深夜のセルフスタンドのバイトは楽だという噂がありますが、本当なのでしょうか。ここでは、セルフサービスのガソリンスタンドの業態と、その業務内容について紹介していきます。

セルフサービスのガソリンスタンドの業務内容とは?

ガソリンスタンドには、大きくわけてふたつの業態があります。ひとつは「フルサービスのガソリンスタンド」、もうひとつは「セルフサービスのガソリンスタンド」です。セルフサービスのガソリンスタンドでは、給油などをお客さま自身が行います。しかし、スタッフはまったく何もせずに良いわけではありません。

監視業務と給油許可

セルフサービスのスタンドでの主な業務は「監視」と「給油許可」です。基本的には、セルフサービスなので、店舗から出てきて、窓拭きなどの積極的なサービスはしません。お客さまが来たらその様子を観察し、給油方法が理解できなくて困っていないか、危険なことをしていないか、ポリタンクなどの危険な容器でガソリンを買おうとしていないか、子どもが給油しようとしていないかなど、安全を確認する必要があります。場合によっては、お客さまのそばまで行って案内をする必要も出てきます。

お客さまに問題がなければ、店舗の中から給油許可ボタンを押します。お客さまが給油口にノズルを入れ、スタッフが給油許可ボタンを押せば、ガソリンが給油されるようになっています。

物販や電話応対

店舗の中で、お菓子やカーグッズなどを売っている場合には、その販売業務もスタッフの仕事です。また、問い合わせの電話などに応対する業務もあります。社員が不在のときや忙しい場合などは、バイトスタッフも電話応対をすることがあります。

掃除

店舗やトイレの掃除、ガソリンの汚れなどを掃除するのも、バイトの仕事です。多くのセルフスタンドでは、お客さまのクルマを掃除する必要はありませんが、まれに有料サービスとして車内清掃を提供しているガソリンスタンドもあります。その場合にはクルマの窓拭きや清掃が、業務内容に含まれる場合もあります。

レジなどの会計

セルフサービスのガソリンスタンドでも、精算がセルフでない店舗もあります。その場合はガソリン代をレジで支払うため、レジ業務が仕事に含まれます。また、新規のお客さまには、会員カード作成などの業務が発生するケースもあります。

深夜は作業が少ないので楽!?

24時間営業のガソリンスタンドならば、深夜バイトもあり得ます。一般的に深夜にはたらくことは大変なイメージがありますが、多くの店舗では深夜はお客さまが少ないため、かえって楽な場合もあります。ここでは、セルフサービスのガソリンスタンドの深夜事情を紹介しましょう。

時給アップにお客も少ない深夜バイト

深夜バイトを行う最大のメリットは、時給がアップすること。さらに一般的に深夜はお客さまの数も少なくなるため、比較的仕事は楽になります。店舗にもよりますが、多くのセルフサービスのガソリンスタンドでは、深夜の仕事は監視業務が主なので、お客さまが来店すれば給油許可ボタンを押すだけで、それ以外は基本的には待機する時間という職場もあるようです。

暇すぎてかえってつらいことも

作業の少ない深夜バイトですが、暇が過ぎるとかえってつらいといった声もあります。仕事がなければ時間の経過はゆっくりと感じられ、することがないからといって、眠ったり遊んだりしているわけにもいきません。また、深夜はたいてい2人程度の少人数の勤務となるため、一緒にはたらいている人との相性が悪ければ、つらい時間になる可能性もあります。

忙しい店舗もある

深夜だからといって、必ずしも暇な店舗ばかりではありません。立地によっては、深夜でも多くの来客がある店舗もあります。トラックが多数来るようなガソリンスタンドでは、その対応などに追われる場合もあります。また、深夜の人数が少ないときにトラブルがあった場合、ひとりで解決しなければならない、といった状況も考えられます。

精算が自動かどうかは要確認

セルフサービスのガソリンスタンドでバイトをする場合には、「精算が自動か」を確認したほうが良いでしょう。セルフサービスのガソリンスタンドにも多様な業態があり、その仕事の内容によって、サービスの大変さが違ってきます。セルフサービスのガソリンスタンドでも、仕事内容がフルサービスに近くなるほど、サービス業としての要素が強くなります。

併設型のガソリンスタンド

フルサービスのスタンドの一部に、セルフサービスで使える給油機が設置された、併設型のガソリンスタンドがあります。この場合、お客さまがどちらの給油機を使用するかを、選ぶことになります。セルフ利用のお客さまに対しては接客はしなくても良いのですが、バイトの業務内容はフルサービスのガソリンスタンドとほぼ変わらないため、心構えが必要です。

レジで会計するタイプのガソリンスタンド

給油機はすべてセルフサービスであっても、支払いは店舗のレジで行うタイプのガソリンスタンドもあります。この場合はすべてのお客さまに対して、レジ業務を行います。窓拭きや誘導などといったサービスがないぶん、フルサービスのガソリンスタンドよりは、業務内容が多少少なくなります。

自動精算のガソリンスタンド

現在、多くのセルフサービスのガソリンスタンドが、自動精算になっています。お客さまが自分でクルマを停め、給油機を操作し、そのままクレジットカードや現金などで、精算を済ませます。スタッフは店舗から監視し、給油許可ボタンを押すだけです。特にトラブルがない場合は、接客をする必要がありません。バイトスタッフにとってはガソリンスタンドバイトの中で、一番楽な業態といえます。

一番大事なのはお客さまの安全を守ること

セルフサービス、フルサービスに関わらず、ガソリンスタンドのバイトで一番大切なことは、お客さまの安全を見守ることです。主な業務として、お客さまの挙動の監視があります。判断に困る場合は、先輩などに指示を仰ぎましょう。

「危険物取扱者」の有資格者が常駐

海外では完全に無人のガソリンスタンドもありますが、日本では法律により、甲種または乙種4類の危険物取扱者の有資格者が常駐することが定められています。したがって、バイトスタッフが資格を持っていない場合は、その資格を持っている社員などが一緒に勤務をしているはずです。危険が発生した場合には、危険物取扱者によるバルブの閉鎖などの、迅速な対応が求められます。危険物取扱者の資格を取得していなくても、ガソリンスタンドではたらくことはできますが、深夜にひとりで勤務をする場合には、必ず有資格者であるという必要があります。

給油方法を理解しているか

お客さまの中には、初めてセルフサービスのガソリンスタンドを利用する人もいます。操作方法を間違えると危険が伴うため、困っていそうな場合には、店舗から出て、給油方法を説明する必要があります。

ポリタンクなどにガソリンを入れていないか

セルフサービスでガソリンを給油してOK なのは、自動車かバイクなどの二輪車のみと法律で定められています。そのため、灯油缶やポリタンクなどの容器で、ガソリンを購入しようとしている場合には、給油許可を出せません。ジェットスキーなどの給油も、セルフサービスではできないようになっていますので、スタッフの対応が必要となります。

子どもが給油しようとしていないか

意外と多いのが、小さな子どもに給油させようとする大人です。子どもはどんなことでもやりたがりますし、親としては、ちょっとした社会勉強のつもりなのでしょうが、危険であることをていねいに告げて、子どもにはクルマに乗っていてもらうようにします。

まとめ

大変なイメージがある、ガソリンスタンドでのバイトですが、店舗の選びようによっては、楽して稼げる“おいしいバイト”である可能性があります。以下に、もう一度、セルフサービスのガソリンスタンドの特徴をまとめました。

○セルフサービスのガソリンスタンドでの主な業務は、安全監視と給油許可

○物販や電話応対の仕事があるときもある

○深夜は業務が少なく楽な場合がある。ただし暇すぎてかえってつらい可能性も

○自動精算のガソリンスタンドなら、レジのある店舗よりは楽

○深夜にひとりで勤務する場合は危険物取扱者の資格が必要

お客さまの安全には十分に注意した上で、暇な時間帯を有意義に使えると良いですね。

職種カタログ(ガソリンスタンド)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  セルフサービスのガソリンスタンドのバイトって何するの?あまり知られていない業務内容をまとめてみました