カフェバイトの髪型・髪色はどこまで大丈夫?男女別に解説

おしゃれな空間ではたらきたいなら、おすすめはカフェのアルバイト。しかし、いざ始めてみたら髪を黒くするように注意された、なんてことになったら悲しいですよね。カフェバイトでは、髪型や髪色はどこまで自由なのでしょうか?気になるカフェバイトの髪型や髪色について解説します。

髪色はあくまでもナチュラルに。カフェバイトにおける理想的な髪型とは?

髪の色に関してどの程度までなら明るくしても大丈夫!とはっきりとしたことを伝えたいところなのですが、こればかりは「お店によって基準が異なる」としかいえません。そこで、カフェバイト経験者の体験談やお店のニーズ、仕事内容などからカフェバイトの髪型、髪色の傾向と対策を立ててみることにしました。

男性の長い前髪はNG!?

男性の場合、髪は短めのスタイルだと問題なさそうです。前髪が目にかかるようなヘアスタイルや左右の長さの違うアシンメトリーな髪型は、前髪が長めのためやや敬遠される傾向にあります。

短いからといって朝起きてそのまま出かけるのもNGです。女性よりも髪が短いぶん、寝ぐせが目立ちやすいので、髪を整える習慣を持ちましょう。どうしても長髪のままはたらきたい!という場合は、事前にお店に確認しておきましょう。

長い髪の女性は後ろで結んで清潔感を

髪が長い人は耳がきちんと出るようにひとつにまとめましょう。その際も華美なアレンジはNGです。髪を束ねてから後れ毛やサイドを崩すアレンジも流行していますが、カフェバイトでは衛生上の理由でしっかり結ぶことが推奨されます。もちろん結べない長さの場合はあえて結ぶ必要はありませんが、前髪が長い場合は髪が目にかからないように、横に流してヘアピンで固定するなどしましょう。

ほとんどのカフェがNGとしている髪型

カフェバイトに求められることはなんといっても清潔感です。これは単に見た目の問題だけでなく、衛生上の問題もあります。ほとんどのカフェでおそらくNGとされている髪型はどんなものでしょう?

×男性の長髪

清潔感が損なわれることから、男性の場合、極端に長い髪は認められていないことが多いです。ゴムで縛ったり、ピンで留めたりしても通常は認められていないことが多いようです。

×坊主頭

短い髪にしましょうといいましたが、極端に短すぎる坊主頭というのも好ましくありません。ノリで丸坊主にしたものの、途端にバイト面接に合格できなくなった、というのはよくある話です。失敗をしないように十分に気をつけましょう。

×金髪

明るい髪の毛をNGとしているカフェも多いですが、金髪となるとほとんどのお店で採用されるのが難しくなるでしょう。一度ブリーチした髪は簡単に元に戻すことはできないので、金髪や派手な色に染めるときは、そのあとのバイトのことも考えに入れて判断するようにしましょう。

×強すぎるパーマ

多少のパーマは束ねた際に目立たないのであれば構わないとするカフェもありますが、アフロやパンチパーマ、ドレッドヘアなど特殊な髪型はお店側からの受けも良くありません。もちろん趣味を活かした店などでオーナーが認めてくれる場合はありますが、一般的なコーヒーチェーン店での採用は難しいでしょう。

ここまでならギリギリセーフ?お店にも確認してみよう

髪色は黒髪以外不可と、厳しく制限がされているバイトもありますが、基本的にカフェはそこまで厳しくありません。もちろん一定の基準はありますが、多少明るい程度の髪色なら認められるケースが多いようです。コーヒーチェーン店の中にはマニュアルで髪の色や髪型について細かく明記しているところもあるので、その基準に従いましょう。

一方、個人経営のカフェや喫茶店などは、オーナー次第というところがあるので、場合によっては好きな髪型のままはたらける可能性もあります。

茶髪でも大丈夫!?

色次第でカラーリングしても問題ないカフェもあります。茶髪の明るさについては、番号が振られてガイドを使用しているカフェも多くあります。髪のカラーリングは時間が経つと色が抜けたり明るさが変わったりしていくので最初は大丈夫でも、後から注意を受けるということもあるそうです。

インナーカラーは微妙

外から見たら落ち着いた髪色なのに、髪をかきあげると金髪が表れるような外側と内側の髪の色が違うインナーカラーは、染めてある髪の分量や色によって線引きが難しい髪型です。ヘアスタイルを変えたいな、と思った場合は、一度お店に確認するのが確実でしょう。そのほうがお互いに嫌な思いをせずに気持ち良くはたらくことができます。

まとめ

おしゃれな空間ではたらけるのが魅力のカフェバイト。接客業である以上、金髪や個性的すぎる髪型はおしゃれとはいえ、NGのところがほとんどです。大切なのは清潔感。食品や飲み物を取り扱うカフェバイトは、髪の毛が落ちてきそうなルーズすぎる髪型やだらしない髪型には厳しい傾向にあります。

男性の場合は整えられた短髪、女性は自然な髪色でまとめる形が基本ですが、お店によってはルールを守った上である程度の個性を認めてくれるはずです。楽しくおしゃれにカフェバイトをするためにも、清潔感に気をつけながらはたらきましょう。

職種カタログ(カフェ・喫茶店)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  カフェバイトの髪型・髪色はどこまで大丈夫?男女別に解説