アパレルのバイトに必要なコミュニケーションスキルのポイント

「高いコミュニケーションスキルが必須」といわれるアパレル販売員。高いコミュニケーションスキルとは、具体的にどのような能力でしょうか。

今回は、接客をはじめ、同僚との良い人間関係の構築に役立つコミュニケーションスキルについてご紹介します。アパレルのアルバイトをするなら押さえておきたいポイントばかりなので、これから応募しようという人はぜひ参考にしてください。

アパレルのバイトに必要な「コミュニケーションスキル」とは

まずはアパレル販売員にとって必要不可欠である、接客の場面で役立つコミュニケーションスキルをお伝えします。

●話し上手ではなく「聞き上手」

コミュニケーションをとろうと意識すると、つい自分が話す内容ばかりに気が向いてしまいます。しかし、接客する上で重要なのはお客さまのニーズを敏感に察知し、それに対応していくこと。

つまり、少しでも多くの情報を会話から引き出すことが必要なのです。話のリズムを合わせてお客さまが話しやすい雰囲気をつくり、良い聞き手でいるよう心がけましょう。

●お客さまと本音で対話できる

気持ちのこもらない社交辞令や、上辺だけの対応では人の心は動かせません。大切なのは、お客さまのためを考え、ベストな提案をしたいと心から思うことです。

真剣な姿勢は自分の表情や態度にも表れ、お客さまとの円滑なコミュニケーションにつながります。

●何も言わずにお客さまを惹きつけられる

会話だけがコミュニケーションではありません。参考にしたいと思わせる魅力的なファッションスタイルをアピールすることも、アパレル販売員の重要な接客スキルのひとつです。

立ち居振る舞いを意識し、細部の身だしなみに気を配りましょう。自分の着こなしや、コーディネートがお店の雰囲気に合っているかどうかもチェックしてください。

コミュニケーションスキルが必要な理由

アパレル販売員に高いコミュニケーションスキルが求められるのには、理由があります。

●メインは接客業務

アパレル販売員は商品を売る仕事ですから、お客さまに直接アプローチできる接客は業務の中で最も重要です。

接客の場面で売上を左右する要因は、個人のコミュニケーションスキル次第です。やりがいを持ってはたらき、仕事でも高い評価を得たいのであれば、販売成績に直結するコミュニケーションスキルを磨きましょう。

●チームワークが大切

コミュニケーションスキルが求められるのは、接客の場面だけではありません。アパレルのお店では、メンバーが一丸となって売上達成というゴールを目指します。大きな目標は個人の力だけではなかなかクリアできるものではないため、いかにお互いが助け合い、協力し合える関係であるかが重要です。連携プレーはチームワークの基本ですから、同僚が対応中のお客さまが探している商品の在庫を確認するなど、積極的にサポートしましょう。皆にとってはたらきやすい職場をつくることも、チームの一員としての大切な役割です。

また、お店内部の人間関係が複雑になることもあります。アパレルのお店の場合、先輩や上司が年下だったり、後輩や部下が年上というケースも多いため、さまざまなタイプの人に対して柔軟に対応し、ときには相手に言われたことを気にせず受け流せる能力も大切です。

売れる販売員になるためのコミュニケーションのポイント

売れる販売員になるためには、会話の引き出しを増やすために知識をつけたり、お客さまに気持ちよく話してもらえるようなコミュニケーションスキルを身につける必要があります。

●最新トレンドのリサーチ力

ファッションのトレンドは常に変化しているため、常に最新の情報をチェックし、そのときどきの流行に対して敏感にアンテナを張りましょう。

その年やシーズンのファッショントレンドを事前にリサーチしておけば、お客さまからの質問や相談にもスムーズに応えられます。

●商品やファッションの知識

ファッションの知識が豊富であれば自信を持ってコーディネートや商品を提案できますから、お客さまからの信頼にもつながります。

また、ファッション関連の新しい話題に詳しければ、会話の引き出しも多くなります。相手の関心を引くテーマで会話することができ、バリエーション豊かな接客を行えるようになります。

●明るい笑顔・アイコンタクト

表情は第一印象に大きく影響します。販売員の表情が暗いお店は、それだけで店舗全体の空気もどんよりしてしまいます。お客さまが気軽に足を運ぶことができるよう、店頭に出ている間は常に明るく自然な笑顔でいることを心がけましょう。また、どんなに素晴らしい笑顔で対応しても、目が合わなければ相手の信頼を獲得できません。お客さまへ声をかける際は、しっかりとアイコンタクトを取りましょう。会話中も適度に視線を合わせると、誠意が伝わり言葉に説得力を持たせることができます。

●適切な相づち

相づちは相手の話に興味があり、きちんと理解しているということを示すサインです。目を見てしっかりうなずけば、共感を示すことができます。

しかし、タイミングや頻度を誤ると逆に失礼になってしまうので注意しましょう。また、会話内容を要約したり、反復しながら聞くことも相手の話を促す上で効果的です。

同僚に好かれるためのコミュニケーションのポイント

どの職場であっても人間関係の悩みはつきものです。対人関係が原因で仕事がしにくくなることがないよう、同僚に好かれるためのコミュニケーションのポイントを押さえておきましょう。

●情報交換

人は有益な情報を与えてくれる相手に好意を抱く傾向にあります。自分が持つ情報や知識を積極的に周囲に伝え、共有していきましょう。

そうすることで、自分にも新しい情報が入ってきやすくなります。また、そのような情報交換を習慣にするうちに、自然と同僚とのコミュニケーションも活発になっていきます。

●ポジティブなフィードバック

自分の欠点には、なかなか気がつかないものなので、お互いの成長のために仲間同士で改善点を伝え合うことは大切です。

しかし、このようなフィードバックを行うときは、相手を不快にさせることのないよう、伝え方を工夫する必要があります。上から目線の否定的な表現は使わず、「◯◯するとさらに良くなると思います」というように、「あなたの良い点がさらに良くなるはず」というニュアンスで伝えます。また、伝えるべき内容は改善点の指摘のみにとどめるとともに、次々といくつもフィードバックを与えるのは避けましょう。

●「感謝」と「謝罪」を言葉で伝える

心の中で思っているだけでは、相手には伝わりません。感謝や謝罪の気持ちは意識して言葉にしてください。タイミングを逃すと伝える機会を失ってしまうこともあるので、きちんと言葉にする習慣をつけましょう。また、会話の機会を持つことで誤解や行き違いに気づき、弁解や説明をすることもできます。

コミュニケーションスキルは今から身につけられる

アパレルのバイトに興味があっても、コミュニケーションスキルに自信がないという人もいるかもしれませんが、苦手意識があるからといってアパレル業界ではたらくことをあきらめる必要はありません。

人間関係を円滑にするためのコミュニケーションスキルのポイントは、相手を思いやる気持ちです。もともとコミュニケーションスキルが高い人ばかりではありません。苦手な人はトレーニングを繰り返すことによって身につけています。自分の志ひとつで身につけることができるので、地道にコミュニケーションスキルを磨いていきましょう。

職種カタログ(アパレル)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  アパレルのバイトに必要なコミュニケーションスキルのポイント