ファッションデザイナーになる方法|仕事内容・スキル・志望動機

ファッションが好きな人にとって、ファッションデザイナーは憧れの存在。流行の最先端をつくり出し、華やかなイメージがあります。では、実際にどのような仕事をしているのか詳しくご存じでしょうか?
今回は、ファッションデザイナーを志望している人や興味がある人に向けて、仕事の内容やファッションデザイナーになるための方法、志望動機の書き方などをご紹介します。

ファッションデザイナーとは?

ファッションデザイナーは、自身の感性で、洋服や靴、バッグなどのデザインを手掛ける職業です。実際にはどんな仕事内容なのか、詳しく見ていきましょう。

● ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーに求められるのは、芸術的センスだけではありません。売れる洋服をつくるためにマーケティング力も必要となります。誰に向けてつくるのか、消費者ターゲットを選んで決めます。ニーズやトレンド、競合他社に似たような商品がないか徹底的に調べた上で、商品のコンセプトを企画し、その後、デザイン画を描きます。
完成したデザインを元にパタンナーがパターンメイキング(型紙作成)を行い、ボディラインのシルエットを確認するために仮縫いをします。チェックが済んだら、商品のサンプルをつくるため、工場への仕様書を作成しなければなりません。出来上がったサンプルを確認し、問題がなければ商品を量産していく作業に入ります。
ファッションデザイナーは、これらの工程に欠かすことのできない重要なポジションです。

● ファッションデザイナーの魅力とやりがい

最大の魅力は、自分でデザインした洋服がお店に並び、売れたときでしょう。自分がデザインした洋服を着てもらえることは、何ものにも代えがたい達成感があります。ショーやコンテストで自分のデザインが有名になれば、ファッションデザイナーとしてステップアップすることができます。世の中の流行を生み出すことができるかもしれない、そんな可能性を秘めています。
成功するまでに多くの困難があるぶん、やりがいは大きいでしょう。

● ファッションデザイナーの種類

ファッションデザイナーの種類は、はたらき方によって大きく4つにわけられます。

・企業に勤務するファッションデザイナー

アパレルブランドの会社に雇われており、その企業の製品に関わるデザイナーです。仕事や収入は比較的安定しています。ファッションデザイナーを目指す人たちが就く、ごく一般的なはたらき方です。

・フリーランスのファッションデザイナー

アパレルブランドの企業に社員として属さないフリーのデザイナーです。実力を認められ、さまざまなアパレルブランドから仕事を依頼されます。決まったアパレルブランドの専属デザイナーになっているパターンや、1回ごとにアパレルブランドと契約するパターンがあります。

・ブランドデザイナー

有名モデルやタレントが、アパレルブランドとタイアップで一緒に新ブランドを立ち上げて活躍するパターンです。すでに名前が売れている有名モデルやタレントの場合がほとんどで、あまり一般的ではありません。

・カリスマデザイナー

オリジナルブランドを持っている、世界的に有名なカリスマ的存在のファッションデザイナーです。山本耀司(ヤマモトヨウジ)さんや、森英恵(モリハナエ)さんなどが挙げられます。

一言でファッションデザイナーといっても、どのはたらき方を目指すかによって将来の収入や安定度が違ってきます。

● 有名な日本人ファッションデザイナー

日本にも、世界中から注目を浴びている有名なファッションデザイナーが存在します。これからファッションの仕事を目指すなら、ぜひ知っておきたい代表的なカリスマデザイナーをご紹介します。

・高田賢三(タカダケンゾウ)

有名ブランド『KENZO(ケンゾー)』の設立者。文化服装学院を卒業後、1965年に単身パリに渡ります。1973年、パリ・プレタポルテ(高級既製服)・コレクションにて『KENZO』の名でデビューします。斬新な色彩デザインで、日本のモード・ファッション界に大きな影響を与えた存在です。

・川久保玲(カワクボレイ)

『コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)』の創業者です。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、株式会社旭化成宣伝部に入社し、3年で退職。退職後はフリーランスのスタイリストとして活躍します。1969年に『コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)』を立ち上げました。

・三宅一生(ミヤケイッセイ)

衣服を「一枚の布」と考えデザインするファッションブランド、『ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)』の創立者。同ブランドは1971年、ニューヨークで初めてのコレクションを発表しました。クリエイティブなデザインに世界の評価も高く、1999年にはアメリカの週刊誌『TIME』で「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されたこともあります。

ファッションデザイナーになるには?

ファッションデザイナーは実際にはどうすればなれるのでしょうか?ここからは具体的な方法をご紹介します。

● 専門学校を卒業する

専門学校を卒業するのは、最も一般的な方法です。基本的な技術や知識を学ぶことができるので、ファッションデザイナーになるための近道ともいえるでしょう。

● アパレルメーカーに勤める

「専門的知識がない」という未経験者の場合はアパレルメーカーではたらきながら、少しずつ経験を積みましょう。ファッションセンスも磨かれるため、ファッションデザイナーになることも不可能ではありません。たとえば、アパレルのお店で販売員のバイトを始め、正社員を目指します。正社員になることができれば、他部署で販売以外の経験を積むことができ、ファッションデザイナーへの道も開きます。

● デザイナーの下で修業する

憧れているブランドや尊敬するデザイナーがいるなら、思い切って弟子入りするという選択肢もあります。誰でも必ず弟子入りできるわけではありませんが、運よく弟子にしてもらえれば、デザインのノウハウを間近で学べるチャンスです。弟子の人数が多いとデザインに関われないなど厳しい環境に置かれることもあり、この方法でファッションデザイナーになるには強い意志と情熱が必要になるでしょう。

ファッションデザイナーに必要なスキル・素質とは?

本気でファッションデザイナーを目指すなら、「どんなスキルが必要なのか」「自分に素質があるのか」を知っておくべきです。何が必要なのか、確認していきましょう。

● 必要なスキルと素質

まず必要なのはファッションに関する専門的知識です。もちろん、知識だけ身につけていても不十分で、パタンナーや下積み時代の経験も必要になります。洋服をつくる上で多くの人たちと接する機会が多く、円滑なコミュニケーションスキルも大切です。
また、ファッションデザイナーに欠かせない素質として挙げられるのが、トレンドを読む力です。常に時代の最先端を意識する職業なので、この力がなければ続けるのは難しいでしょう。ファッションを心から愛する気持ちと情熱も、必要な素質のひとつです。

● 持っていたほうが良い資格

次に挙げるものは、持っていたほうが良い資格の一部です。専門的な知識と技術が必要になるので、持っていて損はありません。

・洋裁技術認定試験

「一般財団法人日本ファッション教育振興協会」認定の資格です。洋裁に関する基本的な技術と専門的知識をマスターできます。

・パターンメーキング技術検定

パターンメーキングに関する基本的な技術と知識をマスターできる「一般財団法人日本ファッション教育振興協会」認定の資格です。

・服飾インストラクター認定試験

「日本インストラクター協会」が主催している試験です。色使いや着こなし、デザインなど服飾に関する基本的な知識をマスターできます。

ファッションデザイナーに応募するときの志望動機の書き方

就職する際、避けられないのが書類選考や面接です。ファッションデザイナーになるための志望動機の書き方と例文をご紹介します。

● ファッションデザイナーの志望動機のポイント

志望動機のポイントは、「自分のキャリアプラン」と「企業の方向性」が合っているかどうかです。目指す方向性が同じであることをいかにアピールできるかが重要になります。より説得力を持たせるために、今まで身につけてきたスキルや経験も書きましょう。ファッションデザイナーになりたい強い意欲と情熱をしっかり伝えます。

それでは、ポイントごとに例文をご紹介しましょう。

● アパレル業界の中でもデザイナーを志望している理由

私は、友人に古着をリメイクして喜ばれたことがきっかけで、デザイナーを目指すようになりました。子どものころからファッションに興味があり、自分でも洋服をつくるようになっていたのですが、リメイクした洋服を友人が喜んでくれたときはうれしくて仕方がありませんでした。この経験がきっかけで大好きなファッションで人を喜ばせることができるのは、デザイナーしかないと思うようになりました。

● 数あるブランドの中でもそのブランドを志望している理由

貴社のデザイナーを志望したのは、創業時から変わらず着心地の良さにこだわり、作品一つひとつに愛着を持って、商品開発を徹底している姿勢に共感したためです。私も着る人が心地良いと感じ、喜ばれる洋服づくりをしたいと考えています。そのためにアパレルショップで3年間のアルバイト経験を積み、実際にお客さまと接して着心地の良い洋服について考えていました。自分が持っている知識と経験を存分に発揮し、貴社のお役に立ちたいと考えております。

道のりが困難なぶん、「なりたい」という強い気持ちが大切

憧れのファッションデザイナーになるためには、自分が目指したい方向性を具体的に描くことが大切です。ファッションデザイナーへの道のりは厳しいものかもしれませんが、デザインした洋服が商品になったときの喜びは、それだけに大きなものとなるでしょう。競争率も高い職業ですが、簡単にあきらめず強い意欲と情熱を持って挑んでみてください。

職種カタログ(アパレル)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  ファッションデザイナーになる方法|仕事内容・スキル・志望動機