パタンナーにバイトからなる方法|洋服の良しあしはパタンナー次第!

「パタンナー」と呼ばれる職業をご存じでしょうか?デザイナーの描いたデザインをパターン(型紙)に起こす人のことで、洋服の良し悪しを決める重要な役割を担っています。洋服作りを陰で支えるパタンナーの仕事とは、一体どのようなものなのでしょうか? 今回は、パタンナーについて知りたい人のために、仕事の内容や魅力、パタンナーになる方法についてご紹介します。

パタンナーの仕事内容とは?

パタンナーの仕事はパターンをつくるだけではありません。では、洋服づくりにおいてどのような役割を担っているのでしょうか?

● 洋服の良しあしはパタンナーの腕次第

パタンナーはデザイナーがデザインしたものを実際に形にする、重要なポジションを担っています。また型紙は、生地のカットや縫製方法、実際の着心地やシルエットも考えてつくるため、専門知識や手先の器用さも求められます。いくら優れたデザインでもパタンナーの型紙がしっかりしていないと、きちんとした洋服はできません。

● デザイナーとパートナー

デザイナーが考えたデザインを、パターンという型紙に起こす専門職がパタンナーです。パタンナーはデザイナーと組んで洋服を形に起こしていきます。そのためにはデザインの意図を正確に把握しておく必要があります。

● パターンメイキングから実際に製品にするまでの作業を担当

パタンナーは、パターンをつくる工程から実際に製品にするまでの作業を担当します。 デザイン画から起こされた型紙をベースに、布地を仮縫いしたりして洋服の形にするトワルチェックという作業もパタンナーの仕事です。トワルチェック後は、デザイナーとともに型紙を修正していく作業に移ります。トワルチェックを通じて修正したサンプルパターンという型紙をつくったら、縫い方や縫い代など縫製する人への説明を加えます。サンプルが出来上がったら再びチェックし、いよいよ展示会で発表となります。

展示会後はアパレルショップで販売するため、量産用のパターンをつくり上げます。標準サイズのパターンから各種サイズのパターンをつくる「グレーディング」を行い、生地に無駄が出ないように縫製仕様書を作成し、量産に入る前の最終確認を行います。

パタンナーの魅力・やりがいとは?

洋服づくりを支える大きな役割を担っているパタンナーですが、その魅力ややりがいにはどのようなものがあるのでしょうか?

● 在宅ワークができる

自宅に送られてきたデザインを型紙に起こすという方法で、在宅ワークが可能な仕事です。そのため、家庭や子育てと両立しながら仕事を続けることができます。

● チームで何かをつくり上げる達成感

ひとつの洋服をつくるのに、デザイナーや縫製の担当の人など多くの人と関わりながら仕事を進めます。そのため、洋服が完成したときには大きな達成感を味わうことができます。

● 自分が関わった商品が店頭に並ぶ

自分が関わった商品が、お店に並ぶのもやりがいのひとつです。お客さまが手に取って買ってくれるのを、直接目にする機会もあるでしょう。自分のつくった商品を身につけている人を街中で見かけたときも、喜びを感じられます。

● 自分が携わった商品がメディアで取り上げられる

パタンナー自身が表に出ることはあまりありませんが、自分の関わった商品がメディアで取り上げられたり、芸能人が身につけたりして注目されることがあるかもしれません。また、携わった商品が注目され業界内で名前が知れ渡れば、自然と仕事も増えるでしょう。パタンナーとしての技術を極めれば、自分で活躍の場を広げることもできます。

パタンナーになるには?

それでは、実際にパタンナーになるためには、どうすれば良いのでしょうか?未経験でも最初の一歩を踏み出せる方法をご紹介します。

● 資格を取る

パタンナーになるのに必須の資格はありませんが、服飾関連の資格は持っておくと役に立ちます。たとえば、『パターンメーキング技術検定』や、『CAD利用技術者検定』などです。パターンメーキングの基礎技術をマスターしていることや、パターンを起こす際に必要なCADの知識や技術を持っていることを証明でき、心強い味方になるでしょう。

● アシスタントとして下積み

パタンナーのアシスタントとしてはたらけば、下積みをしながら技術を習得することができます。未経験でも求人情報の募集がまれにあるので、探してみましょう。能力の高いパタンナーのアシスタントになることができれば、それだけ早く技術も身につきます。

● 未経験の場合は、アパレルメーカーで下積み

アパレル販売員のバイトから正社員登用を目指し、本部の他部署で経験を積んで、パタンナーになるというルートもあります。その場合は、アパレル関連の仕事をしながら、同時に『パターンメーキング技術検定』や『CAD利用技術者検定』などの資格の勉強もしておくと良いでしょう。専門知識を身につけて、パタンナーとしていつでも活躍できるように準備をしておきます。

● 専門学校に通う

服飾系の専門学校に通い、パタンナーの知識と技術を学びます。縫製や裁断、素材、カラー、デザインなど洋服づくり全般の幅広い知識を身につけることができ、おすすめです。専門学校で学んだあと、アパレルメーカーに就職するのが最も多いです。

パタンナーの求人・採用情報について

パタンナーになりたいと思っても、実際の求人がないことには始まりません。パタンナーの求人市場や採用の流れはどうなっているのでしょうか?

● 未経験の人でも応募できるか

未経験の人でも応募できる求人は少なく、専門知識や実務経験が必要とされる場合が多いです。未経験の人は、まずはアパレル販売員のバイトから始めるのもひとつの方法です。

● 採用までの流れ

採用までの流れは、まず書類選考があり、そのあとに面接・実技試験を受け、内定となるのが一般的です。試験はさまざまなものがありますが、パタンナーは技術職ですので、実技試験はほぼ絶対にあると考えていいでしょう。また実技試験以外にも、小論文や一般常識をチェックする筆記テストなどを行う企業もあるので、対策が必要です。

● 実技試験の内容

実技試験では1時間半から2時間くらい時間が設けられ、1着のパターンを仕上げます。中にはトワルチェックまで行う場合もあります。応募者全員で1着の服のパターンをつくるという場合が多く、広い部屋に1体のトルソー(マネキンの胴体部分)が置かれていて、そのトルソーに着せられている洋服のパターンを一斉につくっていくというものです。 また、企業のターゲット層などを考慮してプレゼン資料を作成し、発表するといった企画のプレゼンを行うケースもあります。

いずれの場合も、実践的な試験により応募者の技能やポテンシャルを試します。

専門知識と技術を身につけ、パタンナーになろう!

パタンナーは自分の関わった服が店頭に並び、誰かに着てもらえるという、ある意味夢のような職業です。未経験者にとっては狭き門ではありますが、専門知識と技術を身につけることがパタンナーへの道の第一歩となります。資格を取得したり、アパレルのバイトから始めたり、アシスタントとして下積みをするなど、道はさまざま。努力次第でパタンナーになる可能性は広げられるでしょう。

職種カタログ(アパレル)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  パタンナーにバイトからなる方法|洋服の良しあしはパタンナー次第!