アパレル業界で役立つ資格|バイト面接にもキャリアアップにも有利!

どの業界でも取得しておくと役に立つ資格がありますが、アパレル業界にもそうした資格がいくつかあります。専門的な資格を持っているとアルバイトの面接でもアピールしやすく、ほかの応募者と差をつけることができます。また、資格を取得することで、将来的なキャリアアップに役立てることも可能です。今回はアパレルのバイトへの応募を考えている人を対象に、アパレルバイトで役に立つ資格を5つご紹介します

ファッション販売能力検定

アパレルショップで接客販売をする人にとっては、ファッション産業の基本的な知識があると仕事にもプラスになります。アパレル販売員の人が持つ資格の定番であり、正社員を目指す人も持っていると便利なのが『ファッション販売能力検定』です。
 
『ファッション販売能力検定』では、ファッション商品やマーケティングの基礎知識、販売スタッフのマナー、店舗演出などに関する問題が出題されます。アパレルショップではたらくプロとしての知識を持っていることを証明する資格です。
 
アパレルショップでの仕事は、ただ洋服を販売するだけではありません。効果的なディスプレイ展示や、適切な在庫管理、お客さまからのクレーム対応やスタッフの人材育成なども行います。また、自分がはたらくブランドのことだけでなく、ファッションアイテムに関する基礎知識や、業界全体のトレンドも知っておく必要があります。『ファッション販売能力検定』の資格を持っていると、「アパレルショップではたらくための基礎知識がある」とみなされ、たとえ未経験であっても資格がない人より有利になることがあります。
 
検定には3級、2級、1級があります。ファッションに関する専門教育を1年程度学んだ人が3級、2年程度学んだ人が2級レベルです。専門教育を2年以上学び、卒業後にアパレルショップでの実務経験を3年程度積んだ人が、1級レベルといわれています。
 
テストの方式は、3級と2級がマークシート方式で、1級は記述及び選択式の筆記試験です。3級と2級は年2回、1級は年1回試験があります。3級と2級は全国で行われますが、1級は東京会場のみとなります。3級と2級の場合は、「ファッション販売知識」「ファッション・マーケティング知識」などのA科目、「ファッション販売技術」「店舗演出・VP展開」などのB科目があり、合格の目安は各科目とも70%以上の得点です。1級は「ショップ・マネジメント知識」「販売知識」「販売技術」の3科目です。
 
実施団体は「一般財団法人日本ファッション教育振興協会」です。  
公式サイト:http://www.fashion-edu.jp/sh/sh.html

販売士

販売の仕事に本格的に取り組む上では、マーケティングや経営などの知識も求められます。「販売のプロ」の証明でもある『販売士』の資格についてご紹介します。
 
『販売士』は、接客技術や商品知識、売場管理能力や店舗経営能力など、「販売の仕事において必要な知識を身につけている」ことを証明できる資格です。多様なお客さまの要望を汲み取り、商品知識や接客技術をもって、お客さまに最適な商品を提供することができるようになります。アパレル企業だけでなく、流通・小売業界ではたらきたい人にも役立つ内容となっています。
 
また、バイトとして入社したあと、『販売士』の資格を取得して仕事に活かし、将来的には正社員、店長やエリアマネジャーも目指していけるなど、キャリアアップにもつながります。
 
『販売士』には3級、2級、1級があります。3級は、販売スタッフとしての基本的な基礎知識を理解しているレベルです。2級は、マーケティングやマーチャンダイジングなどの高度な知識を持っており、マネジメントもできる人材を目指すレベルです。1級は経営計画を立案できるなど経営管理にも携わることができるレベルです。
それぞれレベルに合わせて、「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」「販売・経営管理」の5つの試験科目が出題されます。3級と2級はマークシート方式で、1級はそれぞれの科目が客観式選択問題と記述式問題の2通りで出題されます。どの級も筆記試験の平均70%以上の得点と、1科目ごとに50%以上の得点が合格基準です。2級と3級は年2回、1級は年1回試験が実施されます。  
実施団体は「商工会議所」です。  
公式サイト:https://www.kentei.ne.jp/retailsales

シューフィッター

靴の専門店ではたらきたい人は、靴や足の基本的な知識を学び、お客さまに合った靴を提案できる『シューフィッター』の資格があると良いでしょう。
 
『シューフィッター』は、足に関する基本的な知識を持ち、疾病予防の観点から足の形や大きさなどに合った靴を販売することができる資格です。この資格があると、靴に関する知識だけでなく、歩き方や足の構造など、足に関する基本的な医学知識を持っている証明にもなります。足に合わない靴を履くと歩きにくいだけでなく、外反母趾などになってしまう可能性もあります。
『シューフィッター』が靴を販売するときには、お客さまの足に靴がフィットしているかどうかを正しく判断し、必要があれば靴の中を調整したり、購入後のアフターケアなども行います。そうすることで、お客さまの足の健康を守るのが『シューフィッター』の仕事です。
 
『シューフィッター』の資格には、プライマリー(初級)、バチェラー(上級)、マスター(修士)の3種類があります。プライマリーは足や靴に対する基本的な知識や技術を持ったレベルです。バチェラーはプライマリーの資格を持っていて、足と靴の適合性を評価したり、さらに詳しい医学知識などを身につけているレベルです。マスターは、足と靴のトラブルに関する調整用パッドを使用した対処法や、オーダー靴の設計などについても理解しているレベルです。
 
プライマリーの資格を取得する場合、申込受付後にテキストが発送され、3日間のスクーリングを受講し、課題を提出して審査を受け、合格すれば認定となります。在宅課題には問題集や10足分のフィッティングトライアルチェックシート、50人分の足型計測があります。3年以上の実務経験も必要です。資格の有効期限は3年間で、継続する場合は3年目に更新手続きをする必要があります。
 
実施団体は「一般社団法人 足と靴と健康協議会」です。  
公式サイト:http://fha.gr.jp/shoe

色彩検定

ファッションのコーディネートに欠かせないのが「色の組み合わせ」です。『色彩検定』では、アパレルの仕事にも活かせる、色に関する基本的な知識やセンスを身につけられます。
 
『色彩検定』は「色」にまつわるあらゆる知識や技能を持っていることを証明する資格です。この資格があると、色のはたらきや心理的効果、配色の技法、ファッションやインテリアの色彩に関する基本的な知識を持っているとみなされます。『色彩検定』を運営している『色彩検定』協会は、もともと「社団法人 全国服飾教育者連合会」という名称でした。そうした経緯もあり、ファッション関係の仕事をする人にも人気の高い資格です。
 
アパレルショップでの接客では、お客さまにコーディネートのご提案をする機会も少なくありません。自分のセンスや経験以外に、色彩に関する正しい知識があれば、よりレベルの高い提案をすることができ、「この人から買いたい」と思ってもらえる機会も増えるでしょう。また、店頭ディスプレイを考えるときなどにも、『色彩検定』の知識が役立ちます。
 
『色彩検定』には、3級、2級、1級があります。3級と2級の試験日は夏と冬の年2回で、1級は冬のみ受験することができます。試験は全国で実施されます。3級はマークシート方式のみ、2級はマークシートと一部記述方式の筆記試験です。1級のみ2次試験があり、1次がマークシートと一部記述式の筆記試験、2次が記述式の筆記試験と一部実技です。
 
目安としては、3級は色に対する基本的な事柄を理解しているレベル、2級は基本知識に加えてビジュアルやプロダクトなどの専門的な事柄を理解しているレベルです。1級は3級と2級の知識に加え、ヨーロッパと日本の色彩文化やユニバーサルデザインの色彩なども理解しているレベルとなります。
 
実施団体は「公益社団法人 『色彩検定』協会」です。  
公式サイト:http://www.aft.or.jp/

パーソナルカラー検定

人にはそれぞれに合うパーソナルカラーがあり、自分に合う色の洋服を着ることで、その人の魅力がさらに増します。『パーソナルカラー検定』では、そんなパーソナルカラーをビジネスに活かすための技術が身につきます。
 
同じ性別や年齢であっても、色白の人と色黒の人や、くっきりした顔立ちや淡白な顔立ちなど、人によって個性があります。『パーソナルカラー検定』は、人の肌や髪、眼の色などから、似合う色を判断するパーソナルカラーの基礎・専門知識を持つことを証明する資格です。パーソナルカラーは、一般的にスプリング、サマー、オータム、ウインターの4つのタイプにわけられます。
この検定の資格を持っていると、理論的にその人に似合う色を導き出し、相手の個性を引き出すカラーコーディネートを提案することができます。  
 
『パーソナルカラー検定』は複数の団体が試験を実施しており、団体によって概要が異なります。「一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会」が実施している『パーソナルカラー検定』の場合は、3級、2級、1級があります。3級はマークシート方式の筆記試験で60分、2級と1級にはマークシート方式の筆記試験と一部実技問題があり、2級が80分、1級が100分の試験時間となります。3級はパーソナルカラーの基礎と色彩学、2級はパーソナルカラーの応用と色彩学、1級は3級と2級の内容に加え、パーソナルカラーのコンサルティング知識なども求められるレベルです。
 
実施団体は「一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会」です。  
公式サイト:http://www.j-color.or.jp/paso/

自分が「どうなりたいか」をイメージして、役立つ資格の取得を目指そう!

「アパレル業界で役立つ資格」といっても、どのような場面で活かせるものなのか、その種類や性質は千差万別です。やみくもに受験するのではなく、自分が「どうなりたいのか」を考えた上で、必要な資格の取得を目指すことをおすすめします。販売のプロとして活躍したいのか、店長を目指すのかなど、自分の将来像をイメージして資格の勉強に励むと良いでしょう。
 
※本記事の資格情報はすべて2016年9月現在の内容となっております。

職種カタログ(アパレル)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  アパレル業界で役立つ資格|バイト面接にもキャリアアップにも有利!